記事総数:34

公開中の記事


なかなか理解されないゆらぎ期(更年期)…どうやって説明する?

なかなか理解されないゆらぎ期(更年期)…どうやって説明する?

ゆらぎ期(更年期)の悩みのなかに、周りの人たちに理解されないことや自分自身がゆらぎ期を受け入れることができず周囲にきちんと説明できない。などということがあります。しかし、それにより余計に閉塞感が強まり症状を重くすることにつながる場合もあります。まずは自分のゆらぎ期の症状を把握して周りに説明するところから始めましょう。


ウォーキングが更年期におすすめの理由

ウォーキングが更年期におすすめの理由

適度な有酸素運動は副交感神経を高め、自律神経のバランスを整えてくれるので、ゆらぎ期(更年期)の改善につながります。では「適度な有酸素運動ってなに?」と思われる方も多いでしょう。そこでご紹介したいのがウォーキングです。なぜおすすめなのか、ウォーキングの利点について見ていきましょう


キレイは食事から!知っておきたい美と健康のための食材まとめ

キレイは食事から!知っておきたい美と健康のための食材まとめ

私たちアラフォー女性にとって、食生活はとっても大切です。私たちの体は、食べたものでできています。これから先10年、20年と、いつまでも美しく健康でキラキラ輝いているための「食事」、そしてその元となる「食材」や「栄養素」についてのポイントをご紹介していきましょう。


そろそろ気になり始めたら 更年期に取り入れたいサプリメントとは?

そろそろ気になり始めたら 更年期に取り入れたいサプリメントとは?

ゆらぎ期(更年期)を元気に楽しく乗り越えるために、食事や生活習慣の改善につとめることはとても大切です。しかし、およそ10年続くゆらぎ期は日常です。無理をしては何も続きません。そんな時に頼りになるのが手軽に摂取でき、効果を期待できるサプリメント。ここではそんなゆらぎ期に効果のあるサプリメントについてご紹介します。


ゆらぎ期(更年期)はイソフラボンを取り入れましょう

ゆらぎ期(更年期)はイソフラボンを取り入れましょう

女性ホルモンの減少によって起こるゆらぎ期。女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」は30歳を境に徐々に少なくなりはじめ、40歳を迎えると徐々に減少し、そのまま閉経まで減り続けます。そんな時有効とされているのが大豆製品に含まれる大豆イソフラボン。女性ホルモンと似た作用があるというイソフラボンについてみていきましょう。


老人性色素斑って?加齢によるシミの根本原因に迫る!

老人性色素斑って?加齢によるシミの根本原因に迫る!

シミの中で最も多いとされるのが老人性色素斑。老人とつくからといって「じゃあ、まだまだ安心」と思ったあなた、油断禁物です! 老人性色素斑は、過去に浴びた紫外線のダメージが蓄積して起こるもの。将来、シミに悩まされないためにも、原因を知ってしっかり対策を立てましょう。


アラフォーになるとシミが増えるのはなぜ?

アラフォーになるとシミが増えるのはなぜ?

鏡を見ていると「あれ?こんなところにシミができている」「シミが増えたような気がする」…なんていうことはありませんか?若いころには目立たなかったシミも、加齢とともに新たにできたり増えたりします。アラフォー世代は紫外線だけでなく、ホルモンのバランスが崩れることによってもシミの発生や悪化を促すのです。


サロンは高い…自宅でシミを消す方法ってないの?

サロンは高い…自宅でシミを消す方法ってないの?

女性にとって大きな悩みの一つ「シミ」は、若くてもできる人、加齢とともに広がる人などさまざま。すぐにでも消したいときはエステやクリニックでなどでレーザー治療や除去施術などをしますが、保険適応外でかなり高額です。即効性はありませんが、スキンケアや食生活で、肌状態をよくしながら健康的にシミ対策することをおすすめします。


消えるシミと消えないシミの違いとは?

消えるシミと消えないシミの違いとは?

シミには多くの種類があり、治療やケアを行って消すことのできるシミと、なかなか消すことのできないシミがあります。でも、消えないからといってあきらめないで! 今回は、消えるシミと消えにくいシミの違いを説明しながら、消えないシミの対処法をご紹介!「消えない!」と思っていたたシミも、これでサヨナラしましょう!


顔だけじゃない・・・体のシミはどうやってケアする?

顔だけじゃない・・・体のシミはどうやってケアする?

シミ対策というと顔に目が行きがちですが、手や足はもちろん、鏡を見ると背中や胸などの体のシミも気になります。とはいえ顔よりも範囲が広く、自分では見えにくい部位もあるため、放置しているという人も多いのでは? ここでは、体にシミができる原因と対策、自宅で簡単にケアする方法から治療法までを紹介します。


知りたい!ほうれい線ができやすい習慣 できにくい習慣とは

知りたい!ほうれい線ができやすい習慣 できにくい習慣とは

口の周りに現れると、ぐっと老け顔に見えてしまうにっくき「ほうれい線」。その原因は、肌の筋力の衰えによるたるみです。40代・50代なのにほうれい線が薄い人は、たるみに対抗する習慣が身についているからかも? ほうれい線ができやすい理由、さらにはできてしまったほうれい線を薄くするトレーニングも紹介します。


いくつになっても髪は女の命!シャンプーでアンチエイジングしましょう

いくつになっても髪は女の命!シャンプーでアンチエイジングしましょう

アラフォーになると、髪のツヤやコシがなくなり、ぺしゃんとなったり、髪の毛そのものの量が減ってきたり…。それだけで生活に疲れている感がにじみ出てしまいます。そこで、普段何気なくしているシャンプーに注目。毎日のことだからこそ、正しいケアを続ければ効果も絶大!?


「ヒア活」しよう!お肌にハリをもたらすヒアルロン酸を徹底分析!

「ヒア活」しよう!お肌にハリをもたらすヒアルロン酸を徹底分析!

化粧品でもすっかりおなじみの言葉になった「ヒアルロン酸」。保湿力に関係あるものだとは思うけれど、いったいどんなもの? と思う人も多いのではないでしょうか。そこで、改めてヒアルロン酸を徹底分析。お肌の中でのヒアルロン酸の役割や、40代のお肌ではヒアルロン酸がどうなっているのかを調べてみました。


頭皮マッサージで顔が若返る!?即効性も期待できるアンチエイジング

頭皮マッサージで顔が若返る!?即効性も期待できるアンチエイジング

たるみやくすみ、ついつい目に見える顔にばかり気が行ってしまいますが、実は頭皮と密接な関係にあります。頭と顔の皮膚はつながっているのだから、考えてみたら当たり前。頭皮が垂れ下がったり、血行が悪くなったりすると、すぐ下にある顔にも影響が出るのです。手軽にできる頭皮マッサージで、明るくハリのある顔を目指しましょう。


カラダのなかからケアしたい!シミを薄くしてくれる食材って?

カラダのなかからケアしたい!シミを薄くしてくれる食材って?

できてしまったシミを肌の外側からだけでなく、体のなかからおいしくケアできたら一石二鳥ですよね。ここでは美白に効く素材成分とそれが含まれている食材、さらに調理法についてご紹介します。またシミを誘発する可能性のある食材についても紹介するので、賢く食べてシミケアしてくださいね。


「ゆらぎ期」と向き合って快適に過ごす方法とは?

「ゆらぎ期」と向き合って快適に過ごす方法とは?

のぼせやほてり、急な発汗、イライラ、不眠、気分が沈むなど、女性の40~50代に多くみられるゆらぎ期の症状はさまざま。平均2~5年も続くと言われるゆらぎ期を、うつうつと過ごすなんてもったいないですね。体の変化をじょうずに受け入れ、付き合いながら、ゆらぎ期の数年間を快適に過ごす方法を考察してみました。


この症状、ゆらぎ期?気になる「更年期外来」ってどんなところ?

この症状、ゆらぎ期?気になる「更年期外来」ってどんなところ?

ゆらぎ期は軽く済む人もいれば、更年期障害と呼ばれる重度の不調に悩まされる人もいます。しかし一般的な病気とは異なり、いつかは自然に治癒するものと放って置く人がほとんど。思いきって「更年期外来」の門をたたいてみたら、辛い症状がずいぶんと緩和されることもあるようです。一人で悩まずに一度受診してみることをおすすめします。


気づかないふりしてませんか?更年期を上手に受け入れる方法

気づかないふりしてませんか?更年期を上手に受け入れる方法

ゆらぎ期による不調は生涯においては一時的なこと。女性ホルモンが急激に減少することにより起こり、40~50代の内の2~3年がピークといわれています。いずれ治まる症状だからと、気づかないふりをしたり、我慢をして悪化させてしまう場合も多いのがほとんど。ゆらぎ期のサインが出たら、上手に受け入れて対処法を考えていくことが大切です


ほてりやのぼせと貧血が交互にやってくると更年期のサイン

ほてりやのぼせと貧血が交互にやってくると更年期のサイン

"ゆらぎ期特有の症状として、体や顔のほてりやのぼせ、発汗などが多くみられますが、血圧や体温が低くなるのも更年期障害の一つ。めまいがする、貧血、ふらつきなどの症状が現れたらゆらぎ期のサインかもしれません。もしかしてゆらぎ期かも、と思ったら、そのままにせず自分のからだや心とじっくりと向き合ってみましょう。 "


顔がほてる気分が沈む…ゆらぎ期の不調は誰に相談すればいいの?

顔がほてる気分が沈む…ゆらぎ期の不調は誰に相談すればいいの?

ゆらぎ期は、顔が急にほてったり、汗が噴き出したり、動悸がしたり、さまざまな特有の症状が現れます。笑い話のように周囲に打ち明けて受け流せる人もいますが、大半は深刻にとらえて落ち込みがち。ゆらぎ期は憂うつな気持ちなるのも特徴的な症状です。女性ホルモンの低下によるゆらぎ期の不調をどこで相談したり、誰に話せばいいのでしょう。









よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング