記事総数:18

公開中の記事


人生を豊かにする半径2メートルと壮大な“無駄”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#10】

人生を豊かにする半径2メートルと壮大な“無駄”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#10】

子どもや夫、仕事や家事…あなたの毎日は調整で追われていませんか? 徹底的に無駄を省き何とか時間を捻出する…ですが、ちょっと待ってください。その“無駄”にこそ人生を豊かにしてくれるヒントが隠されているかもしれません。自分の人生を楽しく豊かにするには自分の半径2メートルに何を置くか。もしかしたらそれには、大いなる“無駄”が必要なのかもしれません。アトランタ在住の国際基準マナー講師の大網理紗さんに日々感じたことを綴ってもらう人気エッセイ。今回は人生を豊かにする半径2メートルと壮大な“無駄”のお話です。


今年の夏のテーマは “ワガママ宣言”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#9】

今年の夏のテーマは “ワガママ宣言”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#9】

あなたが何かを言ったり行動したりする時に“周囲の視線”を気にしてはいませんか?私たちはついつい周りにどう思われるか、ということを基準にした言動をしがちです。ですが、“それは本当のあなた”なのでしょうか?アトランタ在住の国際基準マナー講師の大網理紗さんはもっと自由に身軽に解放的に、周囲の視線を気にせず生きてもいいのではないか、と言います。今年の夏のテーマは“ワガママ宣言”。そんな自分になってみませんか?


小さな選択の積み重ねが自分の人生を創る【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#8】

小さな選択の積み重ねが自分の人生を創る【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#8】

私たちは朝起きてから夜眠るまで、小さな選択を繰り返します。着ていく服は? メイクの色は? 朝ご飯は? 何の仕事から取り掛かる? ランチは? 誰とのアポを優先する? …小さな選択すべてが一日をつくり、自分自身を創り上げます。ですが、その“小さな選択”に私たちは敏感でしょうか? 選択にきちんと向き合っているでしょうか? 国際基準マナー講師の大網理紗さんがアトランタから発信するエッセイ第8回目です。


居心地の悪さを感じて次の場所に移るのは“撤退”ではなく“前進”!【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#7】

居心地の悪さを感じて次の場所に移るのは“撤退”ではなく“前進”!【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#7】

【国際基準マナー講師の大網理紗のアメリカ発エッセイ】現在、アメリカのアトランタで活動をしている国際基準マナー講師の大網理紗さん。アメリカと日本の違いに驚くこともしばしばという理紗さんに、現地の様子から“自分軸で生きる”というテーマについてエッセイを綴っていただきます。毎月1回更新です。


どんなにたくさんの人がいても“私は私”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#6】

どんなにたくさんの人がいても“私は私”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#6】

【40代からの生き方】40代にもなれば「周りの目なんて気にしない。私は私」と自分軸を持って自立して生きたいですよね。ですがなかなか難しいのも事実です。いったいどうすれば自立して自信を持って生きられるのでしょうか? アメリカからお届けします。


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


小さなころから“I(私は)~”発信【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#4】

小さなころから“I(私は)~”発信【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#4】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第4回目はアメリカは小さな子どもにも自分の意見を求め“I(私は)”発信をする国である、というお話です。


アメリカはイクメンパパが大活!?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#3】

アメリカはイクメンパパが大活!?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#3】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第3回目はアメリカのイクメンパパ事情について。アメリカのパパたちはとってもコミュニケーション上手のようです。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


アメリカ人の母にとって働くは“当たり前”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#1】

アメリカ人の母にとって働くは“当たり前”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#1】

アトランタ在住、国際基準マナー講師の大網理紗さん。日本を行き来しながらお仕事を続けている大網理紗さんに、アメリカの暮らしの中で感じたこと、アメリカに住む女性の考え方や暮らしぶりについてエッセイを連載していただきます。今回はその1回目です。


愚痴ばかり言う人の対処法 【“心のマナー”メソッド#08】

愚痴ばかり言う人の対処法 【“心のマナー”メソッド#08】

ストレスが溜まっているのか愚痴ばっかり言っている人、いますよね。そういう自分自身もしらずしらず愚痴を言っている時がある…。永遠、愚痴を聞かされる方はたまったものじゃないですよね。そんな愚痴ばかり言う人の対処法を国際基準マナー講師の大網理紗さんに教えていただきます。


“大人になる=我慢する” と思っていませんか?【“心のマナー”メソッド#07】

“大人になる=我慢する” と思っていませんか?【“心のマナー”メソッド#07】

大人になるってどういうことでしょうか。感情を外に出さないよう我慢したり、その場が和むよう取り繕ったり、ケンカになるぐらいなら何も言わない、など、大人になるイコール我慢できる人、だと思っていませんか?本当の意味で“大人になる”とはどういうことなのか、大網理沙さんに教えていただきます。


“言いづらいこと”を伝える時の言葉選びと心配り【“心のマナー”メソッド#06】

“言いづらいこと”を伝える時の言葉選びと心配り【“心のマナー”メソッド#06】

言いづらいことを伝えるのは勇気がいりますし、嫌われたどうしよう…と心配になりますよね。逆に「嫌われてもいい、どう思われてもいい」と無作法に相手に言葉を投げかけることも決していいことではありません。大人の女性はだからこそ、心のマナーをもって、人とコミュニケーションを持つことを大切にしたいですね。


親しき仲にも礼儀あり 夫婦の境界線 【“心のマナー”メソッド#05】

親しき仲にも礼儀あり 夫婦の境界線 【“心のマナー”メソッド#05】

“親しき仲にも礼儀あり”という言葉がありますが、特に夫婦は長い時間を一緒に生きていく共同体だからこそ、相手を尊重する思いやりが必要です。仲良くなり、慣れ合い、つい超えてはいけない一線を簡単に超えてしまえるのも夫婦。そうならないためにどんな心構えが必要か教えていただきます。


お願い事を気持ちよく引き受けてもらう頼み方【“心のマナー”メソッド#04】

お願い事を気持ちよく引き受けてもらう頼み方【“心のマナー”メソッド#04】

お願い事をするのが苦手…という人は多いと思います。特に相手の気持ちを必要以上に考えてしまう日本人女性ならなお更ではないでしょうか。しかし、そのせいで自分が大変な思いをしている、という場合も多いと思います。そこで、国際基準マナー講師 大網理紗さんに相手に不快な思いをさせることなくお願い事をする方法を教えていただきます。


上手な「断り方」を知ってもっと生きやすく!【“心のマナー”メソッド#03】

上手な「断り方」を知ってもっと生きやすく!【“心のマナー”メソッド#03】

断るのが苦手、という人は多いのではないでしょうか?それが、会社の上司やママ友だったりしたら余計ですよね。そんな時、“断りの作法”を知れば、もっと楽に断れるようになるかもしれません。そこで、国際基準マナー講師 大網理紗さんに教えていただきます。


「苦手な人・嫌いな人」の克服方法とは? 【“心のマナー”メソッド#02】

「苦手な人・嫌いな人」の克服方法とは? 【“心のマナー”メソッド#02】

苦手な人、嫌いな人とコミュニケーションを取らなければいけない時、ちょっと憂鬱な気分になりますよね…。でもそんな時、心のマナーをもって接すればちょっと楽になるかもしれません。そんな心のマナーのポイントを国際基準マナー講師 大網理紗さんに教えていただきます。


大人として “心のマナー” を持って生きませんか?【“心のマナー”メソッド#01】

大人として “心のマナー” を持って生きませんか?【“心のマナー”メソッド#01】

“心のマナー”という言葉を聞いたことがあるでしょうか? マナーというと外見や立ち居振る舞いを想像しがちですが、40代の大人の女性であれば“心のマナー”も大切にしたいものです。それでは、具体的に“心のマナー”とはどういうものなのか、国際基準マナー講師の大網理紗さんに教えていただきましょう。


友だち追加


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
アラフォー・40代女性のお悩みは│Bramanoli [Brama]
@Bramanoli_jpさんをフォロー
ковры с длинным ворсом киев

www.ecostyle.kz

ecostyle.kz