ゆらぎ期に関する記事


生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ

生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ

日本女性の平均的な閉経年齢と言われている50歳に向けて、40代半ばあたりから体調の変化を少しずつ感じ始める女性が多いようです。生理不順、イライラ、ホットフラッシュなど、更年期障害には心と身体に影響を与える様々な症状があります。いざという時にその症状に悩むことのないよう、今からしっかりと更年期の症状を知っておきましょう。


30代に増えている若年性更年期とは?

30代に増えている若年性更年期とは?

「若年性更年期」という言葉、雑誌やネット記事で目にする機会がありますよね。標題を見ただけで「私にはまだ関係のないこと」と内容を読まない人もいるでしょう。しかし、実は大いに関係しているのです。アラフォー世代が抱える数々の不調の元凶はも「若年性更年期」なのかもしれません。気になる不調がある人はセルフチェックをお勧めします。


女性のゆらぎ期「更年期」の味方!イソフラボンの魅力♪

女性のゆらぎ期「更年期」の味方!イソフラボンの魅力♪

更年期は、女性ホルモンのバランスが崩れることによって心身のトラブルが起こりやすい時期です。加齢によって、減ってしまう女性ホルモンの働きと似たような働きをする成分を摂取することによって、崩れたホルモンバランスを整え、更年期の不調を軽減働きがあると言われています。そこで、更年期にぜひ取り入れたい、食材をご紹介します。


月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」

月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」

30代後半から40代前半にかけた、いわゆる「アラフォー」世代では、生理不順や月経前症候群(PMS)が酷くなるなどの症状が起こりがちです。「これって、もしかして更年期?」と心配になる人もいるでしょう。こうした、アラフォー世代が悩んでいる「生理」に関する不調に関してまとめてみました。


更年期は何歳から?年齢によって違う症状

更年期は何歳から?年齢によって違う症状

日々年齢を感じるアラフォー世代。この先の更年期に憂鬱になっていませんか。女性ホルモンが減少していく上に、ホットフラッシュや頭痛などの症状に悩まされるなど、更年期に良いイメージを抱いている人は少ないのではないでしょうか。閉経の平均年齢50歳を挟んだ前後10年間と、長く続く更年期に現れる症状や対処法などを見ていきます。


アラフォーになってから生理不順に…更年期かも?

アラフォーになってから生理不順に…更年期かも?

アラフォーになると、それまでとは全く異なる体調の変化に戸惑うことがあります。その一つが生理不順です。年代的に考えると、早い人は更年期になっている可能性があります。月経前症候群の症状がひどくなったり、今までよりも周期に大幅なずれが見られるときなどは、一度病院で診てもらうのもよいでしょう。


めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

40代後半くらいになると女性の多くは、今までに感じたことのないような体の不具合を感じることがあります。この症状は更年期障害と呼ばれ、人によってばらつきはあるものの、大体5年程度で落ち着く症状だと言われています。







人気記事ランキング


>>総合人気ランキング