更年期に関する記事

更年期に関連するキーワード

めまい
>>更年期に関連するキーワード一覧

そろそろゆらぎ期?原因と症状を知ってうまく付き合うには?

そろそろゆらぎ期?原因と症状を知ってうまく付き合うには?

「最近なんだかイライラする」「突然、汗がふき出る」「わけもなく不安になる」。そんなあなたは「ゆらぎ期(更年期)」かもしれません。女性として、自分がゆらぎ期に入るのはショックかもしれませんが、歳を重ねる中で起きる自然な現象の一つ。自分の体と向き合い、乗り越えることで次のステージが楽しいものとなります。


みんなはどうしてるの?教えて!40代のゆらぎケア

みんなはどうしてるの?教えて!40代のゆらぎケア

つらいゆらぎ期の症状に日々悩まされている人も多いでしょう。周りに理解されづらいことはもちろん、自分が歳をとったことを認めたくない、という気持ちから誰にも相談することができない女性も多いと思います。そこで今回はそんなゆらぎ期を元気に楽しく乗り越える方法をご紹介します。


「ゆらぎ期」と向き合って快適に過ごす方法とは?

「ゆらぎ期」と向き合って快適に過ごす方法とは?

のぼせやほてり、急な発汗、イライラ、不眠、気分が沈むなど、女性の40~50代に多くみられるゆらぎ期の症状はさまざま。平均2~5年も続くと言われるゆらぎ期を、うつうつと過ごすなんてもったいないですね。体の変化をじょうずに受け入れ、付き合いながら、ゆらぎ期の数年間を快適に過ごす方法を考察してみました。


更年期太りを運動で解消!体型維持するためのおすすめ方法

更年期太りを運動で解消!体型維持するためのおすすめ方法

食事の量が増えたわけではないのに体重が増加したり、お腹やお尻のまわりに肉がついてきたなんてことはありませんか? 女性はゆらぎ期に差し掛かる40歳前後からエネルギーを燃焼させる効率が悪くなり、痩せにくい身体になってしまいます。「ゆらぎ期」に太らない対策をして、いつまでもスリムで若々しい体型を維持しましょう。


顔がほてる気分が沈む…ゆらぎ期の不調は誰に相談すればいいの?

顔がほてる気分が沈む…ゆらぎ期の不調は誰に相談すればいいの?

ゆらぎ期は、顔が急にほてったり、汗が噴き出したり、動悸がしたり、さまざまな特有の症状が現れます。笑い話のように周囲に打ち明けて受け流せる人もいますが、大半は深刻にとらえて落ち込みがち。ゆらぎ期は憂うつな気持ちなるのも特徴的な症状です。女性ホルモンの低下によるゆらぎ期の不調をどこで相談したり、誰に話せばいいのでしょう。


30代になったら気にしておきたい「若年性更年期」

30代になったら気にしておきたい「若年性更年期」

通常、更年期とは45歳から55歳の閉経を挟んだ10年間のことを指し、この時期には、いわゆる「更年期障害」が起こりやすい時期とされています。しかし、最近ではこの年代よりも若い世代、特に30代に「若年性更年期」が増えていると言われています。この「若年性更年期」が起こる原因、注意点、症状などをご紹介しましょう。


その症状更年期かも!アラフォー特有の症状をチェック

その症状更年期かも!アラフォー特有の症状をチェック

何だか最近イライラするし体の調子もイマイチよくない。これは歳のせいなのかと諦めていませんか。老化現象はある意味仕方ないですが、実はそれらはアラフォー特有のアレが原因かもしれません。ずばり更年期障害です。


35歳 更年期が気になり始めたら 体の症状別セルフケア方法

35歳 更年期が気になり始めたら 体の症状別セルフケア方法

30代までとは異なり40代をカウントすると、思ってもみなかった不調に悩まされることが出てきます。更年期に入ることは決して不安を煽るものではなく、症状に応じたケアで乗り切っていくことは、決して無理な話ではありません。


更年期の症状を和らげてくれるおすすめ食材とは

更年期の症状を和らげてくれるおすすめ食材とは

更年期の時期に入ると、女性ホルモンのバランスの乱れによってさまざまな体調の変化や不調が現れやすくなります。また、それに伴って自律神経も乱れがちになります。自律神経は、全身の臓器の活動等を司っていますから、不調はどこに現れてもおかしくありません。そんな更年期の症状を少しでも和らげてくれるおすすめ食材をご紹介します。


生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ

生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ

日本女性の平均的な閉経年齢と言われている50歳に向けて、40代半ばあたりから体調の変化を少しずつ感じ始める女性が多いようです。生理不順、イライラ、ホットフラッシュなど、更年期障害には心と身体に影響を与える様々な症状があります。いざという時にその症状に悩むことのないよう、今からしっかりと更年期の症状を知っておきましょう。


30代に増えている若年性更年期とは?

30代に増えている若年性更年期とは?

「若年性更年期」という言葉、雑誌やネット記事で目にする機会がありますよね。標題を見ただけで「私にはまだ関係のないこと」と内容を読まない人もいるでしょう。しかし、実は大いに関係しているのです。アラフォー世代が抱える数々の不調の元凶はも「若年性更年期」なのかもしれません。気になる不調がある人はセルフチェックをお勧めします。


更年期のめまいやイライラ…その原因と対策とは

更年期のめまいやイライラ…その原因と対策とは

更年期障害の症状として挙げられるのが、「ホットフラッシュ」と呼ばれる顔の火照りや異常な発汗、それにともにあってめまいや少しのことでイライラしてしまうというメンタル部分の不調があります。それらの身体の不調は、どのような要因によって引き起こされるのでしょうか?


女性のゆらぎ期「更年期」の味方!イソフラボンの魅力♪

女性のゆらぎ期「更年期」の味方!イソフラボンの魅力♪

更年期は、女性ホルモンのバランスが崩れることによって心身のトラブルが起こりやすい時期です。加齢によって、減ってしまう女性ホルモンの働きと似たような働きをする成分を摂取することによって、崩れたホルモンバランスを整え、更年期の不調を軽減働きがあると言われています。そこで、更年期にぜひ取り入れたい、食材をご紹介します。


月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」

月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」

30代後半から40代前半にかけた、いわゆる「アラフォー」世代では、生理不順や月経前症候群(PMS)が酷くなるなどの症状が起こりがちです。「これって、もしかして更年期?」と心配になる人もいるでしょう。こうした、アラフォー世代が悩んでいる「生理」に関する不調に関してまとめてみました。


知っておきたい!更年期に起こる症状とその原因とは?

知っておきたい!更年期に起こる症状とその原因とは?

更年期になると、女性ホルモンの乱れからさまざまな身体やメンタルのトラブルが発生します。主な症状に、生理周期が乱れる「生理不順」顔の火照りなどの「ホットフラッシュ」また小さなことでもすぐにイライラしてしまうといったメンタル的な不調があげられます。こうした、「更年期に起こりうる症状とその原因」についてご紹介します。


更年期は何歳から?年齢によって違う症状

更年期は何歳から?年齢によって違う症状

日々年齢を感じるアラフォー世代。この先の更年期に憂鬱になっていませんか。女性ホルモンが減少していく上に、ホットフラッシュや頭痛などの症状に悩まされるなど、更年期に良いイメージを抱いている人は少ないのではないでしょうか。閉経の平均年齢50歳を挟んだ前後10年間と、長く続く更年期に現れる症状や対処法などを見ていきます。


アラフォーになってから生理不順に…更年期かも?

アラフォーになってから生理不順に…更年期かも?

アラフォーになると、それまでとは全く異なる体調の変化に戸惑うことがあります。その一つが生理不順です。年代的に考えると、早い人は更年期になっている可能性があります。月経前症候群の症状がひどくなったり、今までよりも周期に大幅なずれが見られるときなどは、一度病院で診てもらうのもよいでしょう。


なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト

なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト

更年期障害とは、閉経を挟んだ45歳から55歳の約10年を目処に、体調の乱れや精神が不安定になるなどの症状が起こります。要因としては、閉経に伴って、女性ホルモンの分泌が低下することによって起こると言われています。こうした「更年期障害」ですが、どのような症状が現れるのでしょうか?


更年期は大人のゆらぎ 40代からはじめるケア方法

更年期は大人のゆらぎ 40代からはじめるケア方法

更年期障害は、基本的には45歳から55歳の、閉経を挟んだ10年間に起きる障害のことを言います。ですが、最近では「若年性更年期障害」と言って、30代後半から40代前半の女性にも更年期障害が起きることが多いと言います。40代を過ぎたらいつ訪れるか分からない、この更年期障害に向けて日常でできる対策をご紹介します。


めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

40代後半くらいになると女性の多くは、今までに感じたことのないような体の不具合を感じることがあります。この症状は更年期障害と呼ばれ、人によってばらつきはあるものの、大体5年程度で落ち着く症状だと言われています。







人気記事ランキング


>>総合人気ランキング