更年期に関する記事

更年期に関連するキーワード

めまい
>>更年期に関連するキーワード一覧

この症状、ゆらぎ期? 気になる「更年期外来」ってどんなところ?

この症状、ゆらぎ期? 気になる「更年期外来」ってどんなところ?

ゆらぎ期は軽く済む人もいれば、更年期障害と呼ばれる重度の不調に悩まされる人もいます。しかし一般的な病気とは異なり、いつかは自然に治癒するものと放って置く人がほとんど。思いきって「更年期外来」の門をたたいてみたら、辛い症状がずいぶんと緩和されることもあるようです。一人で悩まずに一度受診してみることをおすすめします。


気づかないふりしてませんか?更年期を上手に受け入れる方法

気づかないふりしてませんか?更年期を上手に受け入れる方法

ゆらぎ期による不調は生涯においては一時的なこと。女性ホルモンが急激に減少することにより起こり、40~50代の内の2~3年がピークといわれています。いずれ治まる症状だからと、気づかないふりをしたり、我慢をして悪化させてしまう場合も多いのがほとんど。ゆらぎ期のサインが出たら、上手に受け入れて対処法を考えていくことが大切です


ほてりやのぼせと貧血が交互にやってくると更年期のサイン

ほてりやのぼせと貧血が交互にやってくると更年期のサイン

"ゆらぎ期特有の症状として、体や顔のほてりやのぼせ、発汗などが多くみられますが、血圧や体温が低くなるのも更年期障害の一つ。めまいがする、貧血、ふらつきなどの症状が現れたらゆらぎ期のサインかもしれません。もしかしてゆらぎ期かも、と思ったら、そのままにせず自分のからだや心とじっくりと向き合ってみましょう。 "


ゆらぎ期は誰にでも訪れる 30代後半からできる予防法

ゆらぎ期は誰にでも訪れる 30代後半からできる予防法

最近ではゆらぎ期とよばれる更年期障害。多くの人は45歳頃から始まるといわれていますが、個人差が多く30代後半になればいつ症状が現れてもおかしくありません。いざ不調を感じたときに不安にならないように、さらにはなるべくゆらぎ期を感じないように毎日を快適に過ごすためのポイントをご紹介します。


あなたはちゃんと作れてる?エクオールが作れる人、作れない人

あなたはちゃんと作れてる?エクオールが作れる人、作れない人

エクオールは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることでよく知られている成分です。しかしこのエクオール、実は作ることのできる人とできない人がいると言われています。その事実と、そこから見えてくるものについてお話します。


いつまでも艶女子でいたいなら女性ホルモンのバランスを整えて♪

いつまでも艶女子でいたいなら女性ホルモンのバランスを整えて♪

女性ホルモンは、女性の体を女性らしく保ち、妊娠や出産を可能にし、更年期障害から体を守るなど、とても大切なものです。しかしこれは年齢とともに減少していきます。そこでここでは、この「女性ホルモン」に注目をし、バランスのとり方についてみていきましょう。


女性ホルモン活性化!エクオールが含まれる食材とは

女性ホルモン活性化!エクオールが含まれる食材とは

「エストロゲンが足りないとき、もしくは多すぎた時にそれをサポートする成分」として注目されているエクオール。このエクオールは、いったいどんな食べ物からとることができるのでしょうか。また、サプリメントではどうなのでしょうか。エクオールの摂取量や摂取方法について見ていきます。


いつかやってくるゆらぎ期 少しでも遅らせる方法はあるの?

いつかやってくるゆらぎ期 少しでも遅らせる方法はあるの?

年上の人からの話を聞いて「そろそろゆらぎ期がくるかも…」なんて戦々恐々の日々を過ごしていらっしゃる方もいるでしょう。その時期を少しでも遅らせることができたり短くすることができたら嬉しいですよね。今回は”ゆらぎ期を少しでも遅らせることはできるのか”についてご紹介します。


食生活で撃退!ゆらぎ期を緩和してくれる食べ物を知ろう

食生活で撃退!ゆらぎ期を緩和してくれる食べ物を知ろう

ゆらぎ期の対策として、今すぐ自分ではじめられることといったらやはり食生活。今まで暴飲暴食を繰り返してきた人はもちろん、きちんとした食事をしてきた人も改めてしっかりと知識をもってゆらぎ期に臨みましょう。今回はゆらぎ期に効果的な食材や調理方法、飲み物などをご紹介します。おいしく楽しくゆらぎ期対策をはじめましょう!


そろそろ気になり始めたら 更年期に取り入れたいサプリメントとは?

そろそろ気になり始めたら 更年期に取り入れたいサプリメントとは?

ゆらぎ期(更年期)を元気に楽しく乗り越えるために、食事や生活習慣の改善につとめることはとても大切です。しかし、およそ10年続くゆらぎ期は日常です。無理をしては何も続きません。そんな時に頼りになるのが手軽に摂取でき、効果を期待できるサプリメント。ここではそんなゆらぎ期に効果のあるサプリメントについてご紹介します。


ウォーキングが更年期におすすめの理由

ウォーキングが更年期におすすめの理由

適度な有酸素運動は副交感神経を高め、自律神経のバランスを整えてくれるので、ゆらぎ期(更年期)の改善につながります。では「適度な有酸素運動ってなに?」と思われる方も多いでしょう。そこでご紹介したいのがウォーキングです。なぜおすすめなのか、ウォーキングの利点について見ていきましょう


ゆらぎ期を少しでも軽くするセルフケアが知りたい!

ゆらぎ期を少しでも軽くするセルフケアが知りたい!

訪れてしまったゆらぎ期の症状に日々悩まされている女性も多いでしょう。頭痛がしたりイライラが止まらなかったり、ほてりやのぼせに苦しんだり…。症状は人によってさまざまで、軽い重いも違います。どうせゆらぎ期を過ごすなら少しでも軽くして楽しく毎日を過ごしたいですよね。今回はゆらぎ期を軽くする方法についてご紹介します。


アラフォー女性の「ゆらぎ期」に太りやすくなるのはなぜ?

アラフォー女性の「ゆらぎ期」に太りやすくなるのはなぜ?

腰回りに肉が付き「少し前まで履けていたパンツやスカートが入らなくなった」なんてことはありませんか? 食事の量や生活リズムがかわったわけでもありません。いつもと同じように生活をしていても、加齢とともに痩せにくく太りやすくなるのです。アラフォー女性のゆらぎ期になると太りやすくなるのはなぜでしょうか。


そろそろゆらぎ期?原因と症状を知ってうまく付き合うには?

そろそろゆらぎ期?原因と症状を知ってうまく付き合うには?

「最近なんだかイライラする」「突然、汗がふき出る」「わけもなく不安になる」。そんなあなたは「ゆらぎ期(更年期)」かもしれません。女性として、自分がゆらぎ期に入るのはショックかもしれませんが、歳を重ねる中で起きる自然な現象の一つ。自分の体と向き合い、乗り越えることで次のステージが楽しいものとなります。


みんなはどうしてるの?教えて!40代のゆらぎケア

みんなはどうしてるの?教えて!40代のゆらぎケア

つらいゆらぎ期の症状に日々悩まされている人も多いでしょう。周りに理解されづらいことはもちろん、自分が歳をとったことを認めたくない、という気持ちから誰にも相談することができない女性も多いと思います。そこで今回はそんなゆらぎ期を元気に楽しく乗り越える方法をご紹介します。


「ゆらぎ期」と向き合って快適に過ごす方法とは?

「ゆらぎ期」と向き合って快適に過ごす方法とは?

のぼせやほてり、急な発汗、イライラ、不眠、気分が沈むなど、女性の40~50代に多くみられるゆらぎ期の症状はさまざま。平均2~5年も続くと言われるゆらぎ期を、うつうつと過ごすなんてもったいないですね。体の変化をじょうずに受け入れ、付き合いながら、ゆらぎ期の数年間を快適に過ごす方法を考察してみました。


更年期太りを運動で解消!体型維持するためのおすすめ方法

更年期太りを運動で解消!体型維持するためのおすすめ方法

食事の量が増えたわけではないのに体重が増加したり、お腹やお尻のまわりに肉がついてきたなんてことはありませんか? 女性はゆらぎ期に差し掛かる40歳前後からエネルギーを燃焼させる効率が悪くなり、痩せにくい身体になってしまいます。「ゆらぎ期」に太らない対策をして、いつまでもスリムで若々しい体型を維持しましょう。


顔がほてる気分が沈む…ゆらぎ期の不調は誰に相談すればいいの?

顔がほてる気分が沈む…ゆらぎ期の不調は誰に相談すればいいの?

ゆらぎ期は、顔が急にほてったり、汗が噴き出したり、動悸がしたり、さまざまな特有の症状が現れます。笑い話のように周囲に打ち明けて受け流せる人もいますが、大半は深刻にとらえて落ち込みがち。ゆらぎ期は憂うつな気持ちなるのも特徴的な症状です。女性ホルモンの低下によるゆらぎ期の不調をどこで相談したり、誰に話せばいいのでしょう。


30代になったら気にしておきたい「若年性更年期」

30代になったら気にしておきたい「若年性更年期」

通常、更年期とは45歳から55歳の閉経を挟んだ10年間のことを指し、この時期には、いわゆる「更年期障害」が起こりやすい時期とされています。しかし、最近ではこの年代よりも若い世代、特に30代に「若年性更年期」が増えていると言われています。この「若年性更年期」が起こる原因、注意点、症状などをご紹介しましょう。


その症状更年期かも!アラフォー特有の症状をチェック

その症状更年期かも!アラフォー特有の症状をチェック

何だか最近イライラするし体の調子もイマイチよくない。これは歳のせいなのかと諦めていませんか。老化現象はある意味仕方ないですが、実はそれらはアラフォー特有のアレが原因かもしれません。ずばり更年期障害です。









よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング