そろそろゆらぎ期?原因と症状を知ってうまく付き合うには?

そろそろゆらぎ期?原因と症状を知ってうまく付き合うには?

「最近なんだかイライラする」「突然、汗がふき出る」「わけもなく不安になる」。そんなあなたは「ゆらぎ期(更年期)」かもしれません。女性として、自分がゆらぎ期に入るのはショックかもしれませんが、歳を重ねる中で起きる自然な現象の一つ。自分の体と向き合い、乗り越えることで次のステージが楽しいものとなります。


個人差のある「ゆらぎ期」の症状

「ゆらぎ期」という言葉をご存知ですか。

「ゆらぎ期」とは「更年期」のことで、40代以降の女性特有のリズムの乱れから、体や心の不調や変化が現れる時期のことをいいます。しかし、すべての人に同じ症状が出るわけではありません。心身の状態に何の変化もなく生理が終わる人もいれば、憂うつ、イライラ、不眠などといった精神的な症状に悩まされる人も多くいます。

この「ゆらぎ期」の原因は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少。エストロゲンは、女性の体の機能や健康に大きく関わる重要な働きをするホルモンで、正常に分泌されなくなると、骨粗しょう症や動脈硬化などの病気にかかりやすくなります。

またエストロゲンには自律神経を抑える効果もあり、月経前などでイライラするのは女性ホルモンが乱れるからといわれます。このエストロゲンの分泌がしっかりあれば、自律神経が整えられ、閉経前後も体や心に支障をきたすことなく過ごせるでしょう。

ホットフラッシュやめまいが起こったら速やかに受診を

「ゆらぎ期」はさまざまな症状に悩まされますが、とくに多いのがホットフラッシュ(顔ののぼせやほてり)、発汗など。ホットフラッシュは閉経前後の女性の40~80%にみられ、長期にわたる場合もあります。また精神状態としては憂うつも「ゆらぎ期」の女性の40%にみられます。治療をせずにそのまま放っておくと、うつ病などの精神疾患に移行することもある恐い症状です。

「ゆらぎ期」自体は自然なことで、とくに治療は必要としませんが、症状がひどくなる場合は受診をしてホルモンコントロールする薬を処方してもらいましょう。

その他には、40代の女性の3人に1人はめまいの自覚症状があるといわれています。歩いた時にふわふわと足が地についていないような感覚や、周囲がぐるぐると回って見える、急に立ち上がると血の気が引くような立ちくらみがするなど、めまいも症状がさまざま。

ゆらぎ期特有のめまいであれば時間とともに症状はよくなるケースがほとんどですが、なかには脳疾患やメニエール病など脳や耳鼻の病気ということもあり注意が必要です。日ごろから十分な睡眠をとり、ストレスをため込まないように意識しながら生活をするだけで、めまいの頻度も少なくなるでしょう。

ゆらぎ期とじょうずに付き合うにはどうしたらいいの?

月経や妊娠、出産、閉経など、女性は男性にはない機能を持っています。こうした女性の体や心の変化と健康を守ってくれているのが女性ホルモンの一つ「エストロゲン」ですが、40代からは分泌量が一気に減少します。エストロゲンが減ることにより、心も体も思うようにいかなくなり、気分が沈みがちな日が増えることも。

しかし、40代に入ってからの心身の変化は誰にでも起こりうるもの。ホルモン療法やサプリメントなど、改善するためのさまざまな方法はありますが、生活習慣の見直しで「ゆらぎ」が緩和されることもあります。

大切なのは食生活。飲みすぎ、食べすぎ、甘いものの摂りすぎはほどほどに。栄養バランスのよい適量の食事を1日3回規則正しく食べることが必要です。太りすぎはさまざまな病気を引き起こしやすく、逆に痩せすぎも体力や免疫力を低下させ、「ゆらぎ期」の症状を重くすることがあるので、できるだけ標準体重を保つようにしましょう。そのためにも、適度な運動はぜひ取り入れたいところです。

ゆらぎ期は頑張っている自分にご褒美を

40代は、まだまだ家庭でも社会でも活躍している年齢。もしもゆらぎ期が来てしまったら、うんと頑張っている自分に、今まで以上にご褒美をあげて。好きなことをしたり、リラックスして過ごす時間、好きな香りや音楽を聴きながらゆっくりとお風呂に入る時間が、心と体を整えてくれるはず。

自分にとって心地よい生活習慣で、ゆらぎ期と上手に付き合っていきましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

YA

大人の女性向けの美容情報をどんどん発信します!みんなでキレイになりましょう♡

関連するキーワード


ゆらぎ期 更年期

関連する投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

40代になり、今までのスキンケアでは肌の状態がキープできない…なんてお悩み、ありますよね。老化した肌を美肌にするにはラグジュアリー化粧品を使わなきゃいけないのではないかと考えがちですが、そんなことはないようです。『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長の山﨑まいこさんに教えていただきました。


閉経をお祝いしよう! 閉経後のメリットとは?【更年期は人生が輝くチャンス #47】

閉経をお祝いしよう! 閉経後のメリットとは?【更年期は人生が輝くチャンス #47】

閉経を“女性として終わり”とネガティブに捉えることがありますが、そんなことは全くありません!初潮を迎えた時にお祝いをしたように、閉経もお祝いで迎えましょう! 新たな人生のステージに立つ門出として、閉経や更年期を前向きに捉える考え方についてNPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんが教えてくれます。


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
menkyo-land.jp/how-to-choose/

детская одежда для девочек