ダイエット専門エステサロンオーナー 遠藤優子さんインタビュー 【女性の仕事クローズアップ #2】

ダイエット専門エステサロンオーナー 遠藤優子さんインタビュー 【女性の仕事クローズアップ #2】

20kgのダイエットや大手エステサロンでの苦い経験をバネに、これまでの概念を覆す「ダイエット専門のエステ」を開いて成功を収めた遠藤優子さん。現在、コンサルティング業を手掛けるほか、エステグランプリの実行委員にも選ばれ、大躍進中! そんな遠藤さんのサクセスストーリーをご紹介します。


摂食障害を乗り越え、20kgのダイエットに成功!

19歳の時に付き合っていた彼が細い女性が好みで、その彼のためにほとんど食べずに痩せることばかり考えていたんです。今思うとおバカですよね~(笑)! つまり自己評価が低く、彼に愛されたいがためにやっていたんです。レストランに行っても彼はパスタ、私はサラダかお茶という生活。公園に行っても痩せるためにマラソンさせられたり、週に2日体重測定がある生活でしたから、3~4か月で17kg体重が減りました。そうなると食べる行為が怖くなり、精神的に病んでいきました。

気が付くと摂食障害になり、食べなかった反動で過食!体重は増え続け、わずか3ヶ月でトータル22kg増のおデブちゃんに…。もちろん彼からは「俺デブは無理!」と別れを切り出される結末。まだ20歳なのに太りきってしまった自分に嫌気がさし、このまま生きるなら死んじゃった方がいいとも考えたり…。でもこのままで終わらせないのが私。

「彼よりもっといい男を見つけてやる! やせてきれいになってやるぜっ!」と決意。食べないで痩せるダイエットはリバウンドしてしまい駄目だと身をもって知ったので、しっかり食事はとりつつ運動をして痩せるダイエットを考えました。運動も9駅42km歩いたりするなど、あれこれ試しましたが長続きしないんです。結果、毎日20~30分ウォーキングとヨガを行い、1年で17kgのダイエットに成功しました。大切なのは食事と運動、あとはメンタル(考え方)だと痛感。

加えてその時に付き合った新しい彼が痩せるために協力してくれ、メンタル面を支えてくれたことも成功の一因でした。しかしながら少し油断してしまい夜遊びを続けたら53kgに…。「おっ、これはまずい!」と思い、44kgに戻し、34歳の現在もキープ! 皆さんご安心ください、誰でもダイエットはできるんです!!

自信を持って生きてほしいからダイエット専門のエステを開業

開業する前は、「人をきれいにしたい!」と夢見て大手エステサロンに勤めていました。その時担当したお客さんTさんが161cm44kgという痩せようでしたが、38kgまで落としたいというんです。Tさんは“ダイエットの病”にとりつかれ、食事はとらない、下剤を飲む、運動はしない、夜はホストでお酒を飲むというめちゃくちゃな生活ぶりで、摂食障害の可能性もありました。

私の勤めていたサロンで月に16万円のローンを組んだものの、リバウンドを繰り返し、精神状態も最悪に…。そんな時サロンの店長が「あのお客さんは人間じゃないから放置しておいていいんだよ!」と冷たい一言。私は「何てひどいこというの?」と、これをきっかけに退職。心折れました・・・。

私の退職と同時にTさんも九州に帰郷するということだったので安心しました。その後も、何とか力になりたいとTさんの携帯に電話もしました。するとタクシーにはねられたり、マンションから落ちて死にかけたというんです。「なんでこんなに辛い目にあわないといけないの? 救いたかったTさんに何もしてあげられなかった…」と悔やみました。

ダイエットは失敗すると死ぬほど辛いですが、成功して痩せると超幸せ! 私もそうでしたが、モテるし、好きな服や水着が着られるし、ヘアスタイルも自由自在。Tさんを救えなかったことも重なり、皆さんが幸せになれ、自信を持って生きられるお手伝いをしよう! 食事を我慢してダイエットするのではなく、食事と運動、メンタルがきちんとしていれば痩せられる「ダイエット専門のエステ」を開業しようと一念発起。そしてやるからには、「心も体も健康的に痩せてきれいになってもらおう。決して無駄なものは売らない」と心に決めたんです。

お客さんが痩せていく姿に感涙!

開業後、波に乗るまで少々苦労しましたが、口コミで広まり、今は絶好調! 一番うれしいことは、お客さんが見る見るうちに痩せて結果が出!嬉しさのあまり報告してくれることですね。また開業して結婚もしましたが、仕事に対する価値観が異なり、今後経営者として本気で仕事していこうと3年で離婚。次回結婚するなら、リスペクトできる、同じ経営者(環境)の人がベストかなと思っています。

10年前は自分がこんな風に経営者になるとは夢にも思っていませんでした(笑)。まだまだ経営者として分からないことも多く、困った時は教えてもらいますし、他の方の助けがあって成功したと思っています。師匠と仰いでいる経営者の方がいて、その方にはお金が無いとき食事をおごってもらったり、相談によく乗ってもらっていて、どんなに助けられたか分からないほど…。後輩にも同じことをしてあげたいです。仕事が大好きなので、目下の楽しみといえば、寝ること! 24時に就寝し、6時には起床。絶対無理はしませんし、しちゃぃけないとも思ってます。

コミュニケーションの開拓のためにZoomを勉強中!

You TubeやSNSにハマっていますが、最近、勉強しているのがZoom。これは話したい者同士が画面でチャットできるほか、海外の利用もOKという優れものなんです。会議もできれば資料も共有できるし、パソコンや携帯でもOK。遠方のお客様から質問があった時とても便利なんです。しかも40分間無料ときたら使わない手はないでしょう! 

あとハマっているのは動画ですね。毎晩ライブを発信してますが、動画を編集する作業がメチャ楽しいですし、何より皆さんが私の動画を楽しみにしてくれているらしく(笑)。自分の好きなことでお客様を集客でき、喜んでもらえてサイコーにハッピー!! しかも指1本でできちゃうから、すごい世の中だ~~!

女性経営者として続けるためにどんなことが必要?

これまで培ったものを礎に、成功するための経営ノウハウを教えていきたいと考え、コンサルティング業もしています。ただし、お客様が自信を持って生きていけるためのサポートが大前提。ネイル、エステをはじめ、その経営者が一番自信のある技で勝負できるサロンを全国に広げ成功すれば、全国の人が救われるんです! 素敵じゃないですか? 
そのためには何より環境が大切。経営がうまくいってない場合、一人で悩むと煮詰まるだけ。解決されず進展がないままただ歳月が過ぎれば、やがて経済的に余裕が無くなり、閉店になる可能性も…。分からないことがあったり悩んだら、とにかく相談しましょう。相談者も共感できる人や自分より少し成功している先輩がベスト! 

また足を引っ張らない、自分を持ち上げてくれる環境も重要。この環境ひとつで、本当に変わっていくんです。私のことを例に挙げると、師匠から「愚痴をいったりモチベーションを下げる友人は避けること」と教わりました。「こんなことにチャレンジしようと思ってるんだけど」と話した時に、「えっ、できるの?」ではなく、「面白そう! やってみたら?」「一緒に頑張ろうよ!」と後押してくれる友人の方が仕事の上ではベスト。そのため最近は、モチベーションを上げてくれる仕事仲間と食事をする機会が多くなりました。メチャテンションあがるし!

一方、経営者の会に参加するのもいいですが、この人凄いなと思ってた人が実は経営への考え方が違うこともあります。騙されること無きにしも非ず。どんなにお金を稼いでいても「あわないな」と思ったらやめたほうがいいですし、「あの方は、どんな方?」と人に聞くのも手。「この人なら教わりたい! ついていきたい!」と思う判断基準は、稼いでいる額ではなく、あくまでその人! 人柄に尽きます!! 私の尊敬する師匠は、メンタル面とコンサルティング面と2人いまして、何かあったら相談して助けていただいてます。

後輩に先輩からされたことを伝えていきたいし、後輩にもしてほしい。それが恩返しかなと思っている今日この頃です。人間は所詮、一人では何もできない生き物。出会いは大事にし、お互い助け合いましょう。それに経営者は偉くないし、私も開店当初は赤字続きでしたが、今や業績はうなぎのぼり。私でもできたのですから、皆さんもポジティブシンキングでゴーです!  現在、東京での更なる活動を目標に頑張ってますし、何とエステグランプリの実行委員に選ばれたので、今後業界をさらに盛り上げていきますよ~!

インタビュー/中沢文子


【canaeru インタビュー】



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

Bramanoli編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

腟周りのケアの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースする日本の植物療法士 第一人者の森田敦子さん。これまで腟まわりのケアがいかに大切かということについてインタビューしました。最終回は男女のコミュニケーションについてです。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


【Bramanoli 新春特別企画】お正月太り対策! アラフォーからのダイエット術

【Bramanoli 新春特別企画】お正月太り対策! アラフォーからのダイエット術

さあ! いよいよ明日から仕事始めという方も多いことでしょう。「今年こそは痩せる!」そんな目標を立てた方はいよいよダイエットモード突入のタイミングです。そこで、アラフォーがダイエットをするときに知っておくと得になる情報をお伝えします。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
https://velotime.com.ua/category/trek/

купить моторное масло

масло ликви моли