アラフォー恋愛御作法 年下君とのデートで失敗しないコツ【神崎桃子の恋愛指南 #9】

アラフォー恋愛御作法 年下君とのデートで失敗しないコツ【神崎桃子の恋愛指南 #9】

年下の彼と恋愛する…デートする…ひとつふたつならともかく5歳以上年下ともなると自分と彼がどう周りから見られているのか、なかなか緊張しますよね。そんな目下年下カレと恋愛中&年下カレに恋してる、デートしたい!という皆さまに恋愛コラムニスト神崎桃子さんからアドバイスをいただきました。


アラフォーともなれば女としての老いを感じることもある……だからこそ年下男とデートをすべし!

「誰っっっ?このくたびれたオバサン!!」
あなたは仕事を終え帰りの電車の中……ガラスに映った自分の顔にショックを受けたことはないだろうか?

アラフォーにもなれば自分がもう若くないことを痛感することが多くなる。
日々深まる目尻のシワやほうれい線、頻繁に発見してしまう白髪、どこにあるのか分からなくなったウエストライン、垂れてゆくヒップ……もうあげだしたらキリがない。

いくら高い美容液を使おうが、ヘアカラーをマメにしようが、ジムで筋トレしようが「やっぱり年には逆らえない」と感じてるのではないだろうか?

そう、そんな自分の衰えを実感しているからこそ
「最近の男の子ってキレイ……」
「肌がスベスベ!」
「髪フッサフサ!」
と若い子に見とれてしまうことがあるはずだ。

自分が老いを意識し出すと自分以上の年齢のいったメタボオヤジと連れ立って歩いたり、加齢臭漂うオッサンと腕なんか組みたくないのがアラフォー女のホンネだろう。

そう、若い子とデートしたいのはオッサンだけじゃない!!
女だって肌がツルツルでまだ贅肉の塊になっていない清潔感のある年下男子と歩きたいのだ。

それに年下クンと付き合えば自分の心だって若返る。
若い子とのデートはアンチエイジングにもつながるというものだ。

だが、くれぐれも年下男子とのデートの際はこんなことに気をつけて欲しい。

ムリに相手の世代に合わせようとしない

悲しいかな、年下クンとのデートにおいてジェネレーションギャップは否めない。
あなたの好きなアーティストもお気に入りのドラマも彼のそれとはまるで違う。彼の好きな曲や漫画、ハマっているものはあなたにとってはまるで異国文化。

しかし、だからといってそれに対して知ったかぶったり、興味のあるフリをする必要はない。それこそネットスラング用語や若者言葉を使用すればただの痛いオバサンだ。

自分だって若い頃、年上の上司に「最近、若い子はこういうのが好きなんだって?」とか「こんなのが流行っるんだって?」などと話しかけられてウザがっていたはず。

つまり若者や年下には話題をムリに合わせたり媚びるような態度は痛々しいだけなのだ。

生まれた時代、育ってきた環境が違えば差異があって当たり前。毅然とした態度で望むべきである。

ムリに若ぶったりせず相手とのギャップを素直に認め「へ~そうなんだ。わたし、知らなかった」と互いの世代の違いも楽しむ余裕を持とう。

若い女にはできないデートコースやお店を提案する

年下男子にはデートを任せっきりにしてはならない。
年上女のくせに「なんでもいい」とか「どこでもいい」なんていう男任せの丸投げスタイルは年下女子の専売特許であって、年上女はそんなことをしてはならない。

男が年上女と付き合うメリットは
「自分だけが頑張らなくていい」「リードしなくても許される」ことにある。

年下男子が年上女性をいいと思うのは“すべてを男に委ねる女”ではない所にある!

だからこそデートにおいては、相手を適度にリードしたりフォローアップしてあげるのだ。

めちゃ女遊びをしていない限り、年下男があなたより美味しいお店や居心地のいい場所を知っていることは滅多にないはず……あなたの方から情報を提供するべし。

高級店じゃなくともこだわりの秘伝のタレが美味しい焼き鳥だとか、小籠包の専門店だとか気さくな大将のいる寿司屋だとか、そんなところを知っていれば「さすが!」と思わせることができるはずだ。

デートにおいては相手の味覚のセンスの良さや本当にいいものを選びとる目に惚れ直すこともあるのだ。

適度に頼る!彼のお母さんになってはならない

アラフォーともなると包容力もあって経験値がある分、年下の彼の“お母さん的な存在”になってしまいガチ。

しかし“自分ができることでもできないフリをする”のが賢い女というもの。

「え~そんな私、男に頼るなんてガラじゃないし……ムリ」なんて決めつけず、ちょっとした頼み事をしてみよう。

“PCのこの機種のこと教えて”とか“ココまで迎えにきてくれる?”とか“もっとゆっくり歩いて欲しいな”とか、彼ができることをおねだりすればいいのだ。

または仕事の愚痴を聞いてもらう手もアリ!

「実は上司からこんなプロジェクト任されて……」
「こないだ仕事でミスしちゃって……ちょっと凹んでるの」
「今の数字上げるの正直キツイかも……」
な~んてあなたがひと言不安をこぼせば
「俺には弱いとこ見せてる?」
「俺にだから、打ち明けてくれてる!?」
と男としての自信を持つことができるというもの。

「俺が支えてあげたい」
「せめて俺と居るときは楽しませてあげたい」
と俄然張り切ってしまうのだ。

年下男性にはあなたが普段見せない顔を見せてあげるべし!

あなたが仕事をしっかりやってきた年上だからこそ効果のあるのが、甘えである。
普段は見せない顔や素直な感情を彼と居るときには出すことだ。

2人になったときはちゃんと甘える……。

しっかり者でなんでもできる年上彼女が
「一人でやっていけそうに見えて実は俺がいないとダメなんだ」
と思わせてしまえばこっちのもの(笑)

強さの中にある女の脆さこそ、男がメロメロになる“最高の媚薬”なのである!!

体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


アラフォーで結婚した人が “見直した条件” とは?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #33】

アラフォーで結婚した人が “見直した条件” とは?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #33】

ご結婚されたアラフォーの方々のお話を聞くと「昔の私ならば絶対に選ばない男性と結婚しました。見落とさなくてよかった」なんてことをよく聞くのです。 以前は「ナシ」にしていたけれど、彼のことを知っていくうちにいい人だと思えてきたというのです。かつてならば「ナシ」にしていたのはいったいどんな理由からなのでしょうか?


本気で人を好きになったことがありません【オトナの幸せ恋愛心理術 #14】

本気で人を好きになったことがありません【オトナの幸せ恋愛心理術 #14】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


「男の恋は突然訪れる」男がそれまでなんとも思ってなかった女友達を好きになる理由【神崎桃子の恋愛指南#40】

「男の恋は突然訪れる」男がそれまでなんとも思ってなかった女友達を好きになる理由【神崎桃子の恋愛指南#40】

ただの友達だったはずなのに…男友達が女友達を“女性”として見てしまう瞬間とは⁉ 恋愛コラムニスト 神崎桃子さんに教えていただきましょう。


「男日照りでいるより都合のいい女でいたい!」アラフォー女が都合のいい女をしてしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #39】

「男日照りでいるより都合のいい女でいたい!」アラフォー女が都合のいい女をしてしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #39】

“都合のいい女”…こう言われて気持ち良い人はいないでしょう。しかし、恋愛コラムニストの神崎桃子さんは独自の見解があるようです。そこにはアラフォー女性たちへの激励が含まれているようにも思います。色んな価値観がある!改めてそう気づかせてくれるコラムです。


嫌婚男子急増中「その女とは結婚する必要ナシ!」男が結婚したがらない理由とは【神崎桃子の恋愛指南 #38】

嫌婚男子急増中「その女とは結婚する必要ナシ!」男が結婚したがらない理由とは【神崎桃子の恋愛指南 #38】

長く付き合っているのに結婚の“け”の字もでない…。そんな方はもしかして、自分にも責任があるかもしれません。ではどんな責任があるのか?恋愛コラムニスト神崎桃子さんに教えていただきました。現実をしっかり受け止めて、今後どうしていくか考えるきっかけになるかもしれません。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

30~34歳の独身女性を10人集めたら、5年後までにそのうち3人が結婚しているという統計があります。では、35~39歳の独身女性を10人集めたら、5年後にそのうち結婚しているのはどれぐらいいると思いますか? 正解は1人です! アラサー気分で婚活しているなら要注意。アラフォー婚活の心構えをお伝えします。


宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

ユニクロのプレミアムラムクルーネックセーターはもうチェックしましたか? ラム素材で肌触りが最高♡カラーも豊富ですので、好きなカラーをチョイスすることができます! 今年は断然ダボッとサイズがおすすめ。


【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

スウェーデン留学から帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。いつの間にか自分に刷り込まれていた日本の常識を留学中に感じ、日本の常識は世界の常識ではないことを知ったそうです。スウェーデンでは若者や女性もエンパワーされていて、声をあげて社会を変えていくという意識があります。世界の当たり前を日本の当たり前にしたい。第二回では、その想いをお伺いしました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング