“大人の恋の流儀” アラフォー女の恋愛のカタチとは?【神崎桃子の恋愛指南 #7】

“大人の恋の流儀” アラフォー女の恋愛のカタチとは?【神崎桃子の恋愛指南 #7】

薄々気が付いてはいましたが、どうやら20代30代の恋愛スタイルとアラフォーは違うらしい…。「あの頃はうまくいってたやり方が通用しない…」なんてお悩みのすべてのアラフォー女性に恋愛コラムニスト神崎桃子さんが必勝法を伝授します。


若い時と同じスタイルでは恋愛は成就しない!

「なかなか恋愛に進展しない」
「最近、恋愛が続かない」
「恋愛がしにくくなった」
なんて感じることはないだろうか?

「大人になった今、もっと上手く恋愛したい!仕事だけでなくプライベートだって充実させたいのに!!」
と望むアラフォーは多いもの。

“どうして恋が上手にできないのか”……それはあなたが恋愛のスタイルをアップデートをしていないせいかも。

大人には大人の“恋の流儀”がある!
若い時と同じ心持ちでは恋愛は愉しめないのである。

大人の女は「結果が早く欲しい」と焦ってはダメ!!

「私にはもう時間がない」なんて無意識のうちに焦っていないだろうか?
「この歳になって失敗なんかしたくない」なんて恋愛を楽しむよりも失敗することを恐れてはいないだろうか。

これまで幾つかの恋に破れ、苦い涙を流してきたからこそ「早く幸せを掴みたい」あまりにアラフォーは間違った判定を早々と下していることがある。
経験が邪魔して恋を深める前の初期段階のうちに素早く相手をジャッジしてしまう。

しかし、
若い頃とは違い恋が盛り上がるには時間や過程が必要である。

男性はもはやガツガツとくるはずなどない。生理的欲求からフットワークが軽いのは若いうちだけ。今となっては“ただしたい一心”で女を誘うわけではない。男としての最終目標はそこであっても青二才の時のように焦りなどないのだ。

大人の恋はプロセスを楽しむことにある。

大事なのは結果を出すことに執着せず“結果に至るまでのことを楽しむ余裕”である。

それはショッピングに行くのと同じ。商品を購入するだけが買い物の目的ではない。
女性はたとえ狙っていた物があったとしてもその売場に真っ先に行くわけではない。そこに行き着く前に他のものもアレコレ見てリサーチして吟味する。さんざん歩き回るのが女の買い物の醍醐味であり、最終的に欲しかったものが手に入るまでのプロセスを楽しむ。

大人の恋も同じ。突進せずに時間をかけて相手と向き合う。
大人の礼儀でやりとりを楽しみながら、そこに至るまでの過程を楽しむのだ。

大人の女は「相手の時間を奪わない、拘束しない」♪

アラフォーともなれば職場での責任がのしかかり上司と部下の板挟みでストレス倍増。
ポジションが上がれば上がるほど背負うものが大きくなるのは当たり前のことだ。
しかも仕事だけではない。年齢とともに大切なものややるべきことも増えてゆく。

忙しいのは相手も同じ。

若いときの恋なら、あなたが
「今すぐ会いたいの」
「聞いてほしいことがあるの」
「今夜は一緒にいたい」とひと言カレに言えば真夜中でも飛んできてくれたかもしれない。
オールナイトでお酒や愚痴に付き合い、落ち込んでるときはハグして朝までそばに居てくれたかもしれない。
そんなワガママを受け入れてくれる相手に「私は愛されている」と男の本気度を感じていたかもしれない。しかし相手にムリをさせることで得られるのは本当の愛情ではない。

男にワガママが通用するのは30まで。ワガママも可愛いと思われるのは二十代まで。

若い頃のように時間の都合をつけるのも、アポなしでデートをすることも、休日をまるっと女のために使うのも今は大変なことなのだ。

大人の恋愛は相手の状況や相手の健康(体力)を察してあげること。
相手にムリをさせることは相手の時間を拘束することと同じ。

自分の時間だけでなく相手の時間も同じように大事に扱ってあげよう。
ときには
「帰してあげる」ことも女の愛。
「断る」ことも女の愛……なのだ。

大人の女は「相手の頑張っていることや大切にしているものを認める」♡

好きな男性に女性はつい自分の価値観を押し付けガチ。
同じように共有したい、好きな相手だからこそ“分かち合いたい”のが女心だ。

しかし男性は決して価値観を共有したいわけでなく自分の価値観を認めて欲しい生き物。

大袈裟に言うと「わかってもらわなくて構わない、でも反対だけはするな」ということだ。
男性は“自分の世界”を守りたいもの。その領域に他人が入ってくることは不快なのだ。

自分の好きなことや趣味を女に邪魔されるくらいなら、男はその女と別れることを選ぶことさえある。
男性が離婚したくなるのは妻が自分の趣味に否定的だったり好きなことをさせてくれないことが要因だったりするのだ。

恋愛を続かせるためには男性の価値観を認めることにある。
“男の聖域”を侵したり邪魔しないようにするべきだ。

大人の恋は相手を尊重することにある!

大人の恋は相手を尊重すること。

自分中心の若いときにはなかなかできないのが相手に敬意を払うことだろう。

過去の恋愛が上手くいかなかったのは"自分の大切なものにばかり主張"してしまったから……。

大人の恋がうまくいくためには、自分とは違う相手の思いを理解するように努めること。
“相手の大切なものを守る”ことにある。

相手が大事にしていることを尊重できることが“大人の恋の流儀”なのだ。

体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


「男の恋は突然訪れる」男がそれまでなんとも思ってなかった女友達を好きになる理由【神崎桃子の恋愛指南#40】

「男の恋は突然訪れる」男がそれまでなんとも思ってなかった女友達を好きになる理由【神崎桃子の恋愛指南#40】

ただの友達だったはずなのに…男友達が女友達を“女性”として見てしまう瞬間とは⁉ 恋愛コラムニスト 神崎桃子さんに教えていただきましょう。


「男日照りでいるより都合のいい女でいたい!」アラフォー女が都合のいい女をしてしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #39】

「男日照りでいるより都合のいい女でいたい!」アラフォー女が都合のいい女をしてしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #39】

“都合のいい女”…こう言われて気持ち良い人はいないでしょう。しかし、恋愛コラムニストの神崎桃子さんは独自の見解があるようです。そこにはアラフォー女性たちへの激励が含まれているようにも思います。色んな価値観がある!改めてそう気づかせてくれるコラムです。


嫌婚男子急増中「その女とは結婚する必要ナシ!」男が結婚したがらない理由とは【神崎桃子の恋愛指南 #38】

嫌婚男子急増中「その女とは結婚する必要ナシ!」男が結婚したがらない理由とは【神崎桃子の恋愛指南 #38】

長く付き合っているのに結婚の“け”の字もでない…。そんな方はもしかして、自分にも責任があるかもしれません。ではどんな責任があるのか?恋愛コラムニスト神崎桃子さんに教えていただきました。現実をしっかり受け止めて、今後どうしていくか考えるきっかけになるかもしれません。


「思ってたのと違う…」男がこの女とはもう二度と寝たくないと思ってしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #37】

「思ってたのと違う…」男がこの女とはもう二度と寝たくないと思ってしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #37】

一度寝たらその後連絡がとれなくなった…。20代ならともかく、アラフォーでそんな事態は避けたいですよね。そうならないためにも、そしてそんな覚えがもしあるとしたら、その原因をしっかり知っておきましょう。恋愛コラムニスト神崎桃子さんに教えていただきます。


アラフォーで離婚 その後はどうなる? 【離婚を考えた時知っておくべき知識 #8】

アラフォーで離婚 その後はどうなる? 【離婚を考えた時知っておくべき知識 #8】

離婚の決断というと、これまで続いた結婚生活を終わりにすることと捉えがちです。しかし、妻にとってはこれから夫と決別し新しい人生を進むための始まりでもあります。そこで離婚の決断前後で起こること、妻が押さえておきたい大事なポイントをご紹介します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

幸せそうな友人家族のSNSなんかを見るたびに嫉妬心が止まらない。ついつい自分の家族と他人の家族を比べてしまう。見なければいいと頭では分かっているけれど…SNSを見るたび気持ちの浮き沈みに疲れてしまう。そんな体験ありませんか?人の幸せに嫉妬することなく、素直に喜べる人になるにはどうしたらいいのでしょうか。ポジティブ心理学の側面から教えていただきます。


【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

昼ドラ『温泉へ行こう』に主演し人気を博した女優の加藤貴子さん。42歳から不妊治療を始め44歳と46歳で出産し、現在2人の男の子のママです。その妊活体験をまとめた『大人の授かりBOOK』(ワニブックス)が出版されました。今回は本に書かれていないアレコレもふくめて加藤さんに根掘り葉掘り聞いてきました。その第二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

結婚すると、妻は夫の戸籍に入籍するのが一般的。保険書類もパスポートも姓の変更手続きが必要となり、女性のほうが何かと大変だと言われています。今回は、事実婚と結婚時の姓の変更についてお話します。








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング