懐かしい…子どものころ大好きだったあの絵本に癒されよう

懐かしい…子どものころ大好きだったあの絵本に癒されよう

幼かったころ、お母さんやお父さんに読んでもらった絵本、大好きで何度も何度も読み返した絵本――。そんな絵本の思い出って誰にでもあるはず。そこで、忙しすぎて忘れていたあのころの気持ちを思い出させてくれるような絵本をピックアップしてみました。大人になった今だからこそ読み返して、ほっこり癒されてみませんか。


ぐりとぐら

仲良しでお料理と食べることが大好きな双子の野ねずみ、ぐりとぐら。森で大きな卵を見つけたぐりとぐらは、カステラを作ることに。でも、卵が大きすぎて運べないため、フライパンを森に持ってきて料理をします。

すると、その甘い匂いに誘われて森の動物たちも集まってきて、みんなでおいしく食べました。当時、カステラといえば、四角くカットされたものしか見たことがなかったので、まあるくて大きなカステラは本当においしそうで憧れたものでした。

シンプルな絵とストーリーなので、カステラの印象がより強く残るのかも。そして、大きな動物から小さな生き物まで、一緒に仲良くカステラを食べている絵には、ホント癒されます。なんだか自分もカステラを分けてもらったような、ほっこりした気持ちになります。

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

¥ 864

ちびくろサンボ

アラフォーにはおなじみ。ほとんどの人が知っているのではというくらい、子どもたちに親しまれた絵本。サンボという黒人の男の子が、お父さんとお母さんに買ってもらった服や靴、傘を持って散歩に出かけます。途中でトラたちに出くわして食べられそうになったサンボは、大切な服や靴、傘を次々にわたして逃げようとします。

トラたちはそれらを奪い合い、木の周りをグルグル回り始めます。最後にとうとうトラたちは溶けてバターになってしまうのです。そして、サンボはそのバターでホットケーキを焼いて食べます。「トラたちがグルグル回ってバターになる」という場面を描いた絵が、今でも印象に残っているという人も多いはず。

実は、この絵本は人種差別などの問題から、日本では1988年に絶版に。しかし、復刊を望む声も多く、ついに実現しました(タイトルは『ちびくろ・さんぼ』)。今、あらためて読んでみても「トラたちがグルグル回ってバターになる」シーンは鮮烈。ホットケーキもおいしそう!

ちびくろ・さんぼ

¥ 1,080

100万回生きたねこ

100万回生きて、100万回死んだ猫――。100万人の人がその猫を可愛がり、猫が死んだときは100万人が悲しみました。あるとき、猫は生まれ変わって野良猫に。そこで、自分のことしか好きではなかった猫が、初めてキレイな白いメス猫に恋をします。やがて、2匹には子どもが生まれ、メス猫は年老いて死んでしまいます。

自分が100万回死んでもちっとも悲しくなかった猫は、初めて涙を流します。それから、その猫も死に、今度は生き返りませんでした。人を愛することは幸せなことだと教えてくれる絵本です。でも、子どものときはそこまで理解できませんでした。ただ、シマシマのえらそうな顔をした猫が王様、船乗り、どろぼう、おばあさあん、女の子など、いろいろな飼い主に飼われるという、その変化を楽しんでいたような気がします。今なら、絵本に込められた深~い意味がわかって、子どものころと違った感動を覚えるはず。

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

¥ 1,512

かいじゅうたちのいるところ

この絵本は私の弟のものでした。ある日弟と一緒に見ていて、ちょっと恐ろしげな怪獣たちにすっかり魅せられてしまったことを覚えています。

主人公の少年・マックスは、ある日、オオカミのきぐるみを着て暴れ、罰として夕ご飯抜きで寝室に閉じ込められます。すると、木が生えてきて寝室が森になり、やって来た船に乗り込んで「かいじゅうたちのいるところ」へ着きます。

そこでマックスは怪獣たちの王様になって一緒に踊ったりと、しばらくは楽しく過ごしますが、さびしくなったマックスは再び船に乗り、自分の家に帰ります。そこには温かい夕ご飯が待っていました。ぎょろっとした目の個性的な怪獣たちが踊るシーンがとっても印象的。この絵本は、かつてオバマ前アメリカ大統領がホワイトハウスのイベントで、招待客の前で読み聞かせたことでも有名です。

2009年にはスパイク・ジョーンズ監督で実写映画化もされた世界中で愛されている名絵本です。

かいじゅうたちのいるところ

¥ 1,512

かさじぞう

有名な日本昔話のひとつ。雪深い地方に住む貧しい老夫婦は、新年を迎えるためのお餅さえ買えません。そこで、おじいさんは笠を作って売りに行きますが、ひとつも売れませんでした。しかたなく帰る途中、6体のお地蔵さんの頭に雪が積もっているのを見かけ、売り物の笠と自分の笠をかぶせてあげます。

するとその夜、お地蔵さんたちが食べ物や宝物を持ってきてくれました。よい行いに対して恩返しを受けるという、昔話の定番パターンともいえるお話。いろいろな版が出ていて、『かさこじぞう』というタイトルの場合も。

雪の情景が郷愁を誘い、心優しい老夫婦のおだやかな表情に癒されます。悪者は一人も登場せず、まるで雪がすべてを包み込むように静かに時が流れていく様子は、日々の喧騒や慌ただしさを忘れさせてくれます。

かさじぞう

¥ 972



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ワインとおいしいもの大好き!毎日の生活をちょっと楽しくしてくれる情報をキャッチして発信していきま~す。

関連する投稿


【エモまと】理由もなく憂鬱…あるあるある。みんなある

【エモまと】理由もなく憂鬱…あるあるある。みんなある

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。Bramanoliで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。Bramanoliの記事を読んで、満たされてくださいね。


将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

年を重ねることに不安を抱いたら、人生の大先輩たちの暮らしや思想を参考にしてみませんか。かつて、さんまさんと共演して人気になった登紀子ばぁば、「ときをためる暮らし」の本で話題になり映画化もされた津端ご夫妻、料理家小林カツ代さん、世界のガーデナーが憧れるターシャ・テューダさんを紹介します。読めばきっと希望が湧きますよ!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【GU】ワッフルニットワンピースがおしゃれかわいい♡絶対ゲットしたい♪

【GU】ワッフルニットワンピースがおしゃれかわいい♡絶対ゲットしたい♪

GUのワッフルニットワンピースはもうゲットしましたか。 着心地バツグンで可愛くて、お安いなんで嬉しいですよね。 GUの人気承認はすぐに品薄になってしまいますので、お早めのご購入を!


最新医学で“セクシー脳”は蘇るのか⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#20】

最新医学で“セクシー脳”は蘇るのか⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#20】

今回は医学的にセクシー脳を蘇らせることはできるのか? というお話。夫婦仲相談所、所長として恋愛・夫婦仲コメンテーターとして多数の講演・テレビ出演、大活躍中の、三松真由美先生に教えていただきます。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

幸せそうな友人家族のSNSなんかを見るたびに嫉妬心が止まらない。ついつい自分の家族と他人の家族を比べてしまう。見なければいいと頭では分かっているけれど…SNSを見るたび気持ちの浮き沈みに疲れてしまう。そんな体験ありませんか?人の幸せに嫉妬することなく、素直に喜べる人になるにはどうしたらいいのでしょうか。ポジティブ心理学の側面から教えていただきます。


【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

昼ドラ『温泉へ行こう』に主演し人気を博した女優の加藤貴子さん。42歳から不妊治療を始め44歳と46歳で出産し、現在2人の男の子のママです。その妊活体験をまとめた『大人の授かりBOOK』(ワニブックス)が出版されました。今回は本に書かれていないアレコレもふくめて加藤さんに根掘り葉掘り聞いてきました。その第二回目です。








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
https://start-sport.com.ua

start-sport.com.ua/boevye-iskusstva/boks/binty

start-sport.com.ua