ネガティブな私… “負のスパイラル”から抜け出して自分を変えるには??【言葉は心の美容液 #6】

ネガティブな私… “負のスパイラル”から抜け出して自分を変えるには??【言葉は心の美容液 #6】

4月は、新しい出会いが増えたり、仕事やプライベートでも節目の時期を迎える人は多いのではないでしょうか。自分が本当にしたいことを棚卸しするのにも絶好の時期ですね。新たな気持ちで動き出せるように、一度あなたの心の奥をのぞいてみてください。


あなたの奥底に眠る怒りや不安を取り除こう♪

『折れない心をつくるたったひとつの習慣』青春出版社刊、植西聰著

他人に言われたことがいつまでも気になってしまう……、そんなことってありますよね? 実はそれは、“性格”の問題だけではないのです。この本を読めば、「へこたれない自分」を掘り起こすヒントが分かります! 口コミで話題になり、45万部を突破した話題作です。
著者プロフィール/植西聰(あきら)。東京都出身。著述家。学習院大学卒業後、資生堂に勤務。独立後、人生論の研究に従事。独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述活動を開始。1995年、「産業カウンセラー」を取得。今までの著作数は300冊を超える。

日本は自分に自信が持てない国民性?

新しい季節となり、より人と接する機会も多い時期となりますね。うれしいことがある一方で、落ち込むことも多々あるでしょう。

「人が何気なく言ったひと言がいつまでも忘れられない……」

そんな風に一度マイナス志向のスパイラルに入ると、そればかりを考えてしまいなかなか抜け出せない、という人も多いのでは? ある程度の経験を経てきて、慎重さや深く考える力を身に付けたアラフォー世代だからこそ、陥ってしまうことと言えるかもしれません。

そんな人たちにこの格言を贈ります。

ある研究所の調査に基づくと、日本では世界的に見ても、自己肯定感の低い人間が育ちやすい場所だという結果が導き出せるのだそう。ですから、私たちがついついマイナス志向になりがちなのは、性格だけの問題ではないようなのです。

だからといって、自分を責めたり、必要以上に落ち込むことを少しでも減らしたいですよね。そこで次の方法を試してみて下さいね。

自ら「マイナス」を引き寄せていませんか?

マイナス・エネルギーの持ち主からとにかく離れる

仕事やプライベートでも、なかなか付き合う人を選べなくなっている、というのが私たちアラフォー世代を取り巻く環境ではないでしょうか? 
そんなあなたにこの格言を贈りたいと思います。
もしも仕事でのお付き合いで飲みに誘われたら、3回に1回はお断りをする。友人に遊びに誘われても、その途中でイヤな気分になったら、「具合が悪い」とか、「仕事の準備がある」、といった適当な理由をつけて、いつもより早く帰るような工夫をしてみて下さい。いっしょにいる時間をとにかく少なくすることです。

類は友を呼ぶと言います。これを機に、人間関係のリストラをしてみるのも一案でしょう。そして、少しでも明るくポジティブに考えられる人といっしょにいる時間を増やしてみると良いでしょう。もしも身近に適当な環境や人がいないのであれば、舞台やライブ、本の世界で理想の世界と接することでも効果があるはずですよ。

「怒り」やイヤな思い出を溜めない

ちょっとしたことにイライラしてしまったり、小さな不満や怒りを抱いてしまうあなた。いろいろな場面で責任の多い役割を任されるアラフォー世代だからこそ、仕方のないことかもしれませんね。

そんなあなたにこの格言を贈ります。そして、ぜひ次からのことを試してみて下さい。
イヤなことや物を文字や絵に表してみましょう。そしてそれをビリビリに破り捨てて下さい。そして、捨てる時に自分の中の想いもきれいさっぱり捨てるイメージで!

このやり方を何度も繰り返せば、確実にイヤな思い出を忘れることができますよ。

捨てないと、新しいものは入ってこない

新年度のこの時期に自宅や職場の片付けをするという人も多いのではないでしょうか? “断捨離”という言葉が叫ばれて久しいですね。断捨離とは、一時的なブームではなく、私たちの生活に定着した感があります。

ですから、そんな私たちに自戒を込めて、この言葉を贈りたいと思います。

アラフォー世代は、人生80年と考えた場合に、人生の折り返し地点です。仕事関係の物などが増えていく一方で、今までに体験した趣味関係のものや、子ども時代のものまで今だに大事に持っているという人も多いでしょう。

しかし、これからの40年はあっという間。判断力や決断力もついている世代ですから、この辺で一度、これからの人生に必要ないと思った物を、きれいさっぱりと整理整頓したのち処分してしまいましょう。
きっと何らかの良い変化が訪れるはずです。

あなただけの理想の地図を作ってみよう

あなたの心の奥底にあった不満や怒りといったマイナスの感情を手放すことができたら、いよいよ本当にやりたいことの棚卸しをしましょう!

最後に、この言葉を贈ります。
あなたのやりたいことや欲しいものを写真などのビジュアルでノートなどに張り付けてみてください。雑誌や広告から切り抜いたものでも良いですね。その時のポイントは、自分の欲望に忠実になること。「こんなことは無理!」などと制限を設けないで下さい。さらに、いつまでに欲しいと期限を書いたり、それを身に付けている情景なども細かく描写して下さい。

そしてそれらを毎日必ず1回は眺めること。そうすることにより、あなたの潜在意識にも深く刻み込まれ、知らず知らずにうちに、そのための行動を起こし始めているはずです。

コラムニスト・ライター・編集 鈴木 晴美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

コラムニスト/編集プロダクション・出版社を経て独立。オシャレが大好きなアラフォー世代。

関連する投稿


【エモまと】私なんて…って自己否定していませんか? ちょっと気分転換しましょう

【エモまと】私なんて…って自己否定していませんか? ちょっと気分転換しましょう

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。Bramanoliで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。Bramanoliの記事を読んで、満たされてくださいね。


あなたの運命がどんどん向上する「言霊」の力 【ライフスタイル“美”メソッド #3】

あなたの運命がどんどん向上する「言霊」の力 【ライフスタイル“美”メソッド #3】

こんにちは。モデルで美姿勢トレーナーの栗本奈央です。今回は言葉、“言霊”の大切さについてご紹介したいと思います。物事には必ず、良い面と悪い面があると私は思っています。良い面に光をあてて、良い言葉に変換することで、物事が良い方向に変わっていく。そんな私の思考をご紹介し、皆さんがよりよく生きるヒントになればと思います。


美しく洗練された女性に共通する3つのこと【忙しいのになぜか優雅に見える仕事術 #2】

美しく洗練された女性に共通する3つのこと【忙しいのになぜか優雅に見える仕事術 #2】

忙しいのになぜか優雅でいつも笑顔な人、そんな女性は同性からも異性からも一目置かれるはず。そこでそういう女性に共通している考え方や習慣、行動についてじっくり解き明かし、優雅に見えるコツやヒントをお届けします。早速試して憧れられる存在になりましょう♪


運と友達になろう♪ 人生を変える小さな一歩を踏み出す方法 【言葉は心の美容液#04】

運と友達になろう♪ 人生を変える小さな一歩を踏み出す方法 【言葉は心の美容液#04】

梅も咲き春を感じ始める今日この頃。たくさんの人が入学や入社などのあたらしいスタートをきる季節に、何かにチャレンジしようと思いつつ、実際には考えているだけでなかなか始めることができない人も多いのではないでしょうか。思っているだけではなく実践する! そのコツを今回も植西聰の著書からひもといていきましょう。


自分らしく♪ ネガティブ思考を治して気持ちのいい毎日を過ごす方法【アラフォーからの自分らしく生きるコツ#3】

自分らしく♪ ネガティブ思考を治して気持ちのいい毎日を過ごす方法【アラフォーからの自分らしく生きるコツ#3】

いつもなんだかネガティブになってしまう。ついつい、「私なんて」と思ってしまう。嫌だと言えず「いいよ」と答えてしまう。本当は大好きなのに「嫌い!」と言ってしまう。ついつい心と裏腹のことを発言したり、行動したりする自分にほとほと嫌気がさしているあなたへ。ネガティブ思考をやめて気持ち良く暮らすにはどうしたらいいのでしょう?


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦の究極のコミュニケーションは“セックス”。一体それはなぜなのか?なぜセックスをしていると夫婦関係が良好になるのか。セックスレスではなくセックスがある方がいい理由とは?これまで数万組の夫婦の悩みに答えてきた、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんが解説してくれます。


更年期あるある「動悸・息切れ」の予防や改善、対策方法 【更年期は人生が輝くチャンス #44】

更年期あるある「動悸・息切れ」の予防や改善、対策方法 【更年期は人生が輝くチャンス #44】

その動悸・息切れ更年期かもしれません!最近、階段を上るだけでも息切れがする…そんな症状にお悩みなら更年期を疑うべき?更年期の専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに動悸・息切れが更年期にどう関係があるのか、どうしたら改善するのか対処法も教えていただきました。


家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。4月前半の運勢のポイントを要チェックです。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
коррекция бровей киев

вечерний макияж

Лечение аденомы