老眼には “気” を補い “肝” の働きを高める「ニンジン」【薬膳‘美’食材 #4】

老眼には “気” を補い “肝” の働きを高める「ニンジン」【薬膳‘美’食材 #4】

45歳前後で自覚症状が出始める「老眼」。完全に予防するのは無理と言われていますが、目のエイジングケアをすることで進行を遅らせることは可能です。ポイントは“肝”の働きを高めること。そこでおすすめの薬膳‘美’食材が「ニンジン」。細かな文字に目を細めてしまう…とならないためにも、ニンジンを食べて“アンチ老眼”しましょう!


ニンジンは目や呼吸器、肌など体の粘膜を強めてくれる‘美’食材

薬膳では、“肝”の働きを高め、“気”を補ってくれるといわれている「ニンジン」。栄養学的にはニンジンに豊富に含まれているβカロテンが粘膜に働きかけ、疲れ目や視力低下の予防など、目の機能をキープしてくれるといわれ、アンチ老眼に効果のある野菜ということになっています。

老眼は字の如く、眼の老化現象。薬膳的には、“肝”の働きが鈍ってくることで血流が悪くなるため起こる現象のひとつです。そこでおすすめなのが、肝機能を高めてくれるニンジンというわけです。

薬膳でいう“肝”は、単純に肝臓のことだけを言っているのではなく、「気=エネルギー」や「血の流れ」と深い関りがあり、肝機能だけでなく“気”まで補ってくれるニンジンは、まさに“アンチ老眼の救世主”。しかも、目だけでなく呼吸器や肌の粘膜も強めてくれるのですから、お肌のコンディションが気になるアラフォー女性にとっては心強い味方といえるのではないでしょうか。

豊富に含まれるβカロテンはガンや認知症の予防にも効果的

ニンジンの旬は年に2回。春と冬と言われていますが、日本国中で栽培されているため、「春夏」「秋」「冬」の3回だともされています。北海道で育ったニンジンが一番、次は千葉県産のものが多く出回っていて、他の都道府県を大きく引き離しているそうです。

ニンジンのオレンジは料理の彩に華を添えてくれますが、ニンジンが嫌いな方もいらっしゃいますよね。あの色鮮やかなオレンジは“βカロテン”のなせる業。英語名の「キャロット」がカロテンから由来しているほど、豊富に含まれているといえます。

βカロテンはご存知の方も多いと思いますが、抗酸化力に優れているため、ガンを抑制する効果や認知症の予防効果もあると期待されている成分なんです。

40代は人生の節目の年代だけに、体のあちこちで不具合が生じやすく、ガンや認知症の兆しが見え始める年代でもあります。ですので、日頃からニンジンのようにβカロテンの豊富なお野菜を食べる習慣をつけておくことが大切になります。

ニンジンは油で炒めたり揚げたりして食べよう!

ニンジンを料理する際に注意が必要なこと。本来は、穏やかに体に作用する「平」の性質を持つものの、生で食べるとやや体を冷やす「涼」の作用が強くなります。ダイエットやデトックスに効果のあるスムージーやジュースなども、冷え性の方はニンジンを入れないようにするか常飲しないようにしましょう。

「生で食べるとニンジンに含まれるアスコルビナーゼ(アスコルビン酸酸化酵素)が、一緒に食べる野菜などのビタミンCを破壊する」という説もありますが、通常の調理過程ではほとんど影響がないという実験結果もありますので心配しなくても大丈夫です。

ただし、ビタミンCは水溶性なので「茹でる」「煮る」ことで、ビタミンCが減少してしまうのは事実なので、煮るのであればシチューやお鍋のように、汁に溶け出たビタミンCごと食べられるレシピがおすすめ。

また、きんぴらやかき揚げのように、油で「炒める」「揚げる」調理法であれば、βカロテンの吸収も良くなり、ビタミンCの減少も抑えられますので、一石二鳥ですね。

いかがでしたでしょうか?  ニンジンはアラフォー女性が積極的に摂りたい野菜のひとつとお分かりいただけましたでしょうか。ぜひ美味しくたべてアンチ老眼してくださいね。

薬膳アドバイザー 川端真弓



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

薬膳アドバイザー・風土ライター/食にまつわるコラムや薬膳レシピを提供しつつ、コーチとして心の栄養を注ぐコーチング活動も展開中。

関連する投稿


40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

「忘れないようにと書いたメモの行方が分からない」「うっかりミスが増えた」「一体私はこの部屋に、何を取りに来たんだっけ?」。そんな経験はありませんか? 実は、「記憶力の低下」や「もの忘れ」は、女性ホルモンの低下によって増加することがわかっています。今回は、更年期によくあるこれらの症状について、予防・改善するトレーニング方法をお伝えします!


手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

冬の乾燥が気になるのは、お顔だけではないですよね。手荒れも冬になると悩まされるトラブルの一つです。家事や仕事に忙しいアラフォー女性、手は人前に出す事も多いだけに、きちんとケアしておきたいですね。スキンケアアドバイザーの松瀬さんにスペシャルケア方法などについてお話いただきました。


40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

誰にでも起こる「老眼」。近くが見えづらくなったと思い、遠ざけたら見えた…やっぱり老眼か!というショックもさることながら、見えにくさは目の疲れにもつながります。そこで、今回は、今すぐできる目の疲れをとるケア方法をご紹介します。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#6】

美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#6】

一年中しっかり日焼け止め対策をしている優秀なアラフォー女性も多いと思いますが、実は季節や場所によって使い分けた方がいいってご存知ですか? 漫然と同じ日焼け止めをつけていればいい…という簡単はものではないようです。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【5月27日(月)~6月2日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月27日(月)~6月2日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

昔、酒店の店先に立ちながら酒を飲むことを「角打ち」といい、北九州発祥といわれてます。現在でもこの形式で飲める酒店があり、東神奈川にある昭和9年創業の「三国屋酒店」もその1つ。現在も、店内で販売されている酒や手作り料理を座りながら楽しむことができます。アットホームな雰囲気で、女性客が気軽に飲むことができます。


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
cooler shock

orca tumblers

extra large styrofoam coolers