出会いは〇〇〇にある!アラフォー女に捧ぐ戦略的恋愛術【神崎桃子の恋愛指南 #2】

出会いは〇〇〇にある!アラフォー女に捧ぐ戦略的恋愛術【神崎桃子の恋愛指南 #2】

「アラフォー女の恋愛市場はいったいどこに!?」 アラフォー女性の恋のきっかけについて、見極め力&情報収集力が要すらしいその実情を、婚活セミナー講師も務める恋愛コラムニストの神崎桃子さんの大人気連載 第二回目でお届けします。


アラフォー女に出会いがあるのはドラマの中だけ……

「●●ちゃん、仕事終わったら飲み行こうよ」
「今度の金曜、合コンするから空けといて」
「キミに紹介したい男性がいるんだけど……」

こんなお誘いがかかっていたのはいつの事だろうか?

今となっては独身男性が主催する飲み会はもちろん、合コンの“人数合わせ”にさえ誘われない。

気がつくと“男との接点”といえば、取引先のお偉いさんだとか、部長や課長ぐらいなもん。自分の部下や若手男性社員は「仕事ができる憧れのセンパイ」な~んて言ってくれるものの本当は私のこと怖がってるんだろうなぁ。

その証拠に冗談でも口説いてこないもんね。酔った勢いで言ってみろってんだ。この腰抜けどもがっ。

……じゃ、私にはもう出会いはないの? 私に恋のチャンスはないの??

――いやいやある。そこはSNSの世界である。

アラフォー女が出会いを求めるなら断然SNS

婚活系で出会いを求めるのはガチ過ぎるし、もっとラフな出会いがしたい。しかもうまくいくかどうかもわからないのに金を出すのも癪に障る……なんて人も多いのでは?

その点SNSなら気軽!なんたって入会金も月会費もゼロ!……なのに“出会いの宝庫”とくればココを利用しない手はない。

SNSといえばTwitter、インスタ、LINEなどあるが、ここでオススメのツールは40代以上の利用者が多いFBだろう。実際私の知り合いにもFBから繋がって恋愛に発展したとか、“友達のその友達”に気に入られたというケースは多数。

FB は画像と文字をバランスよく見せられるのが利点。写真がメインでも簡単な“つぶやき”だけでもない大人女子の投稿ができる。

文章(言葉)を巧みに使って自分を表現することは若い子にはなかなかできない。
あなたの発する言葉や思いにはあなたの人間性と魅力が顕著にあらわれる。投稿から醸し出される雰囲気に惹きつけられる男性がきっと出てくるはずだ。

気を引くための盛りすぎには注意

ただし注意点がある。つい自分をよく見せようとするあまりにアピールすぎてしまうこと。

社会に揉まれてきたアラフォー女ともなれば言って良いことと悪いことの分別はついているだろう。愚痴、悪口、批判、ネガティブな発言やメンヘラポエムなど無論書かないだろうが、そんな“負の投稿”でなく“プラスすぎる投稿”をしてしまうことがある。

“暇な女と思われると恥ずかしい”“充実系女子でなければモテない”とばかりにやりすぎてしまうのだ。

例えば、流行りのお店や高そうなレストランでの食事の投稿、ネイル・ファッション・自分磨きに余念がない姿……などなど。そんなセレブぶりっ子、リア充ぶりっ子の投稿は度が過ぎると鼻につく。

盛りすぎた女に男が魅力的に感じることなどない!

気を引くための美魔女気取りは危険!

一般人は芸能人やモデルとは違う。そこをはき違えてはならない。

アラフォー女の魅力をみせつけようとお色気ポーズや露出された服装のサービスショットの自撮り投稿は浅はかというもの。

勘違いのセクシー熟女に“良識を持った男性”など寄ってこない。
そこで喜び勇んでやたら友達申請しまくってるのはエロオヤヂ達だけ。

マトモな男なら「この女性のことがもっと知りたい!」と興味を掻き立てられることなどない。

セクシーさと下品は紙一重、なのである。

アラフォーの出会いは「情報収集力」にかかっている

大人の女が良質な案件に出会うためには情報収集を怠ってはならない。

「いいね」や友達申請してくる男性の基本データや友人関係、タイムラインの投稿内容、コメントのやりとりはしっかりチェックし分析すべし。

またFBでのイベント情報をうまく活用しよう。飲み会や異業種交流会に参加するも良し、同じ趣味を持つ人のグループを探し出すのもいいだろう。

ろくにリサーチしないで出会いばかり漁ってると必ず痛い目に遭う。

観察力と節度を持っているアラフォー女にこそいい出会いがあるのだ。

体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

会ってもセックスだけなんて寂しい…彼の気持ちがわからない、遊ばれてるだけ?アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


バレンタインは面倒!なんて言わずに… アラフォーもチョコで恋を実らせよう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

バレンタインは面倒!なんて言わずに… アラフォーもチョコで恋を実らせよう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

いよいよこの時期がやってきました!そう、バレンタインデーです。「もう年だしバレンタインデーなんて面倒」と思っているあなた、もったいない!この手のイベントは積極的に利用しましょう!ではアラフォーはどんなチョコをプレゼントしたらいいのでしょうか?気になる彼氏未満の男性には何円ぐらいのチョコを上げたらいいのか迷っている方はぜひ読んで参考にしてください。


平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #36】

平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #36】

27歳の女性は婚活市場で最強だ。しかしそれは「若さ」だけが理由ではない。婚活という言葉が生まれたのは今から10年前。街コン、相席屋などのサービスに学生時代から触れている彼らは、出会いがないからサービスを使うわけではなく、便利だから使うのです。アラフォー男性も27歳女性を狙います。ライバルの特徴を知りましょう。


【Bramanoli 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

【Bramanoli 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

年始特別企画! 2019年 元旦の特集はアラフォー女性が今年こそ始めたいことをまとめてみました。家族との関係や自分のケアなど、大人の今から始めたいと思っていることとは?さぁ、あなたのやってみたいことはどんなことですか?


アラフォーで結婚した人が “見直した条件” とは?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #33】

アラフォーで結婚した人が “見直した条件” とは?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #33】

ご結婚されたアラフォーの方々のお話を聞くと「昔の私ならば絶対に選ばない男性と結婚しました。見落とさなくてよかった」なんてことをよく聞くのです。 以前は「ナシ」にしていたけれど、彼のことを知っていくうちにいい人だと思えてきたというのです。かつてならば「ナシ」にしていたのはいったいどんな理由からなのでしょうか?


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

おみせ支援マスターとして数々のお店を盛り上げているベテラン支援マスターの三浦桜子さん。そんな三浦さんが最近活動しているエリアはおしゃれなカフェやカジュアル居酒屋が駅前に立ち並ぶ “赤羽”。今回は三浦さんと、三浦さんの紹介でサービスを導入された「大衆ビストロ Lit」の店主 高野翔さんのお二人にお話を聞きました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
dekorde.com

start-sport.com.ua/obuv/krossovki/krossovki-dlja-basketbola

baden-medservice.com/uslugi-i-ceny/transportnye-uslugi/