高品質ハーブがやさしくスッキリ便を押し出す! ベクニスで便秘解消

高品質ハーブがやさしくスッキリ便を押し出す! ベクニスで便秘解消

飲んだ翌日にはするする便が出てくるのに、痛みが少なく、クセになりにくい。そんな便秘薬が…ありました! Bramanoli世代よりさらに目が肥えていて、効果・品質・使い心地にこだわる年配女性が手放さない便秘薬「ベクニス」。その魅力と効果のワケをメーカー直撃で徹底解剖します。


「覚悟のいらない便秘薬」。働く女性もこれなら安心!

頑固な便秘を解決するには、ある程度、痛みと戦う覚悟が必要。何度も便秘薬のお世話になった女性の中には、「錠剤の数を増やしたために明け方からベッドとトイレを往復するはめになった…」という経験を持つ人もいるのではないでしょうか?

しかしこれではスッキリどころか仕事にも影響しそうだし、休日前にしか使えません。そもそも、どうして便秘薬はクセになってしまうんでしょう?その理由を近江兄弟社のTさんに伺いました。

「理由は刺激性便秘薬に多く使われるビサコジルという成分です。これは、結腸と直腸粘膜の副交感神経を直接刺激してぜんどう運動を促す働きがある反面、習慣性があるんです」 

そこに着目して開発されたのが、生薬を使った「ベクニス」でした。

「ベクニスは、天然の植物・センナを100%使ったハーブティーと、センナ末・センナ実末に少量のビサコジルを加えた錠剤タイプを用意。いずれも常習性が少ないのが特徴で、しっかり出るのに痛くなりにくいから、週の半ばでも安心して使えるんです」

出したい時にすぐ使えて、翌日に響かない。仕事に育児に忙しいBramanoli世代に、これはぴったりの便秘薬かも!

そのまま飲むものだから、無農薬・有機栽培のセンナを使用

ベクニス=センナのハーブティー。つまり、葉っぱをそのまま煮出して飲むわけですが、あまりなじみがない植物だけに、使われているセンナがどんなものか気になりますよね。そこで、ベクニスに使われているセンナについても、どこでどのように栽培されているのかなど聞いてみました。

「ベクニスの原料に使用されているセンナは、気候・風土が最適なインドの農場で、ドイツのローハ社が管理栽培しています。仰るとおり、葉っぱを直接煮出すものですから、無農薬・有機栽培にこだわっています。さらに、医者もスタッフに加わって常に品質チェックを行っているんですよ」

無農薬・有機栽培は安心安全の嬉しいポイントですよね。しかもお医者さんも品質チェックをしてくれているなら、グッと信頼度が上がります。もちろん、錠剤タイプの「ベクニスドラッジェ」に使われるのもこのセンナだそうです。

「センノシド」の抽出量が違う! オリジナル技術の「ダイヤカット」がスゴイ

ベクニス独自の技術・ダイヤカット

センナ茶やセンナ末を使った便秘薬は世にいろいろ出回っていますが「ベクニス」を支持する層に、品質重視の50代以上の女性が多いのも気になるポイントです。ベクニスとほかのセンナ茶、何が違うんでしょう?

「ベクニスのセンナ葉は、独自の技術・ダイヤカットに加工しています。普通、センナのお茶は揉み機で揉んだものが多いのですが、ベクニスセンナ葉は菱形に裁断することで、4つの最断面から必要成分が早く浸出するようにしているんです。また、専用農園でしっかり品質管理をして栽培された上質なセンナ葉を使用しているため、えぐみや苦味が少なく、香りが良くておいしいお茶に仕上がるのも人気の理由でしょうね」

確かに、お茶葉一枚一枚が、細かくカットされているのが見て分かります。実際、抽出も早く、水に浸けただけでもあっという間に水が琥珀色に変わりました。

15分以上煮出すのが正しい使用方法ですが、あまり強く効かせたくない人は水出しや、熱湯を注いで時間をおくだけで飲んでもOK。ハーブティー感覚の手軽さがいいですね。

頑固な便秘の人にはビサコジル入りの「ベクニスドラッジェ」がおすすめ

ハーブティータイプが人気のベクニスですが、酷い便秘の人や、センナの味がどうしても苦手という人には錠剤タイプの「ベクニスドラッジェ」がおすすめだそう。でも、どうしてハーブティーより効き目があるんでしょうか?

「ベクニスドラッジェには、センナ末、センナ実末に、ビサコジルも加えています」

ビサコジル! 冒頭で、「ぜんどう運動を促す働きがある反面、習慣性がある」というお話が出ていましたが…?

「そうですね。ただ、ベクニスドラッジェは、ビサコジルだけの便秘薬よりも服用量が少なくて効くように処方しているため、少量で効果があり、習慣性がつきにくいんですよ。また、胃で溶けずに腸で溶けるよう加工しているから、就寝前に飲めば翌朝には効き目が現れます」

なるほど! それなら「どうしても」の時の切り札に、安心して使えそう。 便秘の症状によって、ハーブティーと錠剤を使い分けられるし、ハーブティーは抽出濃度で調整もできるから、カラダに合った便秘解消ができるのはとてもうれしいですね。

じつは、取材時にもらったサンプルで一足先に「スッキリ」体験をした筆者です。本当に痛みが少ないし、即効性もあり、今まで飲んだセンナ茶の中ではダントツで飲みやすかったのですが…その理由が分かってさらにスッキリ(笑)

いつもの便秘薬が効かなくなった、仕事に響くから週末しか便秘薬が飲めないという人、ぜひ一度お試しあれ!


▶商品に関するお問合せ:

【関連記事】ぽっこりお腹や肌荒れに直結!にっくき「便秘」の原因と対処法は?

http://bramanoli.info/articles/518

女性の多くが悩まされているであろう便秘。長引くとお腹がぽっこり張るうえに、酷い時には頭痛や肩凝り、肌荒れなどを伴うことも…。運動量が減ったり、仕事の第一線でバリバリ活躍したりというライフスタイルになりやすいアラフォー女性は、じつは便秘になりやすいのです。そのメカニズムと対処法を知って、スッキリライフを目指しましょう♪

【関連記事】便秘に即効!ヨーロッパで古来から愛飲されている「センナ」って?

http://bramanoli.info/articles/517

「センナ」といえば、便秘に効くハーブとして有名。「センナ茶」など、名前くらいは聞いたことがある!という人も多いのではないでしょうか。でも、センナって、どんな植物なの? なぜ便秘に効くの? その歴史と効能を紐解いてみましょう。

【関連記事】症状別 便秘薬の選び方 ちゃんと「最適」を選ぼう!

http://bramanoli.info/articles/544

薬局に行けば、便秘薬のコーナーにはいろいろな薬がズラリ! ついついCMで目につくものを手に取ってしまいがちだけど、じつは便秘薬にも「得意分野」があるんです。今回は、便秘の症状に合わせた「便秘薬の選び方」を伝授します♪