今更聞けない!スパークリングワインとシャンパンの違いとは

今更聞けない!スパークリングワインとシャンパンの違いとは

きれいな泡が出てくる泡のワインは、お祝いの席にふさわしいもの。女子会などにもぴったりです。ただ、一口に「泡のワイン」といっても、「スパークリングワイン」と「シャンパン」があります。どっちがどっちかわからない!という人も多いのではないでしょうか?今回は、今さら人に聞けないこんな疑問を解きほぐしていきます。


スパークリングワインとは

スパークリングワインとは、「発泡性のあるワイン全体」を指します。ちなみに、3気圧以上のものがこの名前で呼ばれることが多いのだそうです。

「スパークリングワインは白色」という印象が強い、という人もいるでしょう。しかし実は、スパークリングワインに使われているブドウの品種には特に制限はありません。そのため、ロゼのスパークリングワインもあります。また、市場ではあまり目にすることがないのですが、赤のスパークリングワインもあります。赤のスパークリングワインはなかなかお店で見ることはできませんが、通販やお店などで見かけたら飲んでみるのもよいかもしれません。赤ワインは常温で飲むことも多いのですが、赤のスパークリングワインは冷やされて出されることも多いようです。

シャンパンの条件

では、「シャンパン」とは何を言うのでしょうか。

実はシャンパンは、スパークリングワインのなかの一種類です。「スパークリングワイン」という大きなくくりのなかにシャンパンが入っているのです。

「シャンパン」という名称を名乗ることが許されているのは、スパークリングワインのなかでも限られたワインだけです。これは
・フランスのシャンパーニュ地方で生まれていて
・度数が11パーセントを超えるものであり
・7種類の品種(シャルドネなど)だけから作られているものであり
・定められた方式で作られたもの
という条件を守らなければなりません。

これを守っていないものは「シャンパン」とは名乗れません。また、この条件を守ったものが「シャンパン以外の表記」をすることも許されていません。

スパークリングワインにする?シャンパンにする?

スパークリングワインとシャンパンの違いについて見てきましたが、どちらの方が品質として優れているのでしょうか。

実はこれには答えがありません。
シャンパンはスパークリングワインよりも知名度が高く、価格も高めに設定されていることが多いと言えます。「シャンパンを楽しんでいる」ということ自体がテンションをあげてくれるため、お祝いの席などではシャンパンを用いるのもよいでしょう。

シャンパンではない発泡ワインのなかには、地方こそ違うものの、ほかの3条件を満たしたものもたくさんあります。スパークリングワインの方がシャンパンより味わいに優れているものも多く、コストパフォーマンスが良いという特徴があります。気楽な飲み会などならスパークリングワインでも良いでしょう。

発泡ワインのまとめ

「シャンパン」は4つの条件を満たした、特別なスパークリングワインとでもいうべきものです。そのため、知名度や雰囲気を重視する飲み会であるのなら、シャンパンをチョイスする方がよいでしょう。

ただ、それ以外の発泡酒なかにはシャンパンと同じような作り方をしているものも多く、味がよいものもそろっています。コストパフォーマンスを重視するのであれば、こちらを選んでもよいでしょう。

シャンパンと、それ以外の発泡ワインは、「どちらかが優れている」と言えるものではありません。場面やゲストによって変わるものです。味を重視するのか、価格を重視するのか、知名度を重視するのか……それによって、「選ぶべき発泡ワイン」は変わってくると言えるでしょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


和包丁・洋包丁・三徳包丁… 意外と知らない包丁の種類と使い分け

和包丁・洋包丁・三徳包丁… 意外と知らない包丁の種類と使い分け

料理をするとき欠かせないのが、そう、包丁。「そんなこといっても、三徳包丁1本あれば十分でしょ?」という方がほとんどかと思いますが、包丁の世界は実に魅惑的! 包丁の種類を知って、用途に合った使い分けをすると、効率よく、美しく調理できるようになります。包丁を知ることで、あなたの料理もワンランクアップ!


キャラクターに心癒されながら飲める洋風居酒屋「遊食家 Boo」【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #3】

キャラクターに心癒されながら飲める洋風居酒屋「遊食家 Boo」【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #3】

職人の街・2k540-OKA ARTISANに、「食べて飲んで遊べる楽しい家」をコンセプトにバール×居酒屋を組み合わせた「遊食家 Boo」があるのをご存知ですか? 雰囲気よし! 味よし! コスパよし! で、女性ひとりでも心置きなく楽しむことができます。


欧米で大注目の暮らし方 “Hygge(ヒュッゲ)”なライフスタイルとは?

欧米で大注目の暮らし方 “Hygge(ヒュッゲ)”なライフスタイルとは?

”Hygge” この言葉を見たことがありますか? 欧米では数年前から流行りはじめ一気に普及した、あるライフスタイルを指す言葉です。 デンマーク語で、広くは「心地よい生活」といった意味の”Hygge”(ヒュゲ、ヒュッゲ)。いまこの”Hygge”が日本でも注目を集め始めています。


ピクニックに大活躍間違いなしのワインバッグ  “ワインキャンディー”

ピクニックに大活躍間違いなしのワインバッグ “ワインキャンディー”

気持ちの良い気候に誘われて、 お出掛けが楽しくなる初夏!家族や友だとピクニックやホームパーティーを計画中の方にピッタリなOrox Leatherのワインキャディーをご紹介します。こんなワインキャディで持っていけばチープワインもグンッと価値が上がること間違いなしです♡


お家でゆっくり飲みたい♡安くて美味しい”うちパ”用 スパークリングワイン

お家でゆっくり飲みたい♡安くて美味しい”うちパ”用 スパークリングワイン

クリスマス、年末年始、お家でパーティー”うちパ”をされる方も多いのでは?そんな素敵な時間を盛り上げてくれるのが「泡」=スパークリングワインです。シュワシュワの輝く泡で乾杯★できればおいしくて安いのがうれしいですよね。今日は安くて美味しいスパークリングワインをご紹介します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


「いつか結婚はしたい」と祈るだけ 運命の人を信じて待つラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #23】

「いつか結婚はしたい」と祈るだけ 運命の人を信じて待つラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #23】

いつか結婚したいけれど、男性と出会う機会をつくろうとしないままアラフォーになった女性達。理由を探っていくと「婚活するのはガツガツしていてイタイって思われそう」「この年で婚歴ナシって何かあるっておもわれそう」と周りを気にしてばかり。自分のことなのに周りにばかり振り回される自分の軸がない女性達の実態と打開策をまとめました。


宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

夫が浮気…ショックですよね。復讐したくなる気持ちすごくわかります。ですが、本当にそれでいい結果を生むのでしょうか?人生はまだまだ続きます。自分の本当の気持ちに向き合って、いい人生を歩むにはどうしたらいいか、お話したいと思います。


嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

あれこれと家庭のことに口を出しては、干渉してくる姑。何とかしたいと思っても、角が立つことを考えると強いことは言いにくいですよね。こんなときこそ夫を頼りたいのに、我関せずの夫は何もしてくれない……。夫の無関心を止めるには、協力が必要という意識を持たせることが必要です。嫁姑問題に夫を向き合わせる方法についてお話します。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング