【アラフォー必見】シミ対策化粧品の効果的な使い方を大公開!

【アラフォー必見】シミ対策化粧品の効果的な使い方を大公開!

化粧水、美容液、乳液…シミを消す手助けをしてくれる化粧品は様々。色々ありすぎて、どれを使ったらいいか、またどんな使い方をしたら効果を最大限に生かせるのか。シミが気になるアラフォー世代におすすめの、シミ対策化粧品の効果的な使い方をご紹介します。


シミ対策用スキンケア化粧品の種類

シミ対策用のスキンケア化粧品は、クレンジングから、クリームまでメーカーによって様々。
実際どれを使えばいいのかわからない。という方も多いのではないでしょうか。

シミを消したい人におすすめの化粧品は以下の通りです。

・クレンジング(低刺激タイプ)
・洗顔(ピーリング効果のあるもの)
・化粧水(ビタミンC誘導体や美白成分の含まれているもの)
・美容液(成分の浸透力が高いもの)
・乳液(保湿効果のあるもの)
・クリーム(トレチノイン、ハイドロキノンなどが含まれているもの)

もちろん、美容クリニックへ行ってフォトフェイシャルやレーザー治療を受ければシミの除去は早くできますが、高額で続けていかなければいけないというデメリットもあります。

出来ればこうしたアイテムを日常的に使用することでシミのない、大人のなめらか肌を目指したいですよね!

シミは化粧品で消えるの?

いろいろなアイテムを使ってはいるけど、シミが一向に消えない・・・と悩んでいる方も多いと思います。そもそも、シミって化粧品で消えるものなの?と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アラフォー世代は、20代、30代の頃にはなかったようなシミが、ぽつぽつと目立ち始めます。そして、そのシミは、徐々に濃くなり目立つように。
気が付くと「え!?こんなところにこんな大きなシミが!」と驚くこともありますよね。

そうなってくると、普段のケアだけで、シミを消したり薄くしたりするのはなかなか難しくなってきますが、何もしないで放っておくと、どんどん増える一方。

シミには種類がありその種類によって、消やすいシミ、消えづらいシミがありますので、シミの種類に合わせてケアすることをおすすめします。


▼消えやすいシミ・・・炎症性色素沈着、老人性色素沈着
 →化粧品でケアすると薄くなる可能性がある

▼消えづらいシミ・・・肝斑、そばかす
 →飲み薬などで体の中からケアする

シミの種類に合わせて、上手にケアしていきましょう!

シミを消すクレンジング、洗顔の効果的な使い方

シミを薄くしたいときにおすすめのクレンジングや洗顔は、次のようなものがお勧めです。

▼クレンジング・・・お肌への負担が少ないもの。
クレンジングは、メイクをしっかり落とすことが目的で作られているので、強い洗浄力や、界面活性剤の種類や量によっては、お肌の負担が高くなってしまうことがあります。
アラフォーになってシミが濃くなっていく理由に、お肌のターンオーバーの低下が大きくかかわっています。お肌に負担がかかるとターンオーバーにも影響してしまいますので、出来るだけ成分にこだわって選びましょう。

使い方のポイントは、お肌をゴシゴシこすらず、出来るだけ摩擦が起きないようにするとお肌への負担が少なくて済みます。


▼洗顔・・・ピーリング効果のあるもの
洗顔は、お肌の余分な角質や汚れを落とす目的のものを選びましょう。ターンオーバーを手助けしてくれる、ピーリング効果のある洗顔せっけんが◎。こちらもあまり刺激の強いものはおすすめできませんので、使用方法をよくご確認くださいね。

使い方のポイントは、たっぷりときめ細かい泡をたてて、泡で包むようにやさしく洗うこと。また石鹸成分がお肌に残らないようにしっかりとぬるま湯で洗い流します。流すお湯が熱すぎると必要な油分まで落としてしまうので注意しましょう。

シミを消す化粧水の効果的な使い方

化粧水は肌の奥へ化粧水の成分を届けるように、手のひらを使います。パンパンと叩いてしまうと表皮に負担がかかってしまうので、やさしくパッティングし、その後は手のひらでなじませるようにプレスするのがおすすめ。

コットンは絶対NGではありませんが、ゴシゴシとこするのは避けましょう。表面が滑らかなものを選び、トントンとやさしくパッティングしましょう。

アラフォーのお肌はホルモンバランスによって敏感に変化しがち。お肌の状態を見て、手のひらか、コットンかを選びましょう。

シミを消す美容液の効果的な使い方

美容液は高価なものが多いので、つい少量ずつ使ってしまいがち。しかし、量が少なすぎるとせっかくの成分が行き届かないことも。容量を守って、顔全体になじませます。

化粧水の時と同じく、手のひらでプレスしてしっかり浸透させましょう。特にシミが気になる部分には、少量を重ね塗りするのもおすすめです。美容成分が肌の奥へ届くようにイメージしながら、丁寧に塗り込んで。心を込めてケアすることが大切です。

シミを消すクリームの効果的な使い方

油分が少なくなり始めるアラフォーのお肌にとって、クリームはとても重要な役割を持っています。シミを消すのを手助けしてくれる成分をきちんとお肌の中に閉じ込めながら、お肌の水分と油分のバランスをキープ。

クリームは季節によって塗る量を使い分けましょう。乾燥する春、秋、冬の夜のケアは少し多めに、湿度の高い夏は薄くベールをかけるようにすると、べたつきやテカりが少なくなりますよ。

お肌の水分と油分のバランスが良くなると、肌がターンオーバーしやすくなります。クリームはアラフォーのお肌には欠かせないアイテムなのです。

シミが薄くなる過程

シミは、肌の奥にできたメラニンがターンオーバーと共に肌の表皮に押し上げられ、アカとなって剥がれ落ちることで薄くなっていきます。このサイクルは28日周期が理想的だと言われていますが、30代後半になってくると、ターンオーバーに45日ほどかかるようになってくると言われています。

ターンオーバーが遅くなると、その分メラニンが蓄積されてしまい、シミが出来てしまうのです。

30代後半、40代になったら、シミケアを意識したスキンケアはもちろん、肌のターンオーバーを促すよう、バランスの良い食事をしたり、ストレスをためない、質の良い睡眠をとるなど、日常生活にも気を配りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
アラフォーになると急に増え始めるシミ。メイクで隠し切れなくなってくると、どうしても自信がなくなってしまいますよね。でも日常のちょっとしたスキンケアの方法で、シミをケアすることもできますし、これから増えるシミをできるだけ予防することもできます。

諦めないで、毎日少しずつケアしながら、美しいクリアな肌を目指してみてくださいね!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美容が大好き。体の中からキレイになるために腸内美活推進中!

関連する投稿


目元のシミ・クマを撃退!「エインジング下まぶた」をふっくら涙袋に【本気で始める美容・エイジングケア#14】

目元のシミ・クマを撃退!「エインジング下まぶた」をふっくら涙袋に【本気で始める美容・エイジングケア#14】

「エイジングに伴って、目元の“涙袋”も若い頃とは様子が違ってきた……」という女性のお声も時折耳にします。加齢によって目元がたるんでしまうと、せっかくの涙袋がシワやクマのように見えてしまうこともあります。そこで今回は、目の下のシワやクマをフォローするアラフォー女性の目元メイクについて、時短美容家の並木まきがお話します。


いつのまにか増える手や腕のシミ…どんなケアをすればいい?【本気で始める美容・エイジングケア#13】

いつのまにか増える手や腕のシミ…どんなケアをすればいい?【本気で始める美容・エイジングケア#13】

年齢を重ねるにつれて「若い頃には全く気にならなかったのに、最近は手や腕にシミが出始めている!」とお嘆きの女性も珍しくありません。紫外線を浴びても浴びなくても、ポツッとシミが浮かんでくるとガッカリしちゃいますよね。そこで今回は時短美容家の並木まきが、手や腕に浮かび上がってきたシミのお手入れ法をお話していきます。


「オンリーミネラル」デビュー10周年を記念して渋谷ロフトにで期間限定POPUPストアをオープン!

「オンリーミネラル」デビュー10周年を記念して渋谷ロフトにで期間限定POPUPストアをオープン!

ブランドデビュー10周年を記念して、「オンリーミネラル」が9月6日(水)~18日(月)の間、渋谷ロフト1階「間坂ステージ」にて期間限定のポップアップストアをオープン!会場では、新発売の3種のはじめ、アイテムをフルラインナップで試せます。


今さらだけど「ボタニカル」って一体どんな意味?

今さらだけど「ボタニカル」って一体どんな意味?

テレビや雑誌、はたまたドラッグストアの商品名などでも見かける「ボタニカル」という言葉。数年前から巷にあふれたこの言葉。なんとなーくのイメージはわかるけど、本当はどういう意味? 実は、意味を知って日常に取り入れてみたら、ぐっと毎日が豊かになるキーワードなんです!


洗練された美しい表情を演出する「ファンケル 2017年 秋限定メイク」発売☆

洗練された美しい表情を演出する「ファンケル 2017年 秋限定メイク」発売☆

ファンケルが8月18日に、「2017年 秋限定メイク」<全7品>を通信販売と直営店舗にて、数量限定で発売スタート☆ 美しく優しい艶のある目もとと、落ち着いた光沢のない色づきの口もととの異なる質感で、華やかさがありながらも温かみを感じさせる洗練された大人の表情を作ってくれます♡


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

夫が浮気…ショックですよね。復讐したくなる気持ちすごくわかります。ですが、本当にそれでいい結果を生むのでしょうか?人生はまだまだ続きます。自分の本当の気持ちに向き合って、いい人生を歩むにはどうしたらいいか、お話したいと思います。


嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

あれこれと家庭のことに口を出しては、干渉してくる姑。何とかしたいと思っても、角が立つことを考えると強いことは言いにくいですよね。こんなときこそ夫を頼りたいのに、我関せずの夫は何もしてくれない……。夫の無関心を止めるには、協力が必要という意識を持たせることが必要です。嫁姑問題に夫を向き合わせる方法についてお話します。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

貯金しよう!と思った時に皆さんはどの費用を見直しますか?お小遣い?光熱費?保険?娯楽費?いろいろありますが、どうやら“食費”だけは削ってはいけないようです。いったいそれはなぜなのか?ファイナンシャルプランナーの飯村久美さんに教えていただきましょう。


脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

ストレスというと悪いイメージがあり、一般的にはできるだけ“なくそう”と言われています。しかし一方で、いいストレスの場合はカラダに「活」を入れたり集中力を高めたり、プラスの効果を生むという研究もあります。そこで、今回はストレスと上手に付き合うために、アラフォー女性にオススメのカラダのメンテナンス方法をご紹介します。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング