【アラフォー必見】シミ対策化粧品の効果的な使い方を大公開!

【アラフォー必見】シミ対策化粧品の効果的な使い方を大公開!

化粧水、美容液、乳液…シミを消す手助けをしてくれる化粧品は様々。色々ありすぎて、どれを使ったらいいか、またどんな使い方をしたら効果を最大限に生かせるのか。シミが気になるアラフォー世代におすすめの、シミ対策化粧品の効果的な使い方をご紹介します。


シミ対策用スキンケア化粧品の種類

シミ対策用のスキンケア化粧品は、クレンジングから、クリームまでメーカーによって様々。
実際どれを使えばいいのかわからない。という方も多いのではないでしょうか。

シミを消したい人におすすめの化粧品は以下の通りです。

・クレンジング(低刺激タイプ)
・洗顔(ピーリング効果のあるもの)
・化粧水(ビタミンC誘導体や美白成分の含まれているもの)
・美容液(成分の浸透力が高いもの)
・乳液(保湿効果のあるもの)
・クリーム(トレチノイン、ハイドロキノンなどが含まれているもの)

もちろん、美容クリニックへ行ってフォトフェイシャルやレーザー治療を受ければシミの除去は早くできますが、高額で続けていかなければいけないというデメリットもあります。

出来ればこうしたアイテムを日常的に使用することでシミのない、大人のなめらか肌を目指したいですよね!

シミは化粧品で消えるの?

いろいろなアイテムを使ってはいるけど、シミが一向に消えない・・・と悩んでいる方も多いと思います。そもそも、シミって化粧品で消えるものなの?と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アラフォー世代は、20代、30代の頃にはなかったようなシミが、ぽつぽつと目立ち始めます。そして、そのシミは、徐々に濃くなり目立つように。
気が付くと「え!?こんなところにこんな大きなシミが!」と驚くこともありますよね。

そうなってくると、普段のケアだけで、シミを消したり薄くしたりするのはなかなか難しくなってきますが、何もしないで放っておくと、どんどん増える一方。

シミには種類がありその種類によって、消やすいシミ、消えづらいシミがありますので、シミの種類に合わせてケアすることをおすすめします。


▼消えやすいシミ・・・炎症性色素沈着、老人性色素沈着
 →化粧品でケアすると薄くなる可能性がある

▼消えづらいシミ・・・肝斑、そばかす
 →飲み薬などで体の中からケアする

シミの種類に合わせて、上手にケアしていきましょう!

シミを消すクレンジング、洗顔の効果的な使い方

シミを薄くしたいときにおすすめのクレンジングや洗顔は、次のようなものがお勧めです。

▼クレンジング・・・お肌への負担が少ないもの。
クレンジングは、メイクをしっかり落とすことが目的で作られているので、強い洗浄力や、界面活性剤の種類や量によっては、お肌の負担が高くなってしまうことがあります。
アラフォーになってシミが濃くなっていく理由に、お肌のターンオーバーの低下が大きくかかわっています。お肌に負担がかかるとターンオーバーにも影響してしまいますので、出来るだけ成分にこだわって選びましょう。

使い方のポイントは、お肌をゴシゴシこすらず、出来るだけ摩擦が起きないようにするとお肌への負担が少なくて済みます。


▼洗顔・・・ピーリング効果のあるもの
洗顔は、お肌の余分な角質や汚れを落とす目的のものを選びましょう。ターンオーバーを手助けしてくれる、ピーリング効果のある洗顔せっけんが◎。こちらもあまり刺激の強いものはおすすめできませんので、使用方法をよくご確認くださいね。

使い方のポイントは、たっぷりときめ細かい泡をたてて、泡で包むようにやさしく洗うこと。また石鹸成分がお肌に残らないようにしっかりとぬるま湯で洗い流します。流すお湯が熱すぎると必要な油分まで落としてしまうので注意しましょう。

シミを消す化粧水の効果的な使い方

化粧水は肌の奥へ化粧水の成分を届けるように、手のひらを使います。パンパンと叩いてしまうと表皮に負担がかかってしまうので、やさしくパッティングし、その後は手のひらでなじませるようにプレスするのがおすすめ。

コットンは絶対NGではありませんが、ゴシゴシとこするのは避けましょう。表面が滑らかなものを選び、トントンとやさしくパッティングしましょう。

アラフォーのお肌はホルモンバランスによって敏感に変化しがち。お肌の状態を見て、手のひらか、コットンかを選びましょう。

シミを消す美容液の効果的な使い方

美容液は高価なものが多いので、つい少量ずつ使ってしまいがち。しかし、量が少なすぎるとせっかくの成分が行き届かないことも。容量を守って、顔全体になじませます。

化粧水の時と同じく、手のひらでプレスしてしっかり浸透させましょう。特にシミが気になる部分には、少量を重ね塗りするのもおすすめです。美容成分が肌の奥へ届くようにイメージしながら、丁寧に塗り込んで。心を込めてケアすることが大切です。

シミを消すクリームの効果的な使い方

油分が少なくなり始めるアラフォーのお肌にとって、クリームはとても重要な役割を持っています。シミを消すのを手助けしてくれる成分をきちんとお肌の中に閉じ込めながら、お肌の水分と油分のバランスをキープ。

クリームは季節によって塗る量を使い分けましょう。乾燥する春、秋、冬の夜のケアは少し多めに、湿度の高い夏は薄くベールをかけるようにすると、べたつきやテカりが少なくなりますよ。

お肌の水分と油分のバランスが良くなると、肌がターンオーバーしやすくなります。クリームはアラフォーのお肌には欠かせないアイテムなのです。

シミが薄くなる過程

シミは、肌の奥にできたメラニンがターンオーバーと共に肌の表皮に押し上げられ、アカとなって剥がれ落ちることで薄くなっていきます。このサイクルは28日周期が理想的だと言われていますが、30代後半になってくると、ターンオーバーに45日ほどかかるようになってくると言われています。

ターンオーバーが遅くなると、その分メラニンが蓄積されてしまい、シミが出来てしまうのです。

30代後半、40代になったら、シミケアを意識したスキンケアはもちろん、肌のターンオーバーを促すよう、バランスの良い食事をしたり、ストレスをためない、質の良い睡眠をとるなど、日常生活にも気を配りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
アラフォーになると急に増え始めるシミ。メイクで隠し切れなくなってくると、どうしても自信がなくなってしまいますよね。でも日常のちょっとしたスキンケアの方法で、シミをケアすることもできますし、これから増えるシミをできるだけ予防することもできます。

諦めないで、毎日少しずつケアしながら、美しいクリアな肌を目指してみてくださいね!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美容が大好き。体の中からキレイになるために腸内美活推進中!

関連する投稿


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

40代になって「生え際」が気になり始める人は多いのではないでしょうか。年齢からくるお肌のたるみと一緒に、生え際と頭皮も一緒にケア出来たら…。そんなお悩みにぴったりな美容液があります!Bramanoli編集部で実際に使ってみました。


【#FocusOn】美しいアラフォーインスタグラマー大集合! “インスタマルシェTOKYO” 潜入リポート

【#FocusOn】美しいアラフォーインスタグラマー大集合! “インスタマルシェTOKYO” 潜入リポート

2018年6月27日(水)、表参道でパーリィテラスが主催する、アラフォーインスタグラマーを集めたイベント”インスタマルシェ TOKYO”が開催されました。果たしてどんなイベントだったのか?レポートします。


40代 セックスはどんどん良くなる!もっと楽しむために 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#1】

40代 セックスはどんどん良くなる!もっと楽しむために 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#1】

夫婦関係の専門家・三松真由美さんに「40代のセックス事情」について教えていただきます。「セックスなんかもう興味ないし」と、40代でセックスを卒業しようとしているあなたへ、多数の専門書の執筆経験もある三松真由美さんの愛あるひと言をお届けします。


目元のシミ・クマを撃退!「エインジング下まぶた」をふっくら涙袋に【本気で始める美容・エイジングケア#14】

目元のシミ・クマを撃退!「エインジング下まぶた」をふっくら涙袋に【本気で始める美容・エイジングケア#14】

「エイジングに伴って、目元の“涙袋”も若い頃とは様子が違ってきた……」という女性のお声も時折耳にします。加齢によって目元がたるんでしまうと、せっかくの涙袋がシワやクマのように見えてしまうこともあります。そこで今回は、目の下のシワやクマをフォローするアラフォー女性の目元メイクについて、時短美容家の並木まきがお話します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

昔、酒店の店先に立ちながら酒を飲むことを「角打ち」といい、北九州発祥といわれてます。現在でもこの形式で飲める酒店があり、東神奈川にある昭和9年創業の「三国屋酒店」もその1つ。現在も、店内で販売されている酒や手作り料理を座りながら楽しむことができます。アットホームな雰囲気で、女性客が気軽に飲むことができます。


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
best-cooler.reviews

http://www.antibioticlistinfo.com

источник 3kovra.com.ua