老眼を受け入れてオシャレに過ごす「リーディンググラス」のススメ

老眼を受け入れてオシャレに過ごす「リーディンググラス」のススメ

最近小さな文字が読みづらい、遠くがかすんで見えない…これって老眼?!40代を過ぎると、身体の変化とともに現れやすい症状が視力の低下だそうです。老眼鏡はちょっと…と思っているアナタ!最近ではオシャレに加齢を楽しむさまざまなグッズが増えているのをご存知ですか?今回はそんな方におススメの「リーディンググラス」をご紹介します。


まずは「老眼」についておさらい

「老眼」というと、60代~の「おばあちゃん世代」がなるものだと思っていませんか?実は、早い人で30代を超えた頃から少しづつ始まるといわれています。

もちろん、40代で急に老眼になる訳ではなく、はじめは「小さな文字が見えづらくなった」「遠くがかすんで見えなくなった」といった、視覚的な自覚症状はもちろんのこと「疲れ目が酷く、肩こりがひどくなった」というのも、実は「目の衰えのはじまり」なのです。

どうして40代を過ぎると目の衰えが始まるの?

私たちの目の中には「水晶体」という、カメラのレンズに相当する組織があり、遠くのものや近くのものにピントを合わせる働きをしています。

ですが、加齢によって水晶体の弾力性が弱まりはじめると、この「調節力」が低下してしまうことで、急に遠くをみたり、小さな文字を見た際に臨機応変にレンズ機能が働かなくなってしまうのです。

これが、「老眼」がはじまる仕組みです。

目の衰えや、視力の低下を感じた場合には、レンズ機能をカバーできる目薬や、ホットアイマスクなどで対応できることも多いのでまずはそうしたものを試しているのも良いでしょう。

老眼鏡をかける目安としては、新聞や本を読む時に手を伸ばさないと文字が見えないくらいになった時。見えづらい状態で生活を続けると、眼精疲労にもつながりますので、早めに眼科や眼鏡ショップへ相談しましょう。

セレブも愛用?!オシャレな「リーディンググラス」のススメ

アラフォー世代の女性であれば一度は耳にしたことがある「プリンセス・プリンセス」のボーカルである岸谷香さんも、自身のブログでオシャレなリーディンググラス姿を多数アップしています。そのデザインは「え?原宿で買ったの!?」と、思わず突っ込みたくなるようなポップでキュートなデザイン。

また最近では、女優の石田ゆり子さんや、美容家の君島十和子さんなどもリーディンググラスを愛用されていることを公表されています。

ジョニーデップさんがかけていることで人気に火が付いた、クラシックスタイルのリーディンググラスは、どこから見ても「老眼鏡」には見えないオシャレさ。

今、こうした「リーディンググラス」でオシャレするのが、アラフォー世代の流行なのです!

友人へのプレゼントにも♪

友人や知人への贈り物に困ったりした経験はありませんか?

このくらいの世代になると、たいてい欲しいものは自分で買えるだけの余裕が出てきている方が多く、また好みもそれぞれです。特に、年代がいくにしたがって無難に「果物」や「お菓子」などについつい偏ってしまいがち。

その点、おしゃれなリーディンググラスであれば今は使わない方でもいづれ使う時がきますし、賞味期限もありません。なにより「奇抜性」があるので、サプライズプレゼントにはもってこい。

自分で買うのも意外と勇気がいるものです。同年代のお友達同士でプレゼントしあうのも楽しいかもしれません。

まとめ

40歳を超え、「あぁ、もう老眼鏡の年か・・・」と考えるより、今の私たちにしかできないオシャレとして「リーディンググラス」でより生き生きとしたファッションを楽しんでみてはいかがですか?

眼鏡は顔の印象をがらりと変えてくれるアイテムです。新しい自分になった気持ちで、これからの人生をエンジョイしましょう!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

誰にでも起こる「老眼」。近くが見えづらくなったと思い、遠ざけたら見えた…やっぱり老眼か!というショックもさることながら、見えにくさは目の疲れにもつながります。そこで、今回は、今すぐできる目の疲れをとるケア方法をご紹介します。


老眼には “気” を補い “肝” の働きを高める「ニンジン」【薬膳‘美’食材 #4】

老眼には “気” を補い “肝” の働きを高める「ニンジン」【薬膳‘美’食材 #4】

45歳前後で自覚症状が出始める「老眼」。完全に予防するのは無理と言われていますが、目のエイジングケアをすることで進行を遅らせることは可能です。ポイントは“肝”の働きを高めること。そこでおすすめの薬膳‘美’食材が「ニンジン」。細かな文字に目を細めてしまう…とならないためにも、ニンジンを食べて“アンチ老眼”しましょう!


そろそろ老眼?小さな字が見えにくくなったらどうしたらいい?

そろそろ老眼?小さな字が見えにくくなったらどうしたらいい?

「老眼」とまでいかなくても、40歳を境にして「視力の低下」を感じ始める女性が多いようです。40代といえば、まだまだ仕事をしている女性も多く、また主婦の方でも自宅でパソコンを使ったり、スマホを見続けたりすることでいわゆる「疲れ目」を感じることも多いでしょう。40代からの疲れ目、その原因と対処方法をお教えします。


石田ゆり子さんのインスタが素敵すぎ♡アラフォー女性の憧れが加速中!

石田ゆり子さんのインスタが素敵すぎ♡アラフォー女性の憧れが加速中!

アラフォー女性のあこがれ、驚異のアラフィフ石田ゆり子さん。彼女のように年齢を重ねていきたいと思っている女性は多いのではないでしょうか。そんな石田ゆり子さんが47歳の誕生日からインスタグラムを開始!素敵な写真が多いと話題になっています。今回は彼女の魅力に迫ってみたいと思います。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。4月前半の運勢のポイントを要チェックです。


宮本真知のタロット占い【4月15日(月)~4月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【4月15日(月)~4月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


衣類用消臭スプレーだけで丸洗いできる!?【かずのすけ・最強の家事(2)】

衣類用消臭スプレーだけで丸洗いできる!?【かずのすけ・最強の家事(2)】

美容化学者のかずのすけさんですが、実は洗剤のスペシャリスト!大学院では「洗剤」や「洗浄化学」について専門に学んでいたのです。そんなかずのすけさんが生活に使用する洗剤のあらゆる疑問に答えた『秒で分かる!最強の家事』(ワニブックス)が発売されました。その一部をご紹介します。今回は「衣類用消臭スプレー」について。


40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

『県庁の星』や『嫌な女』の作者・桂望実さんの新刊『オーディションから逃げられない』。40代女性の四半世紀がそこには綴られています。女性はいつもオーディションに立たされているようなもの。そんな人生を一生懸命ひたむきに生きる主人公に自分を重ね合わせるアラフォー女性も多いと思います。作者の桂望実さんにインタビューした前半です。


初めてのことにチャレンジするのは怖い!そう感じた時に読みたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 07】

初めてのことにチャレンジするのは怖い!そう感じた時に読みたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 07】

大人になると初めの一歩がなかなか踏み出せない。新しいことにチャレンジするって勇気が必要。どうしたらその勇気が出るのか? 絵本コーディネーターの東條知美さんにそんな大人のための絵本を教えていただきました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
http://bigtexture.com

тосол

масло трансмиссионное