ビタミンC誘導体配合の化粧品ってどんなものがあるの?

ビタミンC誘導体配合の化粧品ってどんなものがあるの?

美肌に効果的だけれど壊れやすいビタミンCを、安定化させたビタミンC誘導体。美肌や美白成分として効果的で、多くの化粧品に配合されています。今回は、ビタミンC誘導体配合の化粧品について、それぞれどんな効果があるのか探ってみたいと思います。


ビタミンC誘導体の効果と種類

ビタミンC誘導体とは、美肌をつくり上げる上でなくてはならないビタミンCを、肌に浸透 させやすいように改良したもの。主な効果をご紹介しましょう。

■抗酸化作用
細胞が酸化すると、シミやシワなどの原因となります。酸化は、老化とは切っても切れない関係性ですが、ビタミンC誘導体を使うことで酸化を軽減することができます。

■美白
シミなどの原因となるメラニン色素。紫外線を浴びると生成されてしまいますが、ビタミンC誘導体はメラニン色素を還元し、シミを寄せ付けないという効果もあります。

■たるみ予防
老化とともに、肌のうるおい要素であるコラーゲンがなくなってきますが、ビタミンCにはコラーゲンの生成を促進する働きがあり、たるみのないうるぷる肌へと導きます。

このように、美肌にとても効果的なビタミンC誘導体は、水溶性と脂溶性、さらにその両方を併せ持つものの、3種類にわけられますが、それぞれの特性によって、配合される化粧品が違います。

水溶性のビタミンC誘導体

水溶性のビタミンC誘導体は、化粧水や美容液に配合されることが多いです。それぞれご紹介しましょう。

■化粧水について
ビタミンC誘導体配合の化粧品として、もっとも一般的なものが化粧水。美白効果や毛穴を引き締める効果があります。さらりとしたテクスチャーが特徴で、即効性が高いとされています。ただ、少し刺激が強すぎる面もあり、敏感肌の方だとピリピリとしてしまう可能性も。また、もともと乾燥肌の方が使うと皮脂を抑えすぎてしまい、カサカサになってしまう恐れもあります。

■美容液について
美容液も、化粧水と同じく美白効果や毛穴引き締め効果が期待できます。化粧水よりも配合成分の濃度が高い傾向にあるよう。化粧水と合わせて使うことで、より効果が実感できるでしょう。

化粧水や美容液の成分表示には、下記のように表示されていますのでチェックしてみてください。

・リン酸アスコルビルMgマグネシウム
・リン酸アスコルビル酸ナトリウム
・アスコルビル酸グルコシド

脂溶性のビタミンC誘導体

脂溶性は、水溶性のビタミンC誘導体に保湿力が加わったもの。即効性は落ちますが、持続力があるのが特徴です。化粧品として、クリームやジェル化粧水などに使用されています。

■クリームについて
ビタミンC誘導体のクリームとしては、主に「美白クリーム」として売り出されていることが多いです。紫外線によって生成されたメラニンを還元させ、肌本来の色へと戻す効果があります。そのほかには、「アイクリーム」など、部分的に使用されるクリームにも配合されています。

■ジェル化粧水について
とろみのあるテクスチャーが特徴の、ジェル化粧水。肌が乾燥しやすい方にはおすすめです。毛穴をケアして、透明感のある肌へと導きます。

クリームやジェル化粧水には、下記のように表示されていますので、チェックしてみてください。

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)
・パルミチン酸アスコルビル

両方の特性を持ったビタミンC誘導体

水溶性と脂溶性の両方の特性を持ったビタミンC誘導体は、即効性も持続力も併せ持っているため、美肌にとても効果的だとされています。新型と呼ばれて、化粧水から美容液、パックなど、あらゆる化粧品に配合されています。また、刺激も少ないのが魅力。病院の皮膚科などでも使われている成分なのです。

■化粧水について
両方の特性を持ったビタミンC誘導体(=APPS)は、肌に塗るだけでとても高い浸透力を発揮します。その浸透力は、水溶性のビタミンC誘導体と比べるとなんと約100倍なのだとか。APPSを配合している化粧水は、シワやたるみなどの改善、美白ケア、毛穴ケアに最適です。

■美容液について
APPS配合の美容液は、エイジングケア用として市販されているものが多いです。シワ対策やシミ対策、美白美容など、クリアな素肌へ導きます。化粧水と合わせて使用することで、より高い効果が期待できるでしょう。

APPSは年齢を重ねたお肌にとても効果を発揮しますが、価格が高いものが多いです。購入する際は、コスメカウンターでじっくりと吟味したいものですね。

化粧品にはビタミンC誘導体が欠かせない!

エイジングの肌悩みを抱える方にとって、ビタミンC誘導体が配合された化粧品はぜひ手に入れておきたいところ。とくに、APPSは少しお高めですが、その効果の高さはお墨付き。シミやくすみのないクリアな素肌をつくるために、ビタミンC誘導体が配合されているかどうか、ぜひ配合成分をチェックしてみてください!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

年齢を重ねると重力に逆らえず肌はどんどん垂れてきて、膨らみはしぼんでいく…。でもしっかり浮腫みは出るのが憎らしい…。美しいハリのある目元を取り戻すにはどうしたらいいか、スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに伺いました。


内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

毎日のスキンケアだけでは潤いがおいつかないのがアラフォーの肌…なぜそうなってしまうのか、どうしたら内側から潤うのか、内側から潤うとどんな風にいいのか、などについてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


かずのすけの“しない美容” 掃除用の洗剤はそんなに悪くない

かずのすけの“しない美容” 掃除用の洗剤はそんなに悪くない

メイクVS最新科学!必要最小限で効率よくキレイになるには? 「しない美容」とはできるだけ手間を省いて必要最小限のスキンケアだけでお手入れしましょうという考え。『大人女子のための美肌図鑑』の著者で美容科学者・かずのすけさんの著書の一部をご紹介です!


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないように松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!


かずのすけの“しない美容” 化粧品を「同じシリーズ」で揃えると害になることも⁉

かずのすけの“しない美容” 化粧品を「同じシリーズ」で揃えると害になることも⁉

メイクVS最新科学!必要最小限で効率よくキレイになるには? 「しない美容」とはできるだけ手間を省いて必要最小限のスキンケアだけでお手入れしましょうという考え。『大人女子のための美肌図鑑』の著者で美容科学者・かずのすけさんの著書の一部をご紹介です!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


アラフォーの独身が結婚できない理由は“反省しない”【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #42】

アラフォーの独身が結婚できない理由は“反省しない”【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #42】

アラフォー婚活最前線!それが原因であなたの婚活は上手くいかない!アラフォー女性が陥りがちな婚活の罠についてスパルタ婚活コンサルタント菊乃さんに教えていただきます。「なぜか婚活が上手くいかない…」そう悩んでいるアラフォー女性の皆さま、必読です。


宮本真知のタロット占い【4月22日(月)~4月28日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【4月22日(月)~4月28日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


部屋干し用洗剤って何が違うの?【かずのすけ・最強の家事(3)】

部屋干し用洗剤って何が違うの?【かずのすけ・最強の家事(3)】

『しない美容』(ワニブックス)が話題になった美容化学者のかずのすけさんですが、大学院では「洗剤」や「洗浄化学」について専門に研究されていたそう。そんなかずのすけさんがあらゆる洗剤にまつわるお悩みに答えた一冊が『秒で分かる!最強の家事』。これさえ読めば、賢く家事ができること間違いなし。今回はその一部をご紹介します。


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦の究極のコミュニケーションは“セックス”。一体それはなぜなのか?なぜセックスをしていると夫婦関係が良好になるのか。セックスレスではなくセックスがある方がいい理由とは?これまで数万組の夫婦の悩みに答えてきた、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんが解説してくれます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング