なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト

なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト

更年期障害とは、閉経を挟んだ45歳から55歳の約10年を目処に、体調の乱れや精神が不安定になるなどの症状が起こります。要因としては、閉経に伴って、女性ホルモンの分泌が低下することによって起こると言われています。こうした「更年期障害」ですが、どのような症状が現れるのでしょうか?


更年期障害とは

更年期障害の症状の現れ方や年齢などは、人によってさまざまです。
また、更年期障害は全ての女性に症状が現れるわけではなく、その割合は、閉経した女性の約3割を言われています。

更年期障害が起こる主な要因は、加齢による女性ホルモンの減少にあると言われています。

女性は閉経になると、卵巣の働きが次第に衰えていきまます。
それに伴って、女性ホルモンである「プロゲステロン(卵胞ホルモン)」の分泌が急激に減少していきます。

そうすると、脳は減少したプロゲステロンを補うよう、卵巣に対してシグナルを送ります。
そのシグナルが、周囲の脳に不要な興奮を起こしてしまうことで、自律神経の調節がうまくいかなくなってしまうのです。
これが、更年期障害の不快な症状を起こす原因となるのです。

こんな症状が出てきたら要注意!「更年期障害チェック」

ただ、中にはうつ病を併発するなどして、日常生活が困難になるほど酷い症状がでる人も。
そこで、「更年期障害がはじまる前兆となる症状」を以下にまとめてみました。

【更年期障害を疑うべき体の変化】

1:何もしていないのに顔が火照る
2:暑くもないのに、汗がやたらと出る
3:手足や腰など、以前よりも冷えやすくなった
4:階段を上っただけで、息切れや動悸がするようになった
5:寝つきが悪い、睡眠が浅いなど眠りの質が悪くなった
6:ちょっとしたことでイライラしたり、怒りやすくなった
7:ちょっとしたことで落ち込んだり、憂鬱な気分が続いている
8:頭痛やめまい、また吐き気などがある
9:疲れやすく、毎日倦怠感が続いている
10:肩こりや腰痛、首の痛みなどがひどい

以上のような症状がいくつか見られるようであれば、更年期障害の疑いがあります。
特に、通常の内科や外科などと違い、婦人科はあまり足を運ぶ機会がない人も多く、こうした更年期障害などの症状を見落としがちです。

上記のような自覚症状がなくても、45歳を過ぎたら定期的に婦人科を受診すると良いでしょう。

更年期障害と診断されたら

更年期障害と診断された場合、まず試みられる治療方法が「ホルモン補充方法(HRT)」という投薬による治療です。

加齢、もしくは閉経によって減少したプロゲステロン(卵胞ホルモン)を補充する療法で、保険も適用されるため、一般的に広く行われている療法です。


また、更年期障害の症状は人によってさまざまですから、このHRTで効果が現れない、また複合的な症状が見られる場合には合わせて漢方薬による治療が行われることもあります。

そして、更年期障害の症状の中で一番心配なのが「不眠」や「イライラ、焦燥感」「気分がいつもふさぎがち」などのメンタルに影響する症状です。

ひどくなると、更年期障害と共にうつ病を発症する人も少なくありません。
こうした「うつ病」を併発した場合には、心療内科との連携が必要になってきます。

そうした場合には、寝つきをよくする「睡眠導入剤」や「睡眠薬」、「精神安定剤」などが処方され、他の薬と調整しながら様子を見ることになります。

特に、うつ病の薬は自身の症状や体質に合う薬を見つけるまでに時間がかかると言われていますから、薬を処方されても症状が改善しない、また副作用などが見られる場合にはすぐに医師に相談し、薬を調整してもらうと良いでしょう。

最後に

更年期障害を発症すると、今まできちんとできていたものができなくなったり、気持ち的にやる気が起きなかったりするものです。

ですが、これは女性として産まれたからには仕方のない、避けては通れない道です。

ですから、更年期障害と診断されたら、まずは家族の協力を得るようにし、できないものはできない、と、あまり自分を責めることなく「人生の休憩時間」と捕らえ、ゆったりとした気持ちで毎日を過ごすようにしましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連するキーワード


更年期 症状 アラフォー

関連する投稿


脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

ストレスというと悪いイメージがあり、一般的にはできるだけ“なくそう”と言われています。しかし一方で、いいストレスの場合はカラダに「活」を入れたり集中力を高めたり、プラスの効果を生むという研究もあります。そこで、今回はストレスと上手に付き合うために、アラフォー女性にオススメのカラダのメンテナンス方法をご紹介します。


アラフォーで離婚 その後はどうなる? 【離婚を考えた時知っておくべき知識 #8】

アラフォーで離婚 その後はどうなる? 【離婚を考えた時知っておくべき知識 #8】

離婚の決断というと、これまで続いた結婚生活を終わりにすることと捉えがちです。しかし、妻にとってはこれから夫と決別し新しい人生を進むための始まりでもあります。そこで離婚の決断前後で起こること、妻が押さえておきたい大事なポイントをご紹介します。


“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

40代半ばからグンと低下していく女性ホルモン。生きていれば誰もが起こるカラダの変化ですが、果たして私たちにできる対策方法はあるのでしょうか。そこで今回はいつでもどこでも指1本で行える、更年期の体調がグッと良くなるツボをご紹介します!


「この女、40過ぎてこれ?」若くないから許せない 男が付き合いたくないアラフォー女とは?【神崎桃子の恋愛指南 #36】

「この女、40過ぎてこれ?」若くないから許せない 男が付き合いたくないアラフォー女とは?【神崎桃子の恋愛指南 #36】

若くないからこそ許せない…なんとも耳の痛い話です。しかし、実際、声を聞いてみるとまったくその通り…。アラフォー女性だからこその知性と常識を持って対応することの大切さを恋愛コラムニストの神崎桃子さんに教えていただきます。


更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】

更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】

「わたしには更年期はなかった」といった話を先輩方から聞いたことがあるかもしれません。その一方で「生きているのが辛いほどの症状に悩まされた」という方もいらっしゃいます。全員が通る道なのに、いったいこの差はどうして起こるのでしょうか? できるなら更年期をラクに乗り切りたいですよね。その秘訣を教えていただきます!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

夫が浮気…ショックですよね。復讐したくなる気持ちすごくわかります。ですが、本当にそれでいい結果を生むのでしょうか?人生はまだまだ続きます。自分の本当の気持ちに向き合って、いい人生を歩むにはどうしたらいいか、お話したいと思います。


嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

あれこれと家庭のことに口を出しては、干渉してくる姑。何とかしたいと思っても、角が立つことを考えると強いことは言いにくいですよね。こんなときこそ夫を頼りたいのに、我関せずの夫は何もしてくれない……。夫の無関心を止めるには、協力が必要という意識を持たせることが必要です。嫁姑問題に夫を向き合わせる方法についてお話します。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

貯金しよう!と思った時に皆さんはどの費用を見直しますか?お小遣い?光熱費?保険?娯楽費?いろいろありますが、どうやら“食費”だけは削ってはいけないようです。いったいそれはなぜなのか?ファイナンシャルプランナーの飯村久美さんに教えていただきましょう。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング