肌のハリは甦る?お肌がたるむ原因とぷるぷる肌にする方法

肌のハリは甦る?お肌がたるむ原因とぷるぷる肌にする方法

年齢によるたるみ肌。残念ですが完全に止めることはできません・・・。しかし、肌質にあった保湿ケアを行えばお肌はちゃんと答えてくれて、ぷるぷるもちもち肌に。そこで今回は、今すぐできるたるみ肌の改善方法を紹介します。


ぷるぷる肌のもとはやっぱり「毎日の丁寧なお手入れ」

最近、顔が老けてきたなぁ・・・なんて思うことありませんか。お肌がたるんでくると年齢より老けて見られがちですよね。

肌の真皮層には元々コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの潤い成分が含まれており、若いうちは十分な量が確保されていますのでハリのある肌を維持することができます。

しかし、年齢を重ねると共にその量は次第に減っていき、潤い成分を分解する酵素も過剰に分泌されてしまいます。その結果、弾力が失われてたるみが表れますので、潤い成分を減らさないようにすることが大切です。

40代以降になると肌中の潤い成分は加齢による自然な減少が顕著になります。同じ年齢であってもハリのある肌を維持できる人とできない人の差は、どうしてできるのでしょうか。大切なのは、日頃のお手入れの方法や、生活習慣。日々の積み重ねにより、肌のはりは全然違ってきます。

いつまでも若々しい肌で居るためには、たるみ肌の原因を詳しく知り、自分の症状がどれに当てはまるのかを把握することが重要であり、日々の継続的なケアが大切です。

日常生活に潜むたるみ肌の原因

たるみ肌を作る原因になるのは、紫外線や乾燥、生活習慣です。

まず紫外線ですが、紫外線の中でもUVA波はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞にダメージを与えますので、40代以降の年齢を感じ始めた肌にとっては大敵です。線維芽細胞がダメージを受けると潤い成分の生成量が減ってしまうだけでなく、生成された潤い成分の分解も進んでしまいます。充分、注意しましょう。

次に、乾燥がたるみに影響を及ぼすのは、真皮層の水分を十分に保つことができなくなり働きが鈍ってしまうためです。細胞の働きが悪くなると潤い成分の生成もスムーズに行われなくなりますし、古い細胞を排出するのに必要なターンオーバーの働きも悪くなりますので、肌のコンディションは低下しやすくなります。乾燥を防ぐための乳液や保湿クリームなどでこまめにケアすることが大切です。

最後に生活習慣で大事なのは、やはり食生活と睡眠です。肌の生まれ変わりを左右するのは摂取する栄養と質の良い睡眠であり、たんぱく質やビタミン類など様々な栄養素が必要になります。

睡眠不足も大敵、続くとたるみが表れてくすみも酷くなりますのでご注意を。

筋力の衰えもたるみ肌の原因

40代以降は筋力の衰えもたるみの原因になりますので、顔の筋肉を鍛えることも重要です。

皮膚のすぐ下にある表情筋が落ちてくると脂肪や皮膚を支えきれなくなり、それより深い部分にある深層筋が落ちてくると表情筋を支えきれなくなって栄養も隅々まで行き渡らなくなります。

どちらも若々しい状態を維持する上で重要な役割を担っていますので、日頃からフェイスストレッチやマッサージで表情筋を鍛えるように心がけることが大切です。

肌のたるみは毛穴も注意

実は肌のたるみと毛穴の開きには密接な関係があります。

縦長の楕円形状に開いている場合には加齢による水分の現象が主な原因です。

毛穴が開いたままですと、皮脂汚れがたまり肌荒れの原因になりますし、ファンデーションなどの化学物質もたまりやすくなります。

毛穴のたるみを引き上げるには、やはり毛穴の中の汚れをなるべく溜めないようにし、しっかりと保湿を行うこと。洗浄力の強いクレンジングはお肌のトラブルにつながりますので、使用頻度は控えめに。

このような加齢による肌のたるみを防ぎ、肌のハリを維持するためには日々のお肌ケアと生活習慣が何よりも大切なのです。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連する投稿


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

乾燥の季節、お肌だけでなくくちびるの荒れが気になる人も多いのではないでしょうか。くちびるは体調が悪いとカサカサになってしまったりもするので、日々のケアが欠かせません。そこで今回はスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにくちびるのケアについて教えていただきました。


まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

年齢を重ねると重力に逆らえず肌はどんどん垂れてきて、膨らみはしぼんでいく…。でもしっかり浮腫みは出るのが憎らしい…。美しいハリのある目元を取り戻すにはどうしたらいいか、スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに伺いました。


手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

冬の乾燥が気になるのは、お顔だけではないですよね。手荒れも冬になると悩まされるトラブルの一つです。家事や仕事に忙しいアラフォー女性、手は人前に出す事も多いだけに、きちんとケアしておきたいですね。スキンケアアドバイザーの松瀬さんにスペシャルケア方法などについてお話いただきました。


内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

毎日のスキンケアだけでは潤いがおいつかないのがアラフォーの肌…なぜそうなってしまうのか、どうしたら内側から潤うのか、内側から潤うとどんな風にいいのか、などについてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
www.kinder-style.com.ua/boys/pizhamydlja-malchikov/

canadian pharmacy