「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

ひとり飲み情報♪ 女性がひとりでも安心して入ることができる居酒屋を酒場ライターの中沢文子さんに教えていただく人気連載。11回目は東京ミッドタウン日比谷3Fにある「立ち呑み 三ぶん」。東京ミッドタウン日比谷に立ち飲み屋さんが入っているなんて驚きですが、中沢さん曰く「東京ミッドタウン日比谷は昼のみの聖地」なんだそうです!


工夫を凝らした割烹料理と厳選した日本酒で立ち飲める店が、東京ミッドタウン日比谷にあるのをご存知ですか?「立ち呑み 三ぶん」です。こちらは割烹料理店が手がける店で、実はミシュランガイドにも掲載された実力派なのです。日本酒は6勺540円、お刺身も540円とリーズナブルな価格設定で、15時から飲むことができます。

価値ある陶器に触れながら飲める

一流ブランド店やシネマが入る複合施設「東京ミッドタウン日比谷」。ビルの誕生で日比谷がいっそう活気づいています。この中になんと和モダンの立ち飲み店があるのです。東銀座から移転した「立ち呑み 三ぶん」は女性客が多く、1人でも気軽に立ち寄れるお店です。

立ち飲みを始めることになったのは、若い方にも、審美眼で選んだ陶芸家の作品などの器を目で見て、手で「ほんもの」に触れながら飲んでほしいという思いからだったそうです。棚にズラリと並ぶ器は、人間国宝や北大路魯山人の作品から、骨董、薩摩切子まで目を見張る品ぞろえで、別世界へと誘ってくれます。

(日本酒CAP)青森「どぶろつく夏 純米活性にごり酒」、栃木「惣誉 特別純米酒」、栃木「無垢 仙禽(せんきん) 特別純米酒」、鳥取「山滴る 特別純米生酒」すべて6勺540円

ここでぜひ飲んでほしいのが日本酒です。北海道から九州まで、全国各地から選りすぐったその時期にしか飲めない銘柄を15種類ほど取りそろえ、6勺540円均一の低価格で提供してくれるんです。甘め、骨太と、味わいもさまざまで、ほかの店にはない銘柄もあり、陶器の「蕎麦お猪口」で供される心憎い計らいです。好みに応じて熱燗、ぬる燗にもつけてくれます。もちろん、日本酒以外にも、サワー、焼酎、ウイスキーなどもそろえています。

なかでもサワー類は、瀬戸内で採れたレモンを絞った「瀬戸内レモン生絞りサワー」756円から、「日本酒ジンジャーサワー」648円といった日本酒をベースにしたものまでバラエティー豊か。その他、パイン、オレンジ、ハチミツなどで作った「自家製サングリア」756円、ワインも赤・白・泡と取り揃えています。

天然魚からスッポン、ジビエの料理まで充実

もともと割烹料理店が手がけるだけあって素材選び、料理へのこだわりも見事。

魚介類は市場に行って毎日仕入れていますが、すべて天然もので、青森のマグロ、三宅島のカンパチなど選び抜いています。そのほか、野菜類も加賀のきゅうり、肉類は青森のまたぎから仕入れたジビエなど、旬を追っているのが特徴です。

刺身は540円~ですが、「ひと口刺身」108円という1人客向けに配慮されたメニューもあります。料理に関しては、洋食の要素もプラスして、割烹料理の枠を超えた創作系も楽しむことができます。また、短冊には、スッポン、ジビエといった豪華料理名も連なり、驚きの値段で味わえますので、1品1品見逃さずにチェックしましょう。

白身は煎り酒とわさび、赤身は地がらしと塩で味わうスタイル

まずは、店の看板メニューでもある「刺身盛り合わせ」1,236円をお願いしました。この日は、マグロ、金目鯛、ヒラマサの3点盛りで、内容は日替わりになります。こちらでは、赤身は福井の地がらしと石垣の塩、白身は煎り酒とわさびで味わうのが流儀。煎り酒とは、日本酒に梅干しや削り節などを加えた万能調味料。お醤油が高価で手に入らなかった室町~江戸時代は、この煎り酒を代用していましたが、お醤油が普及したことで幻の調味料となってしまいました。

次に、この店で大切にしている「旬」を堪能するため、「大分産ハモと白神山地産じゅんさいの酢の物」1,620円をいただきました。ハモ・じゅんさいをこの価格でいただけるなんてうれしい限り。骨切り包丁で細かく骨切りされたハモに、料理人の技を感じました。

「ゴールドラッシュのかき揚げ」648円は、甘い品種のゴールドラッシュを吟味。揚げて黄金色の衣をまとうことで、その甘さを一層際立たせていました。

フィナーレを飾るのは、「スッポンお出汁のにゅうめん」1,296円です。スッポンのエキスがほどよく引き出ていて、滋養・美容にもいい締めにふさわしい一品。麺は有名な徳島の半田製麺を採用しているところも、さすがでした。ちなみに「スッポン鍋」を948円で出しています。

お酒に迷ったら女性スタッフにたずねて「酔い時間」を

料亭を彷彿とさせるしっとりした趣きの店内は、女性が一人でも立ち寄れるよう、カウンターには女性スタッフが常駐しています。どのお酒にしようか迷ったら、利き酒師の資格を持つ伊藤ひいなさんをはじめとするスタッフにたずねてみてください。とっておきの1杯を提案してくれますよ。また平日15時~17時限定で、「生ビールもしくは日本酒サワー+好きな日本酒1杯」1,080円のお得なセットがあります。

料理、酒、調味料、器の1つひとつに「日本」に対する熱い思いが込められた店。スタッフから歴史や文化をうかがいながら飲めば、より意義深い「酔い時間」を過ごせそうです。

「立ち呑み 三ぶん」
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷3F
TEL:03-6273-3395
営業時間:15:00~23:00(LO22:00)、土曜12:00~23:00(LO22:00)、日曜・祝日12:00~22:00(LO21:00)
定休日:施設に準ずる
https://www.sanbun-ginza.jp/



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

お酒が大好きなグルメライター。女性が楽しく飲める酒場を発信。

関連する投稿


東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

昔、酒店の店先に立ちながら酒を飲むことを「角打ち」といい、北九州発祥といわれてます。現在でもこの形式で飲める酒店があり、東神奈川にある昭和9年創業の「三国屋酒店」もその1つ。現在も、店内で販売されている酒や手作り料理を座りながら楽しむことができます。アットホームな雰囲気で、女性客が気軽に飲むことができます。


田町 バル「かくはち」日本のワインにこだわる女性オーナーが手掛ける【中沢文子の女・酒場巡礼#9】

田町 バル「かくはち」日本のワインにこだわる女性オーナーが手掛ける【中沢文子の女・酒場巡礼#9】

【TVチャンピオン せんべろ選手権出場!酒場ライター中沢文子】今宵、酒場ライターの中沢文子さんが教えてくれる、女性がひとりで行けるとっておきのお店は田町にある日本ワインにこだわったバル「かくはち」。どんなお酒とつまみが待っているのかな。


野毛「じぃえんとるまん」ビール大瓶が400円! 女性もOKのせんべろ立ち飲み店【中沢文子の女・酒場巡礼#8】

野毛「じぃえんとるまん」ビール大瓶が400円! 女性もOKのせんべろ立ち飲み店【中沢文子の女・酒場巡礼#8】

中沢文子の女・酒場巡礼第8回は、センベロの聖地「野毛」にある「ぴおシティ」。赤い提灯が目印の立ち飲み店「国民酒場じぃえんとるまん」は、昼12時から営業し、なんとサッポロの赤星大瓶が400円のうえに、料理は100円~楽しめる正真正銘の「せんべろ」店です。しかも女性店長で、女性一人でも安心して立ち寄れるのも魅力です。


銀座「バー 堀川」バーの聖地でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】

銀座「バー 堀川」バーの聖地でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】

中沢文子の女・酒場巡礼第7回は、銀座「バー堀川」。全国に名を馳せる一流のバーが集う東京・銀座。世界大会などで優勝した保志雄一さんが手掛ける「バー保志」の右腕として活躍していた妙手・堀川賀正さんが独立し、2017年8月銀座6丁目に店を開きました。これまで築き上げた技を礎に生み出される美しいカクテルに、今宵、酔いしれませんか?


横浜「お加代」狸小路で60年続く焼鳥店で創作串を【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #5】

横浜「お加代」狸小路で60年続く焼鳥店で創作串を【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #5】

中沢文子の女・酒場巡礼第5回は、横浜・お加代。日本ならでは食のひとつ「焼鳥・モツ焼き」。焼く芳しい香りにそそられ、ついついお店に入って飲んでしまった…なんてことがありませんか? 代名詞のしろはもちろん、アイデア光る創作串を味わうなら、横浜駅で昭和28年から続く焼鳥の「お加代」です。ご主人も常連さんも温かく、女性も1人で気軽に飲むことができます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第三回目は“生理痛”です。


宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピー”という言葉を聞いたことがありますか? 近年注目を集めている腸内環境を整えるセラピーのようです。コロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんへお話を伺いました。


2019年8月 後半編(8/15~8/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年8月 後半編(8/15~8/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


【大友育美のおくすり晩酌#2】腸をうるおす♪ 便秘改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#2】腸をうるおす♪ 便秘改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第二回目は“便秘”です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google