「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア- bramanoli.info
「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


前回までの記事はこちらから。

男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんへのインタビュー第二回目。<40男>たちが嫌われる理由には、自分たちにはどうしようもできない学校教育や親の価値観などにも原因があるというお話。

名簿も授業も男女別々だった<40男>たち

――40代女性もなかなかですが、40代男性もかなり生きづらさを感じていますね…。今やイクメンが当たり前のような風潮で、料理や掃除、洗濯などができないと、夫としてどうかと言われてしまう世の中です。しかし、そもそも我々40代が育ってきた時代は男性は外で仕事、女性は基本は専業主婦で仕事はパートタイム、家事や育児は女性のもの、という価値観でしたよね。

そうですね。今は小学校も名簿は男女混合ですが、僕たちの頃は男女別々で出席をとる時は男子から順番に名前が呼ばれるなど明確に男女は上下で別れていました。さらに技術や家庭科といった授業は男女別習で、男子が家庭科を学ぶことはありませんでした。

――本にも書かれていましたが、家庭科をまったく学んでいないのに結婚したら「共働きなんだから家事もちゃんとやってよ」と言われ、女性が望む水準でできないと文句を言われる、というのは考えてみれば辛いですよね…。

教えてもらっていないので、大さじ一杯とか小さじ一杯とかもまったく分からないんです。「今はレシピがネットに山のようにあるんだから、あれを見れば作れるでしょう」と言う人もいますが、知識だけの問題ではありません。女子が家庭科をやっている時間に、男子は技術科を習うことで、家庭に関することは自分の役割ではないと学習してしまったことこそが問題の本質なのです。

――同じ時代を生きてきたはずなのに、女性側はその認識がスッポリ抜けているかもしれませんね。さらにいうと、我々世代の親たちは男子厨房に入らず、という考え方の人たちも多かった。母親が男の子に料理を教えたり、家事をさせるということはあまりなかったように思います。

そうですね。父親は忙しく働いていつも不在で、母親が子育てや家事などを一手に引き受けていた。そういう親の元で育てられたのですから、いくら時代は変わったと言われても、なかなか根本的に意識を変えるのは難しいと思います。さらにいうと、現代の夫婦が男女ともにフルタイムで働いていると言ったって、明確に賃金格差があるわけです。10:7で女性の方が賃金が少ない。つまり、「共働きって言っても俺の方が稼いでいるんだから」という意識が男性にはあるんですよね。実際、労働時間も男性の方が長い夫婦が多いのではないでしょうか。なので家事や育児を平等にしなくてもいい、という免罪符が与えられているような状況がある。

――それに加えて女性側も、自分たちの母親像があるので「家事や育児は女性がするもの」という呪いから完全には解放されていないんですよね。現実的に、私の周りでも保育園に預けるのは心が痛む、とか、食事がちゃんと作れないと罪悪感を持つ、という意見も多いです。子どもが病気をしたら休むのは基本的に母親ですし。

そうなんですよね…。ですが、それが“ジェンダー”、性別による苦しみなんだという認識を持っている人たちは実は少ないんです。

自分たちの生きづらさを“ジェンダーによるもの”と感じている人は少ない



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

Bramanoli編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


間違いなく『女の運命は髪で変わる』著者 佐藤友美さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

間違いなく『女の運命は髪で変わる』著者 佐藤友美さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

美容師さんと上手くコミュニケーションをとって毎回理想の自分を手に入れていますか?多くは恥ずかしくて要望をうまく美容師さんに伝えられていないのではないでしょうか? しかし!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんによるとそれはものすごくもったいないコトだそう。著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を踏まえ、どういうことかお話を伺いました。


「iroha」×『おしえて!ドクター・ルース』田中俊之先生&西野芙美さん トークショー付き試写会レポート!

「iroha」×『おしえて!ドクター・ルース』田中俊之先生&西野芙美さん トークショー付き試写会レポート!

8月30日(金)から新宿ピカデリー他で公開する『おしえて!ドクター・ルース』の公開を記念して、女性のセルフプレジャーアイテムブランド「iroha」とコラボレーションした試写会付きトークショーが開催されました。トークショーにはBramanoliにもご登場いただいた男性学の田中俊之先生とiroha広報の西野芙美さんが登壇されました。


毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

コロンハイドロセラピーを行ったことがある人はどれだけいるでしょうか? 医療機関でしかできないため、まだまだ日本では経験したことがある人は少ないと思います。そんなコロンハイドロセラピーについてコロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんに教えていただきました。


ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】

ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】

“髪は女の命”なんて言われていますが、実際、髪の毛に時間とお金をかけている女性はどのくらいいるのでしょう?「日々忙しくて髪の毛に時間なんてかけられない!」という40代女性がほとんどでしょう。ですが…日本で唯一のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むと今日からすぐに髪の毛に時間とお金をかけたくなりますよ。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。9月後半の運勢のポイントを要チェックです。


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

加賀四湯のひとつで開湯1300 年の歴史をもつ温泉、加賀温泉郷「山中温泉」。俳聖・芭蕉がこよなく愛したというまろやかな湯は美肌の効能があるとされ、環境庁・観光庁後援「うるおい日本プロジェクト 温泉総選」 女子旅部門2016‐2017 年の2-3 位にも選ばれました!そんな山中温泉の「かがり吉祥亭」が今、注目を集めています!


映画『エセルとアーネスト』大切な人がそばにいる奇跡【沁みる映画 #05】

映画『エセルとアーネスト』大切な人がそばにいる奇跡【沁みる映画 #05】

「スノーマン」という絵本をご覧になった方は多いのではないでしょうか? 優しいタッチのスノーマンはキャラクターとしても広く愛される、絵本の名作です。世界中にファンを持つイギリスの絵本作家レイモンド・ブリッグズが描き出す世界はとても優しく、時にリアルに私たちの心を打ちます。そんなレイモンドが描いた『エセルとアーネスト』は自信の両親の人生を描いた原作をアニメーション化したもの。過酷な時代生きたふたりの平凡な男女の世界を温かくもリアルに描きます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google