お肌が喜ぶ食べ物を食べていますか?美しい肌は食事で作り出す

お肌が喜ぶ食べ物を食べていますか?美しい肌は食事で作り出す

アラフォーになると急にシミが目立ってくることがありますが、これには女性ホルモンの減少によるターンオーバーの変化が関係しています。また、美肌対策の最も効果的な方法のひとつが食生活の改善です。美肌効果のある食べ物を積極的に摂っていきましょう。


ターンオーバーのしくみ

40代になると急にシミが目立つようになるものです。これは女性ホルモンの分泌量が低下することによって、肌の新陳代謝がなかなか進まなくなり、ターンオーバーが遅れがちになることと、メラニンがつくられやすくなることなどが原因です。

肌にメラニンがつくられても、およそ28日後にはターンオーバーで古い角質とともに肌の外に押し出されます。しかし新陳代謝を促す働きの女性ホルモンは、アラフォーになるとかなり減少してしまいます。そのため、肌にできたメラニンがなかなか排出されずに残ってしまうことになります。

ビタミンCが美肌を作る

アラフォーからの美白に欠かせないのがビタミンCです。ビタミンCは、皮膚科でも色素沈着の治療に飲み薬として処方されているほどで、美白効果は証明済み。そんなビタミンC、うれしいことに身近な食べ物にたっぷり含まれています。

熱に弱く時間経過でも失われやすいビタミンCは、水にも溶けやすいため、含有量よりも摂取のしやすさ意識しましょう。

摂りやすい食べ物としては果物かジャガイモがおすすめです。果物では柿やキウィ、いちご、柑橘類に特に豊富に含まれています。新鮮なうちになるべくたくさん、毎日食べたいものです。ジャガイモはデンプン質であるため、ビタミンCが壊れにくく、流出もしにくいので摂取しやすい食べ物の代表と言えます。いろんな料理に使えますし、加熱しても大丈夫なので、ビタミンCの供給源として有効に利用したいものです。

ザクロも美肌におすすめ

美肌効果が高いと評判のザクロには、メラニン色素をつくる酵素の働きを抑える成分が入っています。美白にたいへん効果のある食べ物なのでシミができる前に積極的に摂りましょう。ちなみに、同じ成分はイチゴやラズベリー、ナッツ類にも含まれているので、食べやすいものを選んで摂りましょう。
 
肌が乾燥すると傷みやすくなるので、メラニンがなるべくつくられないようにする為に肌にストレスをかけず、水分を十分補給して保湿することが大切です。そして、肌を保湿しやすくし、良好な状態に保つに為にビタミンEやイソフラボンを摂取しましょう。
 
ビタミンEは大豆やナッツ類、たらこ、ゴマ、卵黄に多く含まれています。イソフラボンは大豆に含まれており、特に吸収率が高い発酵食品、味噌や納豆がおすすめです。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、女性ホルモンが担っていた美白効果がある程度期待できるようです。

葉酸やアスタキサンチンなども取り入れて

葉酸には細胞分裂を促し新陳代謝を高める作用があります。肌のターンオーバーがスムーズにおこなわれるようになれば、美白が期待できるので、葉酸はぜひとも摂りたい成分です。特に含有量の多い食品としてはレバーですが、苦手な方は生の緑黄色野菜やウナギ、納豆をで食べるとよいでしょう。
 
シャケやエビ、カニのアスタキサンチンには、メラニン抑制効果があります。なるべく色の鮮やかなシャケを選んで、できれば毎日食べたいものです。大豆や小麦胚芽、ハチミツに含まれているL-システインという成分は、肌に沈着してしまったメラニンを排出する働きがあるので、これらも頻繁に摂っていきたいものです。
 
メラニンは溜まっていくもの、増えるものだと諦めず、身近にある効果的な食べ物を積極的に食べることで美白を維持していきましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連する投稿


40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

「忘れないようにと書いたメモの行方が分からない」「うっかりミスが増えた」「一体私はこの部屋に、何を取りに来たんだっけ?」。そんな経験はありませんか? 実は、「記憶力の低下」や「もの忘れ」は、女性ホルモンの低下によって増加することがわかっています。今回は、更年期によくあるこれらの症状について、予防・改善するトレーニング方法をお伝えします!


“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

40代半ばからグンと低下していく女性ホルモン。生きていれば誰もが起こるカラダの変化ですが、果たして私たちにできる対策方法はあるのでしょうか。そこで今回はいつでもどこでも指1本で行える、更年期の体調がグッと良くなるツボをご紹介します!


今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】

今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】

そもそも女性ホルモンってなに? 女性のカラダが女の子から大人になるのに関係あるの? 生理と女性ホルモンの関係とは? アラフォーは女性ホルモンってどういう状態になっているの? 助産師のやまがたてるえさんに“アラフォー女性からの性教育”として優しく丁寧に時に笑いを交えながら教えていただきます。


デリケートゾーンのにおいの悩み「何だか臭うかも…」そんなときは?│おしえて!咲江先生(1) 

デリケートゾーンのにおいの悩み「何だか臭うかも…」そんなときは?│おしえて!咲江先生(1) 

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!Bramanoliではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。栄えある第一回目は“デリケートゾーンのニオイ”問題です。


おりものの悩み「量が多い気がする」そんなときは? │おしえて!咲江先生(2)

おりものの悩み「量が多い気がする」そんなときは? │おしえて!咲江先生(2)

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!Bramanoliではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。第二回目は女性なら誰もが直面する“おりもの”問題です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。


高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

40代になり、今までのスキンケアでは肌の状態がキープできない…なんてお悩み、ありますよね。老化した肌を美肌にするにはラグジュアリー化粧品を使わなきゃいけないのではないかと考えがちですが、そんなことはないようです。『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長の山﨑まいこさんに教えていただきました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
https://antibioticlistinfo.com/