更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期以降、約50年は続くと言われる人生100年時代。ならば、健康に豊かにイキイキと生きたいものです。そのためには更年期の過ごし方がとても大切だそう。女性の健康と更年期問題に寄り添うメノポーズカウンセラーに女性が人生100年時代を幸せに生きるためのヒントを教えてもらいました。


前回までの記事はこちらから

人生100年と仮定すると、閉経以降50年間も生きることになります。つまり、更年期にいかに自分の身体をメンテナンスするかによってその後50年間楽しく健康に生きられるかどうか変わってくるのです。更年期にも負けず、いつまでも溌剌と生きるためにはどうしたらいいのか。

女性誌「クロワッサン」で長年更年期の女性のための情報発信をしてきた越川典子さん、40代からの女性の健康管理を主としたクリニックで看護師として更年期の女性に寄り添ってきた江藤亜矢子さん、ヘアケアを専門とし女性の髪の悩みと対策に詳しい元井里奈さんによるメノポーズカウンセラー鼎談、最終回です。

更年期の“その先”を考えて今から対策をする

――こうして更年期のお話をきいていると、「更年期が怖い」と不安に思う女性も多いと思います。

元井さん:そういう方は、メノポーズカウンセラーの勉強会にぜひ一度参加してみて欲しいです。私は、最初に勉強会に参加をした時に、参加されている方たちがみなさんキレイでお若くて、驚くのと同時に、頼もしく思いました。

越川さん:そうですね。前向きな方が多いですね。正しい知識を身につけていれば、自分に不調が起こった時になんらかの対策を見つけられると思うんです。そして周囲に困っている人がいたらぜひ手を差し伸べて、メノポーズカウンセラーに繋げてほしいです。

日本人女性は世界の中でも睡眠時間が短いということをご存じでしょうか? 更年期に子育てに親の介護に仕事、家事、夫の世話…(笑)なにせ忙しいんですよね。知らず知らずのうちにみんな頑張っています。でも、身体の声は聞いてほしいです。不調を放ったらかしにせず、ちゃんと自分で自分をケアしてほしい。更年期はある意味、自分の身体の声を聞き、向き合い、セルフマネジメントの計画を立てられる最後のチャンスです。人生100年時代を生きる私たちは、閉経後にまだあと50年もあるんですから!

――閉経後に50年…ほんとですね。更年期以降をいかに生きるか、考えておくことはとても大事なことですね。

越川さん:そうです。やりたいことを見つけておくのも大事なことです。人生やりたいことがあるから、自分の身体をメンテナンスして健康を保とうと思えるんですよね。女性も自分で自分の人生を選んでいく時代です。高齢出産が増えているので、更年期に子どもが小学生だったり、親の介護が始まったり、仕事も責任ある立場になったりと四点セットでやってくる方々も多いんです。ホルモン補充療法などを使って自分をうまくコントロールしていかないと、とても体が持ちません。

江藤さん:更年期の悩みをきいていると、はじめは身体的な相談だったのに、いつの間にか家庭や仕事の話になっていることがよくあります。そうなると身体だけを診る病院という機関では対応しきれない部分もあります。なので、そういう時にこそ、ちゃんと更年期を理解してもらうために、メノポーズカウンセラーが話を聞くことが大切になってくると考えています。誰かに相談することができずに、ひとりで悩んで仕事をやめてしまったりする方もいます。私のところに相談にいらっしゃる方たちには「大きな決断は体調のいいときにしたほうがいいですよ」とお伝えしています。

越川さん:必ず方法はあります。昔は、「更年期のトンネルはいつか抜ける」と言われていましたが、抜けるということは、身体が老化した状態に慣れていくという意味なんです。でも、そのあと50年あることを考えて、なるべくエイジングを遅らせるという発想で、女性医療を考えるといいと思います。

女性の価値観も多様化。自分で選ぶ時代

江藤さん:最近は、女性も二極化しています。ホルモン補充療法は自然じゃない、とおっしゃる方がいる一方、ご自身で情報を入手して前向きに検討する女性も増えています。できるだけいい状態で働きたいので、ホルモン補充療法を選びたいから詳しく教えて欲しい、という方も増えてきました。インターネットでいくらでも情報を入手できますから、賢い人はどんどん生きやすくなっていますよね。

越川さん:そうですね。あとは、女性は世代間の差も大きいかな。30代の方とお話すると「10年後に絶対お世話になります」って言われます。それを聞くと、世代によって感覚が違うなあと思います。なので、柔軟な若い世代が情報を入手して、親に教えてあげるくらいになってほしいと思います。家族も更年期について知っていれば、自ら声を上げなくても家族の方から声かけができますしね。そう考えると、女性だけではなく、男性にも情報提供をしていかないとと、思いますね。

元井さん:家族にすら言わない女性が多いですよね。自覚があるんだったら、家族や職場に口に出していわないと誰も状況がわかりません。「私の身体は今こういう状況だから」と理解をしてもらわないと。育児も一緒です。家族に自分の状況や希望を伝えないとどうして欲しいのか分かりません。夫とどんな風に育児に向き合ってきたか、ということが更年期にも繋がるんです。さらには介護が始まったときの状況にも繋がります。ちゃんと説明できる、話し合える関係を作っておくことが大切ですね。

――最後に今後のメノポーズカウンセラーの展開について教えてください。

江藤さん:『NPO法人更年期と加齢のヘルスケア』のホームページに、メノポーズカウンセラーを取得した方のお名前が掲載されています。これからはメノポーズカウンセラーとサポートを必要とする女性がつながる道筋をつくっていけたらと思っています。他には、電話相談なども検討しています。

――なんとなく話題にしてはいけないと思っていた更年期ですが、こんなにいろいろ対策があることを知って少し怖くなくなりました。情報を集めて対策をすれば怖くない。先手必勝でいきましょう!

文/北 奈央子、撮影/鈴木 志江菜



越川 典子(こしかわ のりこ)さん
合同会社ウェルネス&キャリア通信社代表
国家資格キャリアコンサルタント、米国CCE認定キャリアカウンセラー。名古屋工業大学実務型教員。25年所属した女性誌「クロワッサン」では副編集長として医療・美容の編集ディレクションをする。現在は、取材・執筆を続けると同時に、ヘルスケアとキャリアと2つの領域から女性の支援を続け、講演・セミナー活動も行う。日本更年期と加齢のヘルスケア学会幹事。メノポーズカウンセラー、女性の健康とワークライフバランス推進員。



江藤 亜矢子(えとう あやこ)さん
小山嵩夫クリニック看護師長
1997年より現職である40代からの女性の健康管理を主とした婦人科クリニックに勤務。長年にわたり多くの更年期女性への健康相談を行っている。日本女性医学学会代議員、日本更年期と加齢のヘルスケア学会幹事、認定女性ヘルスケア専門看護師 認定シニアメノポーズカウンセラー 聖路加国際大学大学院看護学研究科修士課程修了。2児の母。



元井 里奈(もとい りな)さん
毛髪診断士、メノポーズカウンセラー、サプリメントアドバイザー。髪の毛、女性ホルモン、栄養学に関する幅広い専門知識をもとに抜け毛や薄毛に悩む女性1,000人以上のカウンセリングを行う。女性用・育毛サプリメント「ヘアドルーチェ」をプロデュース。ヘアケアコラムや動画の監修、セミナー等も。慶應義塾大学卒業。1才の娘を育児中のアラフォー。

女性用・育毛サプリメント「ヘアドルーチェ」
ブログ「ワーママ毛髪診断士が教える、35歳から始める育毛・美髪ケア」
ツイッター
インスタグラム



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

Bramanoli編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


43歳 2つの大きな出会いが待っていた! ライフシフト・ジャパン河野純子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

43歳 2つの大きな出会いが待っていた! ライフシフト・ジャパン河野純子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“ライフシフト”という言葉を聞いたことがありますか? ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として、100年ライフを楽しむ”こと。ライフシフト・ジャパン 執行役員CMO 河野純子さんにご自身が思う、働くということや人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第二回です。


ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として100年ライフを楽しむ”こと。今まさにライフシフトの途中だという河野純子さんに、ご自身が思う働くということ、人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第一回です。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


“恋愛結婚というパッケージ”が日本の夫婦をおかしくする<最終回>【#FocusOn】

“恋愛結婚というパッケージ”が日本の夫婦をおかしくする<最終回>【#FocusOn】

『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者の大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さん。男性学の第一人者である田中先生からお話をお伺いしてきたインタビュー最終回は現代社会の結婚についてです。


日本の育児休業の取得率はわずか6.16%!社会問題を個人の問題に転換する恐ろしさ<第三回>【#FocusOn】

日本の育児休業の取得率はわずか6.16%!社会問題を個人の問題に転換する恐ろしさ<第三回>【#FocusOn】

日本の育児休業の取得率はわずか6.16%!『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者の大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さん。男性学の先駆者である田中先生に男性の育児休業率の低さなどについてお話を伺いました。インタビュー第三回目です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


43歳 2つの大きな出会いが待っていた! ライフシフト・ジャパン河野純子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

43歳 2つの大きな出会いが待っていた! ライフシフト・ジャパン河野純子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“ライフシフト”という言葉を聞いたことがありますか? ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として、100年ライフを楽しむ”こと。ライフシフト・ジャパン 執行役員CMO 河野純子さんにご自身が思う、働くということや人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第二回です。


宮本真知のタロット占い【7月22日(月)~7月28日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月22日(月)~7月28日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


“卵巣年齢”気になりませんか? 自宅で手軽にチェックできる「F check」

“卵巣年齢”気になりませんか? 自宅で手軽にチェックできる「F check」

日本は不妊治療大国だということをご存知でしょうか?「国際生殖補助医療監視委員会(ICMART)」の報告によると、日本の2010年の体外受精実施件数は24万2161件。これは第2位のアメリカの約1.6倍!多くの女性が子どもを望み、不妊治療をしている現実がありますが、不妊治療を取り巻く環境が整備できているとはとても言えない現状です。そんな中、卵巣年齢が自宅でチェックできるという「F check」が発売されプレス発表会が行われたので行ってまいりました!


腹立つ! もう我慢の限界…そんな時におすすめのえほん【心をうるおす大人の絵本 # 10】

腹立つ! もう我慢の限界…そんな時におすすめのえほん【心をうるおす大人の絵本 # 10】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】あーもうイライラする! 我慢の限界! 子どもに友人に同僚に後輩に部下に…腹が立つことありますよね。そんな時、気持ちを落ち着かせてくれる絵本を絵本コーディネーター東條知美さんがピックアップ! 自分の機嫌は自分でとる、そんなオトナになりたいですね。


「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

ひとり飲み情報♪ 女性がひとりでも安心して入ることができる居酒屋を酒場ライターの中沢文子さんに教えていただく人気連載。11回目は東京ミッドタウン日比谷3Fにある「立ち呑み 三ぶん」。東京ミッドタウン日比谷に立ち飲み屋さんが入っているなんて驚きですが、中沢さん曰く「東京ミッドタウン日比谷は昼のみの聖地」なんだそうです!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
BramanoliアプリダウンロードバナーPC_news_フッター