【大人の薬膳レシピ】女性ホルモンを活性化する「山芋」「豆乳」で大人の女性力をUP

【大人の薬膳レシピ】女性ホルモンを活性化する「山芋」「豆乳」で大人の女性力をUP

大人の女性力をアップするには女性ホルモンを活性化するのが決め手。薬膳では、大人の女に磨きをかけるアラサー・アラフォー女性に欠かせないとされるが、“気”と“血”“津(水)”を補ってくれる食材選びです。そこで今回は、「山芋」と「豆乳」を使い女性ホルモンを活性化する薬膳レシピをご紹介します。


山芋は生活習慣病の予防にもなり美容効果も

私たちの体は①気(エネルギー)②血(栄養素)③津(血液以外の体液)から成り立っていて、このバランスが崩れると体調不良が起こります。女性ホルモンも、実はこの3つの要素を持った食材+「腎」を高めてくれる食材を選ぶことで活性化されるんです。

今回のレシピに使っている山芋と豆乳は「気」「津」を補い、ホウレン草と人参、黒ゴマは「血」を補い、人参と黒ゴマは成長発育・生殖機能に関わる「腎」の働きを高めてくれる、まさに大人の女性力をアップしたい方にとって見逃せない食材ばかりです。

山芋は「ジアスターゼ」「アミラーゼ」「カタラーゼ」といった酵素が豊富。豆乳は女性ホルモンと似た働きがある「大豆イソフラボン」や美肌効果の高い「ビタミン類」をたくさん含み、どちらも女性力をアップするのにおすすめの食材です。

大人の女性におすすめ「山芋と緑黄色野菜の豆乳スープ」

今回のレシピのポイントは、豆乳を仕上げに加えて弱火で温めること。火力が強いと豆乳独特のクセが出てしまいますが、弱火だと豆乳のまろやかさが出ておいしく仕上がります。

豆乳は、やさしい味がお好みなら「無調整豆乳」を、しっかり味つけしたいなら「調整豆乳」を選ぶといいですよ。豆乳が苦手な方は牛乳で代用するのも◎。牛乳はたんぱく質にカルシウム、ビタミンB2が豊富でイライラしや肌のカサつきにおすすめの食材です。

山芋と緑黄色野菜の豆乳スープの材料

材料(2人分)
山芋・・・10㎝
ホウレン草・・・1/2束
人参・・・1/2本
豆乳・・・300ml
水・・・100ml
コンソメ(キューブ状)・・・1個
塩・コショウ・・・少々
黒ゴマ・・・適宜

山芋と緑黄色野菜の豆乳スープ作り方

【作り方】
1.ミキサーで皮をむいた山芋と人参、サッと水洗いしたホウレン草を入れて攪拌します。
2.鍋に水とコンソメを入れて火にかけ、コンソメが溶けたらいったん火を止めます。
3.豆乳を加えたら弱火で温め、最後に(1)を加えてサッと混ぜます。
4.塩・コショウで味を調え、器に盛って黒ゴマを散らせば出来上がり!

山芋は乾燥する季節におすすめの食材

山芋には呼吸機能を担当する“肺”を潤す働きもあり、空気が乾燥するこれからの季節にも欠かせない食材のひとつなので、是非、意識して食べるようにしてくださいね。ちなみに、山芋や長芋って調理の際に手につくとかゆくなりますよね?そんな時におすすめなのが、調理の前に酢水で手を洗うこと。こうすると不思議とかゆくなりませんよ。

今回のレシピに使った人参やホウレン草などの緑黄色野菜には、体に不必要なものを排出する力の強い食材です。活性化した女性ホルモンのバランスを整えるには、山芋や豆乳をはじめ緑黄色野菜で出す力を高めることも大切になります。1杯のスープだけでこの量の野菜が摂れ、しかも濃度があるので満腹感もあり、忙しい朝の食事代わりに“食べる”のもおススメです。

薬膳アドバイザー 川端真弓



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

薬膳アドバイザー・風土ライター/食にまつわるコラムや薬膳レシピを提供しつつ、コーチとして心の栄養を注ぐコーチング活動も展開中。

関連するキーワード


薬膳レシピ 女性ホルモン

関連する投稿


40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

「忘れないようにと書いたメモの行方が分からない」「うっかりミスが増えた」「一体私はこの部屋に、何を取りに来たんだっけ?」。そんな経験はありませんか? 実は、「記憶力の低下」や「もの忘れ」は、女性ホルモンの低下によって増加することがわかっています。今回は、更年期によくあるこれらの症状について、予防・改善するトレーニング方法をお伝えします!


“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

40代半ばからグンと低下していく女性ホルモン。生きていれば誰もが起こるカラダの変化ですが、果たして私たちにできる対策方法はあるのでしょうか。そこで今回はいつでもどこでも指1本で行える、更年期の体調がグッと良くなるツボをご紹介します!


今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】

今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】

そもそも女性ホルモンってなに? 女性のカラダが女の子から大人になるのに関係あるの? 生理と女性ホルモンの関係とは? アラフォーは女性ホルモンってどういう状態になっているの? 助産師のやまがたてるえさんに“アラフォー女性からの性教育”として優しく丁寧に時に笑いを交えながら教えていただきます。


デリケートゾーンのにおいの悩み「何だか臭うかも…」そんなときは?│おしえて!咲江先生(1) 

デリケートゾーンのにおいの悩み「何だか臭うかも…」そんなときは?│おしえて!咲江先生(1) 

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!Bramanoliではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。栄えある第一回目は“デリケートゾーンのニオイ”問題です。


おりものの悩み「量が多い気がする」そんなときは? │おしえて!咲江先生(2)

おりものの悩み「量が多い気がする」そんなときは? │おしえて!咲江先生(2)

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!Bramanoliではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。第二回目は女性なら誰もが直面する“おりもの”問題です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


経年劣化だけじゃない! 地震に豪雨、何かあった時のお家のトラブルを最小限にする方法

経年劣化だけじゃない! 地震に豪雨、何かあった時のお家のトラブルを最小限にする方法

お家の小さなトラブルをそのままにしていませんか?建ててから10年程たつと修繕が必要になってくるといわれるお家のトラブルをほうっておいてはいけません。ホームラボなら全国津々浦々あらゆるお家のトラブルに対応する修理業者を無料で紹介します。いつでも気軽にお問い合わせください。


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
dekorde.com

baden-medservice.ru