理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


体の変化による更年期の心の不安

「理由がないのに漠然と不安に感じる」
「たいしたことではないと分かっているのに落ち込んでしまう」

そんな経験はありませんか?

更年期は、体の中で女性ホルモンがダイナミックな変化をします。その影響からホットフラッシュや、手足の冷え、関節の痛み、物忘れ、疲れやすい、など、これまで感じたことがないような不調を感じやすくなります。

そんなカラダの変化に心もついていけなくなってしまう、そんな悩みを持つ人も少なくありません。

また、突如白髪が増えたり、肌のハリやシミやシワが気になり始めたり、太りやすくなるなど、変化していく見た目の変化にも心がダメージを受けやすくなっています。

女性ホルモンは気持ちを明るく保つ役割もあります。そのため、女性ホルモンが減ってくる更年期は、不安感を感じやすい時期でもあるのです。

環境の変化による不安感

不安になる理由は、体の変化ばかりではありません。40代、50代は周囲の環境も大きく変化していきます。

仕事、子育て、家事、地域の活動、介護、家族や配偶者との関係、経済的なこと、悩みのタネは数えるときりがありません。いつもだったら、くよくよしないで前向きに乗り越えてきたことも、女性ホルモンが変動しているこの時期はどうしても打たれ弱くなりがちなのです。

環境の変化については、紙に書き出してみてください。紙に書くと客観的に捉えやすくなります。客観的に見られるようになると心構えもでき、同じように大変ではあるけれど随分違って感じられるものですし、変化への対策も立てやすくなります。

心がスッキリ! おすすめの対策ケアは軽い運動

心のケアにおすすめなのは何よりも運動です。

なかでも、ウォーキングやジョギング、バランスボールエクササイズやエアロビクスなど、一定のリズムで体の筋肉を動かす有酸素運動がおすすめです。なぜなら、リズミカルに体を動かすことで、心が落ち着いてさわやかな気分にさせる脳の神経物質「セロトニン」が活性化することが分かっているからです。

少し息が上がる程度の運動を週に1回行うだけでも、うつ病の発症が大きく抑制されることは、世界中の様々な研究者が証明しています。それに、運動をおすすめするもう一つの理由は、確実に「体力」が回復するからです。これは自信に繋がります。

不安感を和らげるツボ

不安を和らげる「労宮(ろうきゅう)」というツボもあります。その場ですぐできるのでぜひ試してみてください。

手のひらの中央、くぼみの部分。手を軽く握った時、中指と薬指の真ん中にある。

・「気持ちいい」強さで指圧します。一回5秒を5セット
・スーパーボールやゴルフボールがあれば、両手で挟んで回すようにしてほぐしましょう。

更年期の心の不調は病院で治療することも検討して

更年期特有の不安や気持ちの落ち込みには、婦人科が力強い味方になってくれます。最近では更年期障害の治療に力を入れている婦人科もあります。

女性ホルモンの低下によって起こる更年期のうつ症状と、うつ病は原因も違えば治療法も異なります。しかし、素人が簡単に見分けるのは至難の技です。辛い時には我慢をしすぎず、専門家である医師に相談をすることは自分を守るための大事な選択肢です。

信頼できる友人や知人にモヤモヤとした不安感を伝えることで、気持ちが楽になったという方もいます。不安になることや弱音を吐くこと、人に相談することは、恥ずかしいことではありません。体や心の不調を感じたらまずは周囲に相談してみてくださいね。

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ピラティスや産後ケアの指導者として活動する中で、40代の受講者たちの声を受け更年期を迎える女性をサポートする「ちぇぶら」を設立。

関連するキーワード


更年期 永田京子

関連する投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

40代になり、今までのスキンケアでは肌の状態がキープできない…なんてお悩み、ありますよね。老化した肌を美肌にするにはラグジュアリー化粧品を使わなきゃいけないのではないかと考えがちですが、そんなことはないようです。『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長の山﨑まいこさんに教えていただきました。


閉経をお祝いしよう! 閉経後のメリットとは?【更年期は人生が輝くチャンス #47】

閉経をお祝いしよう! 閉経後のメリットとは?【更年期は人生が輝くチャンス #47】

閉経を“女性として終わり”とネガティブに捉えることがありますが、そんなことは全くありません!初潮を迎えた時にお祝いをしたように、閉経もお祝いで迎えましょう! 新たな人生のステージに立つ門出として、閉経や更年期を前向きに捉える考え方についてNPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんが教えてくれます。


その頭痛、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #45】

その頭痛、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #45】

40代になって頭痛に悩まされるようになった、という方、それ更年期かもしれません。ズキンズキンとこめかみ辺りが痛んだり、頭全体がぎゅーっと締め付けられるように痛んだり…。昔から頭痛もちだった、という方も更年期の頭痛はまたちょっと違うよう。更年期頭痛に向き合う方法、対処法について更年期の専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング