「面倒くさい」がセックスレスの理由ってどういうこと?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#31】

「面倒くさい」がセックスレスの理由ってどういうこと?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#31】

“セックスが面倒くさい”これが理由でセックスレスの夫婦も多いでしょう。いったいなぜ面倒くさいのか、めんどくさくなくなる方法は? ネガティブなセックス観を変える方法は? 人間の歴史は“面倒くさい”を乗り越えた歴史だった!? 夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生に教えていただきました。


何万組もの夫婦のカウンセリングを行ってきた夫婦仲相談所 所長、三松先生がズバリ答える、なぜ妻はセックスを面倒くさいと感じてしまうのか? なぜ夫はセックスを“仕事で疲れている”という理由でしたくないのか。そこには人間の本能に通じる深い理由があったのです。

セックスレスの1位の理由。男性は“○○○○○”

日本家族計画協会のセックスレス調査の結果はネットニュースのみならず新聞、雑誌でたびたび登場しています。

2017年発表分では既婚者のセックスレスの割合が47.2%。
約2組に1組と半数に届く数値です。そして、セックスレスの理由の1位がなかなか考えさせられるものでした。

男性 → 仕事で疲れている
女性 → 面倒くさい


一言で言い切ると「そうだよねえ」と納得してしまいます。

しかし、その背景には様々な男女の言い分が見え隠れします。長時間勤務や満員電車通勤で“疲れている”人ももちろんいるでしょうが、欲求に突き動かされるなら疲れていようが眠かろうがいたします。また妻が魅力的であれば、5分で終わろうがとりあえず乗っかってしまうでしょう。そして年から年中、疲れているわけでもなし。夜の営みを断るのに「疲れている」は非常に波風立たない理由となります。寝室事情を穏便にする魔法のことば。夫婦間セックスは、疲れている以外にも様々な要因があるのです。妻にとっては耳が痛い理由かもしれません。

ですが今回、そこは置いておいて私が注目するのは妻側の理由である「面倒くさい」です。これに関しては女性だけでなく男性も感じています。そこでセックスを面倒くさいと感じている多くの夫婦に話を聞いたり、書物を読んだりし深掘りしてみました。

便利になった世の中において一番面倒くさいのは“恋愛”と“セックス”

2009年に出版された名著「セックスレス亡国論」(朝日新書)がその理由を的確に解説していると実感しています。仏文学者の鹿島茂先生の指摘を元に「セックスが面倒くさい」について考えてみましょう。

人は面倒くさいことを回避する

鹿島先生は「ひとは面倒くさいことはしたくない。面倒くさいことの代行業が資本主義を成り立たせる」とズバリ指摘します。

たしかに、家電製品においては洗濯物を畳んでくれるたたみ機まで発明されています。豆と水を入れておけば挽いて、落として、保温してくれる自動珈琲マシンもあります。宅配業もコンビニも面倒くさいことを解消してくれます。大きな会社やラブホテルにはお掃除専門の人もいますね。

鹿島先生は生活が便利になってきて、一番面倒くさいものが恋愛とセックスだと言い切っています。

恋愛が苦手な若い世代

私は今の若い男女はゲームやITツールが発達した時代に育っていて、ガチで生の人付き合いが希薄になっていると考えています。メールで告白し、メールで恋愛を進行させ、ネットでセックスのハウツーを自己学習します。

男性は女性と付き合おうと見栄を張ったり、口説き方を工夫したりせずともよい恋愛合理化社会。モテない系男子はネット上で疑似恋愛とセックスもできます。さらにマッチングアプリで探した条件が合う彼女とセックスもできる。

女性側は、仕事で能力が発揮できる社会になり、彼氏が欲しいと言いながらも仕事にパワーシフトしてしまいます。恋愛はいろいろ面倒くさいからです。

特に男性は生のコミュニケーションは苦手なのでセックスにイマイチ自信がない。ダメ出しを食らうとしょげる。次の相手はアプリの中に何百人もいるので、たいした喧嘩も言い合いもせずに別れる。喧嘩は面倒くさい行為ですものね。

マッチングアプリや出会い系サイトの開発も、面倒くさいことの代行になっているのではないでしょうか。さらに言うとラブホテル検索サイトもそうです。昔はホテルの前に行かないとイケてるホテルかどうかわからなかった。とても面倒くさかったですね。

なぜセックスは面倒くさいのか

男性はセルフプレジャーで、簡単にオーガズムを得ることができますが、セックスはそうはいきません。面倒くさいお誘いの言葉がけ、雰囲気作り、キス、前戯…女性はセクシースイッチをオンしてもらう雰囲気や、「好きだよ」的な愛の言葉や、あちらこちらへのタッチがあってその気になる。男性からすれば面倒くさいものです。

「夫がインスタントセックスで全然つまらないからしたくなくなった」という発言はまさに面倒くさがる夫を批判した言葉。

愛を感じない&気持ちよくないセックスなら女性も面倒くさくなっていきます。さらに女性はビフォーアフターでシャワーを浴びたり、脱毛したりなどやらなければいけないことも多い。

“面倒くさい”ことをするからこそ人生に彩りが生まれる

資本主義が「面倒くさいことの代行業」で発展するのはよいことですが、男女の本能を鈍化させてゆくのは寂しいことです。鹿島先生は、人類の歴史は面倒回避と戦って子孫を残そうとしてきた歴史と仰っています。少子高齢化が叫ばれる我が国は、これからどう変わってゆくのでしょう。

婚姻数は2018年59万組で、戦後最小数を記録しました。離婚数は増加こそしていませんが一年で21万組です。そして出産適齢期(25-39歳)の人は毎年25万人減少中。私の持論は子供を作るためにセックスしましょうということではありません。人生の彩り、愛のコミュニケーションとしてセックスをしていただきたいと考えています。しかし、セックスレスの増加と婚姻数減少は連動していますね。

「面倒くさい」ことは代行してもらいたいという我々の本能。

恋愛もセックスも面倒くさくなくなるにはどうすればよいか、厚生労働省の方々と一緒に真剣に考えてゆかなければならない問題だと思います。



夫婦仲相談所所長/執筆家 三松真由美

セックスレス亡国論 (朝日新書)

セックスレスに結婚氷河期と、お寒い限りの日本のカップル事情。それは資本主義の避けられない宿命なのか!?  古今の性風俗に精通する仏文学者の鹿島教授に、性愛文化に憧れ渡仏した熟女ライターが挑み、セックスレスの歴史と真実がひもとかれる。悩める男女に希望をもたらす警世の書!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。

関連する投稿


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。


アラフォーセックスクライシスを憂う前に恋愛相手を見つけよ!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#35】

アラフォーセックスクライシスを憂う前に恋愛相手を見つけよ!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#35】

40代シングル女性がセックスをするためにはまずは恋愛相手を見つけることから。ではいったいどうやって恋愛相手を見つければいいのか?数万組の男女の相談にのってきた専門家 夫婦仲相談所所長の三松真由美さんに教えていただきます。


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。


一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

セックスを再開したいのに夫からの誘いはなし。自分からはどう誘えばいいか分からない。そんなお悩みをお持ちの妻たちも多いことでしょう。そこで多くの夫婦問題を解決してきた、夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんにセックスレス解消法を教えていただきました。


就職氷河期世代はセックス氷河期にも苦しむ!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#33】

就職氷河期世代はセックス氷河期にも苦しむ!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#33】

アラフォークライシスに苦しむアラフォー女性はセックスレスにも悩んでいる!?数万組の夫婦のセックスのお悩みを聞いてきた、すずね所長こと夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにアラフォーセックスレスの現状について教えてもらいました。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。


高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

40代になり、今までのスキンケアでは肌の状態がキープできない…なんてお悩み、ありますよね。老化した肌を美肌にするにはラグジュアリー化粧品を使わなきゃいけないのではないかと考えがちですが、そんなことはないようです。『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長の山﨑まいこさんに教えていただきました。


今日は一日家から出ない!そんな日に遠くへ連れて行ってくれる絵本   【心をうるおす大人の絵本 # 09】

今日は一日家から出ない!そんな日に遠くへ連れて行ってくれる絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 09】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】しとしと雨が続く、そんな季節は一日中家でまったりしていたい…そんな時、家にいながら旅気分を味合わせてくれる絵本を絵本コーディネーター東條知美さんがピックアップ! 世界はどこまでも広がっていくのです。


宮本真知のタロット占い【6月10日(月)~6月16日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月10日(月)~6月16日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング