紫外線A波 B波 SPF PA 紫外線の種類についておさらい!

紫外線A波 B波 SPF PA 紫外線の種類についておさらい!

美肌づくりは紫外線対策から!今回は紫外線の種類の違いによる肌への影響と、予防法を紹介します。いつまでも白く健康な美肌を保つため、紫外線の特徴をしっかり理解して対策しましょう。


紫外線A波はじわじわとシワ・たるみを引き起こす

紫外線は波長の長さなどによってA波、B波、C波の3つの種類に分けられ、その中で地上まで届き私たちの肌に影響を与えているのがA波とB波の2種類。95%はA波です。
このA波は、数年後に肌トラブルとなって現れるおそろしいタイプ。エネルギーは比較的弱いので、浴びてもすぐに影響が現れず、肌へのダメージをじわじわ…と蓄積していきます。

紫外線によるシワやたるみは、主にこのA波が原因だと考えられています。
肌の深い部分にはコラーゲンなど肌のハリを生み出す大事な細胞があります。波長の長いA波はこの部分まで届くため、大事な細胞にダメージを与えてしまい、結果としてシワやたるみが起きてしまうのです。

A波の困った点は、季節や天気を問わず降り注ぐ上に窓ガラスなどをすり抜ける性質のため、屋内でもダメージを受けてしまうこと。当たっても肌へのダメージがすぐに見えないので、影響が少ないように思われがちで対策を怠ってしまう人が多いのですが、長い目で見ると肌のコンディションを悪化させる大きな要因になっています。面倒だなぁ…と思っても、適切な対策を行いダメージを蓄積させないことが大切ですよ!

美白の大敵 肌を黒くする紫外線B波

B波は地上に到達する紫外線の5%程度しかありませんが、少ないからといって侮るなかれ。強力なエネルギーを持ったB波は、肌に対して大きなダメージを与えます。炎天下で皮膚がヒリヒリと赤くなってしまういわゆる「日焼け」の状態は、紫外線B波が原因なのです。

B波が肌に当たると、メラニン色素を作り出すチロシナーゼという酵素が活性化し、メラニンが過剰に作られます。通常、メラニンは肌のターンオーバーによって排出されるものですが、あまりに多く作られてしまうと排出しきれず、肌に長く留まってしまうので、肌の色を黒くしたり、シミが出来たりする原因になってしまうのです。

また、B波の強いエネルギーは表皮細胞を傷つけてしまうので、エネルギー代謝の機能自体を損ねるおそれがあります。そうすると肌のターンオーバーが正常に行われなくなったり、潤い成分の生成量が減りお肌の乾燥の原因にもなってしまうので、日焼け止めは絶対に怠らないようにしましょう。

SPF?PA?この値の意味って?

紫外線対策に必須の日焼け止めアイテム。みなさんはパッケージに必ず記載されている「SPF」と「PA」とは何のことだか、正しく知っていますか?

「SPF」は、皮膚のヒリヒリや赤みなどすぐに影響が起きるタイプの「紫外線B波」を防ぐ値です。
個人差はありますが、人の肌は大体20分程度日光を浴び続けると、翌日にひりひりと火傷した日焼け状態が起きます。SPF○○と書かれた数値は、この20分を「○倍に増やす数」という意味なのです。
SPF20なら20分×20で7時間弱、SPF30なら20分×30で10時間の間日光を浴び続けると日焼けが起きる、ということになります。効果の強さではなく、効果が続く時間の目安なんですね。数値が高いとそれだけ肌への負担もあるので、状況に応じた使い分けが大切です。

一方PAは、シワやたるみなどを長い時間をかけて引き起こす「紫外線A波」を防ぐ値。
+が多ければ多いほど効果は高くなります。最近ではPA++++という商品も出てきていますが、これは極めて高い効果があるというレベルでしっかりと対策を行うことができますが、PA+++でも充分に効果があるレベルです。

物理的なカットと毎日のケアが重要

日焼け止めだけでは完全に紫外線を防ぐことはできないので、日傘やつばの大きな帽子をかぶるなど、物理的なカットも意識しましょう。また、目から入る紫外線はとても怖いものなので、UVカット機能の入ったサングラスを着用すると良いでしょう。

日々の肌ケアではビタミンC誘導体が効果的です。最近では美白の代名詞にもなっていて、効果が高いということで多くの化粧水や美容液に使われていますよね。ビタミンC誘導体はメラニン色素を排出するだけでなく、新たなメラニン色素の生成を防ぐことに優れているのです。シミやくすみを解消しながら、トラブルの元となるメラニンの生成を抑制することで白く透き通るような素肌を実現できますよ。

努力なくして美肌は実現できません!表立ったトラブルが現れていなくても、対策を行っていれば早めに原因を取り除くことができ、数年後も白く健康的な美肌を継続できるはずです。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

食べ飲み・おでかけ・動物・音楽が大すき。

関連する投稿


かずのすけの“しない美容” 化粧品を「同じシリーズ」で揃えると害になることも⁉

かずのすけの“しない美容” 化粧品を「同じシリーズ」で揃えると害になることも⁉

メイクVS最新科学!必要最小限で効率よくキレイになるには? 「しない美容」とはできるだけ手間を省いて必要最小限のスキンケアだけでお手入れしましょうという考え。『大人女子のための美肌図鑑』の著者で美容科学者・かずのすけさんの著書の一部をご紹介です!


紫外線を浴び過ぎた~! 日焼け後の応急ケアはどうしたらいい?【アラフォーから始める美肌作り#9】

紫外線を浴び過ぎた~! 日焼け後の応急ケアはどうしたらいい?【アラフォーから始める美肌作り#9】

予想外の陽射しに真っ赤に日焼けしてしまった…そんな経験をされた方も多いと思います。若い頃ならいざしらず、アラフォーでこの体験は正直ツライですよね。そこで今回は日焼けでダメージを受けた肌の応急ケア方法について教えていただきます。


美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#6】

美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#6】

一年中しっかり日焼け止め対策をしている優秀なアラフォー女性も多いと思いますが、実は季節や場所によって使い分けた方がいいってご存知ですか? 漫然と同じ日焼け止めをつけていればいい…という簡単はものではないようです。


ダイエットにもマインドフルネス 効果的な方法とは? 【大人のマインドフルネス入門#5】

ダイエットにもマインドフルネス 効果的な方法とは? 【大人のマインドフルネス入門#5】

マインドフルネスを生活に取り入れると、ダイエットに役立つのはご存知でしょうか? 理由と共に具体的な取り入れ方をご紹介いたします。


更年期をチャンスに変える! “運動”がもたらす効果とは?【更年期は人生が輝くチャンス #12】

更年期をチャンスに変える! “運動”がもたらす効果とは?【更年期は人生が輝くチャンス #12】

みなさん、日常的にカラダを動かしていますか? 実は、カラダを動かすことは更年期症状を緩和させる効果が認められています。さらには将来の快適な暮らしにも大きく関わります。今回は更年期をチャンスに変える、すごい運動効果をご紹介します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
www.rbt.com.ua

rbt.com.ua