ジェーン・スーさんインタビュー<第二回> 自分に後ろめたくなく生きる【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア- bramanoli.info
ジェーン・スーさんインタビュー<第二回> 自分に後ろめたくなく生きる【#FocusOn】

ジェーン・スーさんインタビュー<第二回> 自分に後ろめたくなく生きる【#FocusOn】

『私がオバさんになったよ』(幻冬舎)ジェーン・スーさんインタビュー!第二回は中野信子さん、田中俊之さん、海野つなみさんとの対談について。本には書かれていない対談中のエピソードです!


ジェーン・スーさんインタビュー 第一回はこちら

作詞家でコラムニスト、ラジオパーソナリティでもあるジェーン・スーさんの著書『私がオバさんになったよ』が3月14日(木)に発売になりました。

光浦靖子さん、山内マリコさん、中野信子さん、田中俊之さん、海野なつみさん、宇多丸さん、酒井順子さん、能町みね子さん、8名との対談が納められています。

本についてスーさんにインタビューした第二回目は、脳科学者の中野信子さん、男性学を研究する田中俊之さん、漫画家の海野つなみさんとの対談についてお伺いしました。

中野信子さん対談:人は“気持ち”のために生きているんじゃない

――どの方との対談も読みどころが満載で、濃くて、置いていかれないように必死でしたが、特に脳科学者の中野信子さんとの対談はもう圧巻でした。対談の中で、中野さんと頻繁にLINEのやり取りをしていると仰っていましたが、今回お話されているような内容もLINEでしているんでしょうか?

そうですね。しょっちゅうやり取りをしている中野さんと改めて対談したいなと思ったのは、LINEをしている時に「この話をここでお終いにしちゃうのってもったいなくない?」って話が出て。コピペしてどこかで伝えたら面白いって言ってくれる人がいるんじゃないかって話になって(笑)

――とても面白かったです! ただ…難しかったです(笑)

ああいう話って私にとっても難しいんですけど、その分、理解できたときの快感が大きい。パッとお金で買えるものじゃない。自分の頭で考えないといけない。こういうことが中年期の私には楽しいんですよね。

――中年期だから楽しいんですかね?

頭の良い人はもっと昔から楽しめているんだと思うんですけど(笑) この歳になると夜遊びもそんなにできないし体もそんなに動かなくなるので、頭だけ動かしてこういう話をしているのは娯楽として非常に贅沢だなと。

例えば、対談の中で出てきた「心という機能は脳のなかにはどこにもない」というお話。心っていって私たちは心臓のあたりをさしてるけど、そこに心なんてものは実態としてないし、じゃあこの感情はどこにあるの? 脳なの? じゃあ脳と気持ちって一緒なの? と。でもそれはなんだか違う気がする…っていう話を永遠する贅沢。

――“意識は体が動いた時にでる産廃だ”っていうお話が理解できた時は「うわー!」ってなりました(笑)

そうそう、あれはね本当に面白い! 体をベストコンディションに保つために生きているわけで、気持ちのために生きているんじゃないんですよね。でも間違えがちじゃないですか。

30代頭に自分のバランスが悪いなって感じたことがあったんです。体が脳の入れ物みたいになっちゃって。脳が欲求することを満たすために体を動かすようになっていたんですね。例えば「観たいものがあるからあっちに行く」「あれが食べたいからあそこに行く」というように。脳が司令塔みたいになって、体を動かしている。「これはバランスが悪いぞ」って思いました。体を動かすために頭を使ってなかったから。

じゃあ体を満足に動かすために脳を使おうとすると、ぜんっぜんできないんですよ。その時はボクシングを習ってたんですけど、脳がどう指令を出せば体が思うように動くのかがわからなかった。「これは両方の通りを良くしておかなくちゃダメだ」と思いました。体を主にする時間を持つ必要を感じました。今回、中野さんと話をして、「生まれた時点ですでに80点。そこからの人生はボーナスステージのようなもの。ならば、できるだけ身体機能を傷つけず生きることが使命なのかもしれない。だとすると、身体が機能した結果に生まれてくる感情なんて言う産廃みたいなものに左右されて、体のパフォーマンスを悪くするのは愚の骨頂じゃん!」と思いましたね。

――中野さんが「恋愛みたいなオプションのために命を落とさないで」って仰ってたのが、すごい言葉だなあと思いました。

主客が逆転すると、そうなっちゃうんですよね。そういう時って感情が過多になって心が中心になってる。だからバランスが崩れる。ありがたいことに、私の知りたいことについては全部、中野さんがヒントを持ってるんですよ。ポンポン出てくる。

――中野さんが「結論は自分で考えるように本も書いている」って仰ってましたね。

そうです。わかんないことが、「わかんない! わかんない!」から「わかった!」となった時の楽しさを知って欲しいと思います。

――対談の中でスーさんが「“よく生きたい”と思っているけど、なにが“よく生きる”ことになるのかわからない」と仰っていましたが今はどうですか?

“よく生きたい”という理想を追い求める気持ちはありますよ。ただ8人の方との対談を一冊の本にまとめてみて改めて、ロールモデルが明確にないのがこれからの時代なんだろうな、と思いました。

少し前までは、一軒家を買えばいいとか、子どもが何人いればいいとか、そういう決まったゴールがありましたよね。でも、これから先は違うような気がします。なので“よく生きたい”と思ってもそれがパキッとわかんないのは当然だなと。“その都度、自分で考えて自分で決めるしかない”と、今は思ってます。

――スーさんの思う“よく生きたい”っていうのはどういう意味なんでしょうか?

“よく生きる”というのは…“正しく生きる”ではなくて、“後ろめたくなく生きる”ってことかなあ。“自分に後ろめたくなく生きる”。他人や世間にではなくて。“自分に後ろめたい生き方はしたくない”ってことですね。

「自分に過剰な期待をしたり、うぬぼれたり、極端に自己評価を低くしたりしないで、利己的になりすぎず、ちょうどいい塩梅で生きる」とはどういうことか。いまはそれを見極めている感じですね。


[おすすめ]【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

田中俊之さん対談:恋愛と結婚は別。がっぷり四つに組む共同体として考えたら選ぶ相手は変わってくる



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

Bramanoli編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


間違いなく『女の運命は髪で変わる』著者 佐藤友美さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

間違いなく『女の運命は髪で変わる』著者 佐藤友美さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

美容師さんと上手くコミュニケーションをとって毎回理想の自分を手に入れていますか?多くは恥ずかしくて要望をうまく美容師さんに伝えられていないのではないでしょうか? しかし!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんによるとそれはものすごくもったいないコトだそう。著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を踏まえ、どういうことかお話を伺いました。


毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

コロンハイドロセラピーを行ったことがある人はどれだけいるでしょうか? 医療機関でしかできないため、まだまだ日本では経験したことがある人は少ないと思います。そんなコロンハイドロセラピーについてコロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんに教えていただきました。


ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】

ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】

“髪は女の命”なんて言われていますが、実際、髪の毛に時間とお金をかけている女性はどのくらいいるのでしょう?「日々忙しくて髪の毛に時間なんてかけられない!」という40代女性がほとんどでしょう。ですが…日本で唯一のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むと今日からすぐに髪の毛に時間とお金をかけたくなりますよ。


ネガティブ沼にはまったら“宇宙”へ思いを馳せよう 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

ネガティブ沼にはまったら“宇宙”へ思いを馳せよう 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか? その名の通り、女性の疲労による症状を緩和してくれるクリニック。つまり女性の体調不良を改善してくれる、ということなんです。こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビューしました。最終回です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。9月後半の運勢のポイントを要チェックです。


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

加賀四湯のひとつで開湯1300 年の歴史をもつ温泉、加賀温泉郷「山中温泉」。俳聖・芭蕉がこよなく愛したというまろやかな湯は美肌の効能があるとされ、環境庁・観光庁後援「うるおい日本プロジェクト 温泉総選」 女子旅部門2016‐2017 年の2-3 位にも選ばれました!そんな山中温泉の「かがり吉祥亭」が今、注目を集めています!


映画『エセルとアーネスト』大切な人がそばにいる奇跡【沁みる映画 #05】

映画『エセルとアーネスト』大切な人がそばにいる奇跡【沁みる映画 #05】

「スノーマン」という絵本をご覧になった方は多いのではないでしょうか? 優しいタッチのスノーマンはキャラクターとしても広く愛される、絵本の名作です。世界中にファンを持つイギリスの絵本作家レイモンド・ブリッグズが描き出す世界はとても優しく、時にリアルに私たちの心を打ちます。そんなレイモンドが描いた『エセルとアーネスト』は自信の両親の人生を描いた原作をアニメーション化したもの。過酷な時代生きたふたりの平凡な男女の世界を温かくもリアルに描きます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google