家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア- bramanoli.info
家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


前回までの記事はこちらから

「“よい父親”ではなく“笑っている父親”を増やしたい!」とファザーリング・ジャパンを立ち上げた安藤哲也さん。

3回に渡ってお話を伺った最終回は、社会問題でもあるセックスレスについて男性の目線から語っていただきました。

“子どもパーテーション”をつくって寝ていませんか?

――今までBramanoliでは女性の方にセックスレス問題を語っていただいてきたのですが、男性の安藤さんの視点から見て、なぜ日本はセックスレス夫婦が増えているのだと思いますか?

わが家がどうかは別として(笑)、子どもが小さい時って寝るときに「川の字」。つまり子どもを真ん中にして“子どもパーテーション”を作って寝ている家庭が多いんじゃないかな?

――子どもパーテーション…たしかに…

それじゃなかなかできないよね。あとは、パパもママもお互い仕事や家事が忙しすぎて疲れていて、やっぱり余裕がないんだと思います。これは本人たちの問題だけではなく、企業とかも一緒になって働き方を変えていかなきゃいけない問題ですよね。

少子化対策で保育園を増やすとか教育費無償化も大事だけれど、働き方を変えてもっと夫婦が日常の生活に余裕をもてるようにしないといけないと思います。

――本当にその通りだと思います。

セックスレスっていうけれど、そもそも夫婦でコミュニケーションがしっかりできていないんだと思います。コミュニケーションレス。セックスの前に会話やスキンシップがないとダメだよね。日常的にそれがしっかりとあって夫婦の信頼関係が高まっていたら自然とセックスもできるようになるんじゃないかなと思います。

夫をフラリーマンにさせないで

多くの人は真面目じゃない? だから仕事も一生懸命やって、家事も育児も“完璧に”やらなきゃいけないって頑張ってしまう。でも現実的には無理ですよね。手抜きしたっていいと思うんです。「これが今日の我が家のベストフォーマンス」って思えばいい。仕事も家事も完璧を目指さなくていいんです。

――ああ…確かにお総菜を買って帰ると罪悪感を感じる…とか、そういう話もよく聞きます。

深刻な事態でない限り、「こんなもんだ」でいいと思うんですよ。子どもが小さいうちは終わりなき子育てだし、完璧に過ごすなんて不可能。そこにストレス感じてるより、どうやって楽しむかってことを考えませんか。

――夫婦がお互い楽しんで家事をして育児をする…それができたら家庭は笑顔にあふれて子どもも幸せですね。

そうです。家族は同じ船の乗組員。本当はチームで一緒に船を漕がなきゃいけないのに、夫は妻に向かって「なんか手伝おうか?」って言っちゃう。そんなこと言われたらママも切れちゃいますよね。「あんたもチームの一員なのよ! “手伝おうか?”じゃないでしょ!」ってなる。

――まさしく(笑)

「手伝おうか」じゃなくて「手を取り合う」んだよね。そして一緒に進むという感覚が大事です。でもその時にね、男は最初から家事や育児が上手くできないってことは女性の皆さんに知っておいて欲しいなあと思います。ファザーリング・ジャパンに集う父親たちだけで愚痴を言い合う会があるんですが、そこではもう妻への不満が爆発してますから(笑)

――え! 知りたい。どんな不満でしょうか?

家事をやったのに文句を言われたってことですね。例えば、洗濯物を干したのに干しなおされた、洗濯物をたたみなおされたとか、食器を洗ったのに目の前で洗いなおされた、とか。

――あるあるですね…そして妻は「どうしてこんなことすらできないの!?」となる。

そうそう。そんなこと言われたら「じゃあ、お前がやれよ」ってなっちゃう。まあ面倒なんだけど、やっていたらまずはちょっと感謝を。人は感謝されるともっと褒められたいから、次はもっとがんばろうって考えて上手くできるようになる。そうやって上手にね、男性を導いて欲しいと思います。夫の家事力が上がった方が結局、ママも楽になると思うんだけどね。

――なるほど。上手に“導く”んですね。

そう、甘やかすんじゃなく、育てるという感覚です。今ね、家が“ホーム”じゃなくて“アウェー”になっているパパが結構多いんです。家に居場所がない男性は早く家に帰ろうとは思わなくなってしまう。

最近「フラリーマン」なんて言葉が出てきた。働き方改革で残業も減ったので家に帰りたくないという夫のことです。会社では頑張ったら上司に褒めてもらえるし評価してもらえるから、家より会社の方が居心地よくなっちゃう。そうなると家には帰りたがらないし、居ても必然的に会話もしなくなるし、育児も家事もしなくなって、妻のイライラは募る一方…マイナスのスパイラルに陥ってしまうよね。

親が楽しく働いていれば子どもは社会に出るのが楽しみになる

――安藤さんは本当に生き生きされていて楽しそうです。安藤さんのように生きるためにはどうしたらいいのでしょうか?

自分の気持ちに正直に生きることじゃないかな。僕は仕事も育児も自分のやりたいことで、どうせやるなら楽しみたいって考えます。飽きっぽいっていう性格もあって、何度も転職しているんですが、やりたいことがどんどん出てきちゃう。今も名刺を7枚持っていろんな活動をしてますけど、それで育児や家事を疎かにしようとも思わない。どうやったら全部楽しめるかのバランスをいつも考えます。

――7枚! すごいですね。

親が辛そうに働いてたら、子どもは働くのは嫌だって思っちゃいますよね。楽しそうに親が仕事していれば子どもは「働くことは楽しいことだ!」って思ってくれる。社会に出ることをポジティブにとらえる子どもが増えたら社会も活気づいてくると思う。そのためにはまずパパが仕事も育児も楽しまないとね。“笑っている父親”を増やすことで、ママや子どもの笑顔も増えていくと思う。だから、ファザーリング・ジャパンの活動をもっと広めていきたいんです!

――終始笑顔で話をしてくれた安藤哲也さん。夫婦の在り方について男性目線で語っていただきました。夫やパートナーに父親スイッチを入れて欲しい方は、ぜひ夫婦でファザーリング・ジャパンの活動に参加してみてくださいね。

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜


ファザーリング・ジャパン代表 安藤哲也さん

1962年生まれ。3児の父。出版社、書店、IT企業など9回の転職を経て2006年にファザーリング・ジャパンを設立。「育児も仕事も人生も笑って楽しめる父親を増やしたい」と講演や企業セミナーなどで全国を飛び回る。著者に『「パパは大変」が「面白い!」に変わる本』(扶桑社BOOKS)、『パパとママの育児戦略』(repicbook)等多数。

「パパは大変」が「面白い! 」に変わる本

¥ 1,404

「家庭内ぶら下がり社員」になっていませんか?まずは週1回、定時に帰ることから始めよう。弱音を吐ける「パパ友」をつくろう…パパたちが「自分を取り戻せる」ヒントが満載!頑張りすぎなくてもパパママが笑顔になれる36のコツ。「男性学」第一人者・田中俊之氏(武蔵大学助教)との対談も収録。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

Bramanoli編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


“離婚させ屋”の異名、探偵もこなす占い師 卯野たまごさん『ざんねんな手相』インタビュー<第二回>【#FocusOn】

“離婚させ屋”の異名、探偵もこなす占い師 卯野たまごさん『ざんねんな手相』インタビュー<第二回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)著者の手相家で漫画家の卯野たまごさん。その波乱万丈な人生と天性の才能、そして“ざんねんな手相”とは? についてたっぷりお話を伺いました。インタビュー第二回です。


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


間違いなく『女の運命は髪で変わる』著者 佐藤友美さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

間違いなく『女の運命は髪で変わる』著者 佐藤友美さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

美容師さんと上手くコミュニケーションをとって毎回理想の自分を手に入れていますか?多くは恥ずかしくて要望をうまく美容師さんに伝えられていないのではないでしょうか? しかし!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんによるとそれはものすごくもったいないコトだそう。著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を踏まえ、どういうことかお話を伺いました。


毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

コロンハイドロセラピーを行ったことがある人はどれだけいるでしょうか? 医療機関でしかできないため、まだまだ日本では経験したことがある人は少ないと思います。そんなコロンハイドロセラピーについてコロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんに教えていただきました。


ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】

ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】

“髪は女の命”なんて言われていますが、実際、髪の毛に時間とお金をかけている女性はどのくらいいるのでしょう?「日々忙しくて髪の毛に時間なんてかけられない!」という40代女性がほとんどでしょう。ですが…日本で唯一のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むと今日からすぐに髪の毛に時間とお金をかけたくなりますよ。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


“離婚させ屋”の異名、探偵もこなす占い師 卯野たまごさん『ざんねんな手相』インタビュー<第二回>【#FocusOn】

“離婚させ屋”の異名、探偵もこなす占い師 卯野たまごさん『ざんねんな手相』インタビュー<第二回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)著者の手相家で漫画家の卯野たまごさん。その波乱万丈な人生と天性の才能、そして“ざんねんな手相”とは? についてたっぷりお話を伺いました。インタビュー第二回です。


40代のほうれい線は10歳老け顔に? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳老け顔に? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。9月後半の運勢のポイントを要チェックです。


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google