家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


前回までの記事はこちらから

「“よい父親”ではなく“笑っている父親”を増やしたい!」とファザーリング・ジャパンを立ち上げた安藤哲也さん。

3回に渡ってお話を伺った最終回は、社会問題でもあるセックスレスについて男性の目線から語っていただきました。

“子どもパーテーション”をつくって寝ていませんか?

――今までBramanoliでは女性の方にセックスレス問題を語っていただいてきたのですが、男性の安藤さんの視点から見て、なぜ日本はセックスレス夫婦が増えているのだと思いますか?

わが家がどうかは別として(笑)、子どもが小さい時って寝るときに「川の字」。つまり子どもを真ん中にして“子どもパーテーション”を作って寝ている家庭が多いんじゃないかな?

――子どもパーテーション…たしかに…

それじゃなかなかできないよね。あとは、パパもママもお互い仕事や家事が忙しすぎて疲れていて、やっぱり余裕がないんだと思います。これは本人たちの問題だけではなく、企業とかも一緒になって働き方を変えていかなきゃいけない問題ですよね。

少子化対策で保育園を増やすとか教育費無償化も大事だけれど、働き方を変えてもっと夫婦が日常の生活に余裕をもてるようにしないといけないと思います。

――本当にその通りだと思います。

セックスレスっていうけれど、そもそも夫婦でコミュニケーションがしっかりできていないんだと思います。コミュニケーションレス。セックスの前に会話やスキンシップがないとダメだよね。日常的にそれがしっかりとあって夫婦の信頼関係が高まっていたら自然とセックスもできるようになるんじゃないかなと思います。

夫をフラリーマンにさせないで

多くの人は真面目じゃない? だから仕事も一生懸命やって、家事も育児も“完璧に”やらなきゃいけないって頑張ってしまう。でも現実的には無理ですよね。手抜きしたっていいと思うんです。「これが今日の我が家のベストフォーマンス」って思えばいい。仕事も家事も完璧を目指さなくていいんです。

――ああ…確かにお総菜を買って帰ると罪悪感を感じる…とか、そういう話もよく聞きます。

深刻な事態でない限り、「こんなもんだ」でいいと思うんですよ。子どもが小さいうちは終わりなき子育てだし、完璧に過ごすなんて不可能。そこにストレス感じてるより、どうやって楽しむかってことを考えませんか。

――夫婦がお互い楽しんで家事をして育児をする…それができたら家庭は笑顔にあふれて子どもも幸せですね。

そうです。家族は同じ船の乗組員。本当はチームで一緒に船を漕がなきゃいけないのに、夫は妻に向かって「なんか手伝おうか?」って言っちゃう。そんなこと言われたらママも切れちゃいますよね。「あんたもチームの一員なのよ! “手伝おうか?”じゃないでしょ!」ってなる。

――まさしく(笑)

「手伝おうか」じゃなくて「手を取り合う」んだよね。そして一緒に進むという感覚が大事です。でもその時にね、男は最初から家事や育児が上手くできないってことは女性の皆さんに知っておいて欲しいなあと思います。ファザーリング・ジャパンに集う父親たちだけで愚痴を言い合う会があるんですが、そこではもう妻への不満が爆発してますから(笑)

――え! 知りたい。どんな不満でしょうか?

家事をやったのに文句を言われたってことですね。例えば、洗濯物を干したのに干しなおされた、洗濯物をたたみなおされたとか、食器を洗ったのに目の前で洗いなおされた、とか。

――あるあるですね…そして妻は「どうしてこんなことすらできないの!?」となる。

そうそう。そんなこと言われたら「じゃあ、お前がやれよ」ってなっちゃう。まあ面倒なんだけど、やっていたらまずはちょっと感謝を。人は感謝されるともっと褒められたいから、次はもっとがんばろうって考えて上手くできるようになる。そうやって上手にね、男性を導いて欲しいと思います。夫の家事力が上がった方が結局、ママも楽になると思うんだけどね。

――なるほど。上手に“導く”んですね。

そう、甘やかすんじゃなく、育てるという感覚です。今ね、家が“ホーム”じゃなくて“アウェー”になっているパパが結構多いんです。家に居場所がない男性は早く家に帰ろうとは思わなくなってしまう。

最近「フラリーマン」なんて言葉が出てきた。働き方改革で残業も減ったので家に帰りたくないという夫のことです。会社では頑張ったら上司に褒めてもらえるし評価してもらえるから、家より会社の方が居心地よくなっちゃう。そうなると家には帰りたがらないし、居ても必然的に会話もしなくなるし、育児も家事もしなくなって、妻のイライラは募る一方…マイナスのスパイラルに陥ってしまうよね。

親が楽しく働いていれば子どもは社会に出るのが楽しみになる

――安藤さんは本当に生き生きされていて楽しそうです。安藤さんのように生きるためにはどうしたらいいのでしょうか?

自分の気持ちに正直に生きることじゃないかな。僕は仕事も育児も自分のやりたいことで、どうせやるなら楽しみたいって考えます。飽きっぽいっていう性格もあって、何度も転職しているんですが、やりたいことがどんどん出てきちゃう。今も名刺を7枚持っていろんな活動をしてますけど、それで育児や家事を疎かにしようとも思わない。どうやったら全部楽しめるかのバランスをいつも考えます。

――7枚! すごいですね。

親が辛そうに働いてたら、子どもは働くのは嫌だって思っちゃいますよね。楽しそうに親が仕事していれば子どもは「働くことは楽しいことだ!」って思ってくれる。社会に出ることをポジティブにとらえる子どもが増えたら社会も活気づいてくると思う。そのためにはまずパパが仕事も育児も楽しまないとね。“笑っている父親”を増やすことで、ママや子どもの笑顔も増えていくと思う。だから、ファザーリング・ジャパンの活動をもっと広めていきたいんです!

――終始笑顔で話をしてくれた安藤哲也さん。夫婦の在り方について男性目線で語っていただきました。夫やパートナーに父親スイッチを入れて欲しい方は、ぜひ夫婦でファザーリング・ジャパンの活動に参加してみてくださいね。

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜


ファザーリング・ジャパン代表 安藤哲也さん

1962年生まれ。3児の父。出版社、書店、IT企業など9回の転職を経て2006年にファザーリング・ジャパンを設立。「育児も仕事も人生も笑って楽しめる父親を増やしたい」と講演や企業セミナーなどで全国を飛び回る。著者に『「パパは大変」が「面白い!」に変わる本』(扶桑社BOOKS)、『パパとママの育児戦略』(repicbook)等多数。

「パパは大変」が「面白い! 」に変わる本

¥ 1,404

「家庭内ぶら下がり社員」になっていませんか?まずは週1回、定時に帰ることから始めよう。弱音を吐ける「パパ友」をつくろう…パパたちが「自分を取り戻せる」ヒントが満載!頑張りすぎなくてもパパママが笑顔になれる36のコツ。「男性学」第一人者・田中俊之氏(武蔵大学助教)との対談も収録。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

Bramanoli編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

膣のセルフケアが生きる活力を高めてくれる。いつも健康で楽しく暮らしたいのであれば、自分の膣の状態も、顔と同じくらい気にかけてあげること。膣が潤っていると、穏やかに前向きに生きられます。膣のケアについてまとめ大反響をよんだ『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんが語る膣ケアの重要性とは。インタビュー最終回です。


水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさんへインタビュー!一度目の結婚・離婚を経て現在、事実婚の水谷さるころさんに著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえてご自身の結婚観、人生観についてお話を伺いました。前半です。


膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアは女性の性の健康のためのヘルスケアのひとつです。自分の体を知り、向き合うことで健康寿命を延ばしいつまでも元気にいきいきと生きることができる。と、長年、膣を見続けてきた助産師のたつのゆりこさんは言います。『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した女性の性の健康をサポートする助産師たつのゆりこさんが話す、膣ケアの大切さとは。インタビュー二回目です。


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

昔、酒店の店先に立ちながら酒を飲むことを「角打ち」といい、北九州発祥といわれてます。現在でもこの形式で飲める酒店があり、東神奈川にある昭和9年創業の「三国屋酒店」もその1つ。現在も、店内で販売されている酒や手作り料理を座りながら楽しむことができます。アットホームな雰囲気で、女性客が気軽に飲むことができます。


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング