一晩中オムツを握りしめて考えた 「父親をする」という考え方 ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー【#FocusOn】

一晩中オムツを握りしめて考えた 「父親をする」という考え方 ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー【#FocusOn】

夫が家事・育児をしてくれないとお悩みの方、必読!ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんに「夫をイクメンにする方法」をお伺いしました。自身も3児の父である安藤さんが子育てを通して気づいた「父親をする」とは一体どういうことなのでしょう。


子育てや妻との関係に悩む男性は多いが、それを分かち合う場はない…。Bramanoli初の単独男性インタビューはそんなご自身の経験から2006年にNPO法人ファザーリング・ジャパンを立ち上げた安藤哲也さん。

「笑っている父親を増やせば社会はもっと良くなる!」と講演や本の出版のみならず、ファザーリング・ジャパンから派生した様々な団体に関わり、人生を楽しむ人を一人でも増やそうと精力的に活動をされています。

安藤哲也さんインタビュー第一回です。

憧れのジョン・レノンが育休をとった衝撃

――この度は取材を受けてくださってありがとうございました。実は男性の単独インタビューは安藤さんが初なんです。

そうだったんですか! ありがとうございます。

――今回、リプロダクティブ・ライツについて色々調べている中で「家族の性と生を考えるプロジェクト」に出会い、ファザーリング・ジャパンを知りました。安藤さんは様々な経歴をお持ちですが、どうしてファザーリング・ジャパンを立ち上げたのでしょうか?


それはね、僕自身の経験からなんです。僕には3人の子どもがいるんですが、一人目の娘が生まれた頃の日本は専業主婦が当たり前で父親はバリバリ仕事だけしていればよかった。けれど僕の妻は専業主婦になるような人じゃなくて自分もバリバリ仕事したい女性だったんです。だから子どもが生まれたからって仕事はやめないし、必然的に僕も子育てに関わらざるを得なかった。そのなかで、3年間くらいは育児に悩んでね。周りで子育てしている父親なんていないから相談できる人もいないし。そんな試行錯誤した育児経験を世の中で悩んでいる父親たちに共有したら、もっと笑顔の父親が増えて社会が良くなるんじゃないかって思ったんです。

――そうだったんですね。育児をするようになったのは共働きだったという理由が大きかったんですか。

でもね、父親になったら自分の人生が豊かになりそうだなあって予感がもともとあったんですよ。そんななか妻が妊娠中に『男だって子育て』(岩波書房)という政治学者の広岡守穂先生の書かれた本に出合ってね。広岡先生は男が育児をするっていう考えを世の出した先駆者です。そこに書かれている内容がいいなあって思ったんです。

あとね、子どもの頃からビートルズが大好きで。その影響で今でもロックバンドやってるんですけど、僕が中学二年生の時にジョン・レノンが育休をとったんですよ。それが衝撃でね。カッコいいなあって思って。憧れのジョンが育休とるんだから僕もそうしよう、みたいな(笑)

――ではイクメンの最初のお手本はジョン・レノンなわけですね!

うん。そうだね(笑)

うんちのオムツが替えられない… 一晩オムツを握りしめ考え抜いた結論

――実際にお子さんが生まれてすぐ積極的に育児に参加されたんですか?

いやあ、全然ですよ。当時は仕事が忙しいし、育児を手伝わなきゃなあとは思っているけど、なかなか時間もとれなくて。もちろん時間がある時はオムツを替えたりお風呂に入れたりもするけど、全然戦力じゃないよね。そんな時に妻が怒ったわけですよ「話がちがうじゃないか!」と。「ジョン・レノンになるんじゃなかったの?」って(笑)

現実にはジョンどころか、うんちのオムツすら変えられなくて、「あ、うんちしたな」って思うと奥さんに「うんちしたよ」ってバトンタッチしてた。

そんなんじゃあ怒られますよね。それでね、うんちのオムツも替えようと頑張るんだけどやっぱりできない(笑)一晩中オムツを握りしめて考え続けましたよ。「どうして俺はうんちのおむつが替えられないんだ…」って(笑)

――すごい(笑)

それでね。結論が出たんです。ウンチのオムツを処理するんじゃない、子どもの排泄物は健康のバロメーター。だから朝の一番搾りを見て分析すれば子どもが健康かどうかわかる。つまり毎日子どもの健康状態をチェックするためにオムツ交換をするんだ! と。

――素晴らしいです!(笑)

それからはね、朝ぷーんと臭ってきたら「どれどれ見せてみろ!」と張り切って換えてました(笑)そんなこんなでかれこれ3人の子どもで計7000枚のオムツを交換しましたよ。

――すごいなあ…安藤さんのように、できない理由を考え抜いてできるような思考にもっていける人というのは珍しいと思います。

でもね、母親はみんなやっているでしょ。だから父親ができない、やれないっていうのは言い訳に過ぎないですよね。だって会社では嫌な仕事だってやっているわけだから。

父親になるんじゃない「父親をする」という考え方

――なぜ仕事だと嫌なこともするのに、家庭の事になるとしないのでしょう?

それはね、評価されないからですよ。

――評価…

うん。オムツ替えても誰も評価してくれないでしょう。そりゃそうですよね、母親たちは当たり前にやっていて、褒めてもらおうなんて思ってないんだから。夫がオムツ替えたからって当然だって思っていちいち評価したりはしない。でも男性が平日生きている企業社会は成果主義。その延長線上で家庭でのワーク、育児や家事でもすぐリターンを求めちゃうんです。

プラス、やっぱり男女の役割分担に対する潜在的な思い込みっていうのがあって、育児とか家事って言うのは女性がするものってどこかで思っている男性はまだ多いんです。もちろん女性でもそういう人はいると思います。20年前に比べたら今はもうずいぶん変わってきていると思うけど、やっぱり根強くまだある。

だから本来は妻がやるべきことを僕がしたんだから褒めて欲しいって夫はどこか思っちゃう。それなのに褒めるどころか、せっかくやったのに非難される。「やり方がなってない」とか「もっと手早くやれ」とか。この前、講演会に来ていたパパが「ウンチのオムツをせっかく替えたのに、『またあなたは、お尻ふきを14枚も使ったわね!』って妻に怒られました」って嘆いてました(笑)

そりゃあね、毎日毎日オムツを替えているママは手早く最小限のお尻ふきの枚数でオムツを替えることができるだろうけど、たまにしかやらないパパがいきなりは無理ですよ。だから言ったんです。「育児は質より量だ。週末だけオムツを替えたり、家族サービスしたってダメなんだ。毎日、必ず最低1枚はオムツを替える。そうしたら必ず上手にできるようになる。そして毎日15分でも早く帰る努力をして、やるべき家事をし、かつ大変な育児の大半をしてくれているママに感謝し、労い、話を聴く時間をつくる。そういう小さなことから始めていけばラクになるよ」って。

“父親になる”って言いますが、そうじゃない、僕は“父親をする”=doing fatherだと思ってます。積極的に父親をしていく、家事をして、子どもに関わっていく。そうすることで母親も子どもも笑顔になって家庭が明るく幸せになる。

でもそういうこと言うと「自分の時間がなくなる」っていう男性がいます。でもね、結婚して子どもが生まれたら、子どもと一緒にいる時間も自分の時間だろうと僕は思うんです。優先順位を間違えてモヤモヤしている父親たちは、まずはそういう考え方から改めていかなきゃいけないと思いますね。

――常に笑顔でパワフルにご自身の経験を語ってくれる安藤さん。第二回目はOSをバージョンアップしていかなきゃいけない、というお話です。※続きはこちらから

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜


ファザーリング・ジャパン代表 安藤哲也さん

1962年生まれ。3児の父。出版社、書店、IT企業など9回の転職を経て2006年にファザーリング・ジャパンを設立。「育児も仕事も人生も笑って楽しめる父親を増やしたい」と講演や企業セミナーなどで全国を飛び回る。著者に『「パパは大変」が「面白い!」に変わる本』(扶桑社BOOKS)、『パパとママの育児戦略』(repicbook)等多数。

「パパは大変」が「面白い! 」に変わる本

¥ 1,404

「家庭内ぶら下がり社員」になっていませんか?まずは週1回、定時に帰ることから始めよう。弱音を吐ける「パパ友」をつくろう…パパたちが「自分を取り戻せる」ヒントが満載! 頑張りすぎなくてもパパママが笑顔になれる36のコツ。「男性学」第一人者・田中俊之氏(武蔵大学助教)との対談も収録。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

Bramanoli編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

膣のセルフケアが生きる活力を高めてくれる。いつも健康で楽しく暮らしたいのであれば、自分の膣の状態も、顔と同じくらい気にかけてあげること。膣が潤っていると、穏やかに前向きに生きられます。膣のケアについてまとめ大反響をよんだ『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんが語る膣ケアの重要性とは。インタビュー最終回です。


水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさんへインタビュー!一度目の結婚・離婚を経て現在、事実婚の水谷さるころさんに著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえてご自身の結婚観、人生観についてお話を伺いました。前半です。


膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアは女性の性の健康のためのヘルスケアのひとつです。自分の体を知り、向き合うことで健康寿命を延ばしいつまでも元気にいきいきと生きることができる。と、長年、膣を見続けてきた助産師のたつのゆりこさんは言います。『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した女性の性の健康をサポートする助産師たつのゆりこさんが話す、膣ケアの大切さとは。インタビュー二回目です。


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

昔、酒店の店先に立ちながら酒を飲むことを「角打ち」といい、北九州発祥といわれてます。現在でもこの形式で飲める酒店があり、東神奈川にある昭和9年創業の「三国屋酒店」もその1つ。現在も、店内で販売されている酒や手作り料理を座りながら楽しむことができます。アットホームな雰囲気で、女性客が気軽に飲むことができます。


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング