PTAが出会いの場!? 新語「キスだけ不倫」じわじわ増加中【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#29】

PTAが出会いの場!? 新語「キスだけ不倫」じわじわ増加中【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#29】

「キスだけ不倫」なんて聞き捨てならない新語が登場した今回の記事。PTAが出会いの場になっているなんて、さらに聞き捨てなりませんね…いったいどういうことなのでしょうか? すずね所長こと三松真由美さんのオトナ夫婦の寝室事情 29回目は『PTA不倫』についてです。


女性が恋に落ちる理由は性欲だけではない!

「女性の不倫理由は愛か性欲か」という持論を前回語りました。純愛から入って性的に開発されてしまったというフローが王道と考えられます。

では、その愛を捧げる相手は一体どこで出現するのか。これは男性方から頻繁に問われます。恋愛の世界に繋がるきっかけ、恋に陥る場所を私は「大人のどこでもドア」と呼んでいます。ドアは妻たちの日常、どこにでも存在します。職場や同窓会に限らず、ありとあらゆるところにあるのです。

最近、夫婦仲相談をしていて『PTA不倫』というワードを耳にする回数が増えています。文字のごとく、子供のPTAの会合で知り合った二人の不適切な関係ということです。多くはダブル不倫になります。

もちろん、まじめに活動に取り組んでおられる方からすると「あり得ない!」と眉をひそめられそうですが、多くはないにしろ、確実にあるのです。

「女性が恋に陥る理由」は性欲だけではないのですから。

あなたの「大人のどこでもドア」はどこにある?

妻側視点で「大人のどこでもドア」が自分の目の前にもあるのか関心がありませんか? まずは我が身の現状を把握するところから考えてみましょう。あなたは以下のどのパターンでしょうか?

【A】夫と仲良し。ママ友からも「仲良しでいいね」と言われる
【B】夫と特別仲良しなわけではないが、家族として助け合っていて良好
【C】夫とは子供ができてからクールダウン。子供を育てる同士の関係
【D】夫を愛せなくなった。日々、不満を感じている

さあ皆さんは夫とどんな関係? そして不倫に走るのは、一番最後の不満が溜まった妻だけなのか?

一般論だと、夫とイマイチでなにか刺激を求めているから不倫に目が向くのだと決めがちですが、そうではありません。

「女性が恋に陥る理由」は不思議なものです。夫と円満良好でセックスレスではない主婦が夫とは別のタイプの男性に惹かれてしまうことがあるのです。

例えばPTAが出会いのシチュエーションの場合、最初は「ケンちゃんのパパ、やさしそうでいいな」レベルです。そしてその相手も「ルミちゃんママ、ほっそりしていて俺のタイプだな」と好みが一致したとします。

行事の準備で買い出し班に二人が選ばれ、リスト作成作業や大型スーパーに一緒に行くなんてことに自然になってしまうと、意識し合っている大人の男女が共通の目的で行動をともにするのですから「大人のどこでもドア」が開く臨界点ギリギリです!

一緒にいる時間にお互い気遣う(複数でいたとしてもあきらかに目線は固定される)男性は本能でかっこつける。女性も本能でワントーン高い声になり、笑顔が色っぽくなる。そして異性を引き寄せるアクションが増えます。

“お互い既婚なのに、どうして好きになるの?”という常識が頭からサラサラと流れ落ちる。

そこで「自制心が働くはずだ」「倫理観はどうなっている」と周囲が声を荒立てても二人の問題ですので防げられるものではありません。自制心とのせめぎ合いでますます興奮するのもまた人の弱さです。逆に禁じられているからこそ、燃え上がる気持ちもあります。

さて! ここで安心してください。多くはここ止まりの二人が圧倒的多数なので騒動にはなりません。胸のうちだけでピュアな愛情を持つ。エア恋愛でストップする。これは不倫ではありませんからね。想像の自由です。エア恋愛中の妻、多いだろうなあ、としみじみ思います。

ただし、このような展開もあります。PTAが1年続き、話しやすくなる。その頃、行事の打ち上げで居酒屋飲み会などに参加してしまうと、ストッパーが外れやすくなります。

エア恋愛中のふたりにお酒が入り、月夜の下、一緒に帰りましょうというシチュエーションで男性側が職場や家庭でイライラすることがあったとする。そして、つい憧れの○○ちゃんママを誘ってしまう…ドアがバタッと開く音が聞こえる…。ありがちだと思いませんか?

実録! PTA不倫の現状

ノンフィクションでお伝えしましょう。夫婦仲相談でリアルなPTA不倫を語ってくれる方々が現れています。

夫とセックスレスではないのに、PTAの日帰りピクニックでほかのパパに魅力を感じ、自らお茶に誘い、LINE交換をして「二人で会いたい」とアプローチ。相手もその気になり、ホテル通いが始まった例。子育ての相談もできるし、ママ友とは違う視点でアドバイスをくれる相手。夫とのセックスしか知らなかった彼女に、未知のセックスを教えてくれる。彼女はあきらかに夫とのセックスだけでは足りなくなったと言い切りました。

父兄のスポーツ大会で活躍したパパのマッチョ姿にノックアウトされ、打ち上げ会で積極的に「かっこいい、筋肉すてき、男らしい」と褒めちぎって、帰りのタクシーの中で抱きついた妻もいます。

男性側からの「キスしていい?」の誘いだけではありません。女性側からのアプローチも目立ちます。キスだけ不倫のカップルもいます。新語ですね。「キスだけ不倫」。

大人のどこでもドア、まだ開いてはいないけれど隙間から光が見えている妻たちは存在します。

夫は妻に無関心でいてはいけません。目を向けることが大切です。子供の塾や習い事、PTAのこと、一緒に見守る姿勢で妻任せにしない。逆に妻も夫がPTA飲み会で遅くなると言った日は、安心するなかれ。

「キスだけ不倫」なら許せる? いやいや私の推測では「ディープキスとセックスはワンセット」です。キスはだんだん深くなるものなのです。

夫婦仲相談所所長/執筆家 三松真由美

==========

【関連記事】

いったいどういうことなのか? 脳科学的に不倫を解析した中野信子さんのインタビュー
人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>
http://bramanoli.info/articles/2200

不倫しそうになった妻たち。そしてその結末とは…?
実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】
http://bramanoli.info/articles/2145

アラフォーだからこそ始まる恋がある
40歳からが本気の恋… 男は74%女は29.6%が不倫する【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#16】
http://bramanoli.info/articles/2012



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。

関連する投稿


セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

夫婦仲の専門家 三松真由美さんの連載! 漠然とセックスレスにお悩みの方も多いでしょう。そんな時には、セックスレスの本質を医学書という観点から調べてみてはいかがでしょうか。今回は医学書に学ぶ正しいセックスについて、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにお話しいただきました。


実録:不倫のサイン あなたの夫は大丈夫?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #98】

実録:不倫のサイン あなたの夫は大丈夫?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #98】

不倫なんて、我が家には縁のない話。そう思っていたのに、最近夫にあやしい行動が目立つ。不倫をしているとどこか違和感のある態度が出るようになり、それがきっかけで不倫に気がついた、という妻も多くいます。そこでどんな夫の態度がサインとなったのか、実際に不倫され気が付いた妻の声をご紹介します。


悩めるセックスレス “性欲がない”と決めつけないで!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#28】

悩めるセックスレス “性欲がない”と決めつけないで!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#28】

セックスレスが普通になった。年齢を重ねるうちに性欲がなくなった、と感じている女性も多いのではないでしょうか。ですが、実はそんなことはないのかもしれません。忙しい日々の生活の中で無意識のうちにセクシースイッチをオフにしちゃっているのかも…そんなオフスイッチをオンにする方法を夫婦仲相談所所長 三松真由美さんが教えてくれます。


女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫する理由とは? 男性は「好きと言う感情がなくてもセックスできる」と言いますが、女性はどうなのでしょうか? 個人差があるので一概には言えないと思いますが夫婦仲相談所 所長の三松真由美先生に教えていただきました。


不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】

不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】

Bramanoliでインタビューした中野信子さんの著書「不倫」を読み反論の余地なし! と断言する三松真由美先生。不倫願望が盛り上がるのはなぜなのか? 今回も夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生の筆がスパークします!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

夫婦仲の専門家 三松真由美さんの連載! 漠然とセックスレスにお悩みの方も多いでしょう。そんな時には、セックスレスの本質を医学書という観点から調べてみてはいかがでしょうか。今回は医学書に学ぶ正しいセックスについて、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにお話しいただきました。


更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期症状で関節痛なることもあるってご存知ですか? 「手や手首がこわばる」「ひざが痛い」など、更年期には関節がこわばったり痛みに悩まされる方も多いのです。今回は、更年期によくある「関節痛」や間違いやすい病気、今すぐできる予防・改善などの対策ケア方法をお伝えします。


【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】『養生思考を身につける』(ワニブックス)著者、呼吸整体師の森田愛子さん。呼吸の大切さに着目し、呼吸を整えれば健康になれる! と独自のメソッドを開発。カラダを動かしながら呼吸を自然に行う方法を多くの人に伝えています。インタビュー後半はなぜ森田さんが呼吸に着目したのか、自然に呼吸を行うにはどうしたらいいのか、などについてお伺いしました。


宮本真知のタロット占い【3月18日(月)~3月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【3月18日(月)~3月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【雨宮なおみの12星座占い】2019年3月 後半編(3/15~3/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年3月 後半編(3/15~3/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング