家事分担のコツ 稼ぎをタテに家事をしない夫の攻略法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #97】

家事分担のコツ 稼ぎをタテに家事をしない夫の攻略法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #97】

家事分担について悩んでいる妻は多いと思います。妻が専業主婦であったりパート勤務であったり、またフルタイムで働いている場合でも、収入に差があることを持ち出して「俺のほうが稼いでいるんだし」と家事を放棄する夫。しかし、共同生活者なのですがから家事を分担するのは専業主婦であっても当然です。家事分担を嫌がり家事を放棄する夫には、「あなたのため」と意識を向けさせるのが効果的です。そこでどんなやり方が良いかご紹介します。


家事分担問題:“収入の低いほうが家事をするべき”は間違い

夫婦ともに外で仕事をしていれば、家事を妻ひとりで回すのは大変です。フルタイムで勤務しているのに、家に帰れば食事の支度に後片付けに洗濯物にと、すべてこなしていれば息をつく暇もありません。

それでも、「俺のほうが稼いでいるから」と収入の差を理由に家事をやらない夫。理不尽だと思っても、何を言い返しても「じゃあお前も俺と同じくらい稼げよ」と言われたら黙るしかない……という妻もいると思います。

「誰のおかげで生活ができていると思っているんだ」。

口にしなくても、夫がそう思っていることがわかるとまるで自分が“格下”に見られているような気持ちになりますよね。

ですが逆に「誰のおかげで仕事ができているのか」ともいえます。妻が作ったご飯を食べ、妻が洗濯した服を着て、妻が掃除した部屋でくつろげるから、夫は仕事を頑張れるのです。収入の差を持ち出す夫はこの視点が抜けています。

「家庭の中で自分は優遇されるべき」と無意識に思い込む夫は多く、確かに働いてくれることは感謝するべきですが、だからといって家事の負担をすべて妻に押し付けるのは筋が通りません。

仕事の有無や収入の違いに関係なく、夫婦とは本来、対等な関係のはずです。仕事が忙しくて家事に手が回らないなら、妻に「負担させてばかりでごめん」と夫はひとこと声をかけるべきですし、妻が疲れているときは「お風呂掃除を代わってくれたら助かる」と正直に夫に伝えるべきです。

「収入の低いほうが家事をするべき」は、夫だけに都合のいい言い訳でしかありません。今すぐにはどうしようもないことを持ち出されて悔しい思いをしている妻は、まずその夫の考えが間違えていることを改めて思い出してください。

【夫に家事を分担させる方法 1】小さなことでも褒める

とはいっても、そう口にしたところで夫の意識はすぐには変わりません。「自分が家の大黒柱だ」と自覚を持っているからこそ家事の放棄を当然とするのであって、それならそのプライドを利用して家事をさせるやり方を考えましょう。

まず、夫が何かしてくれたらすぐに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えます。洗濯物を入れただけで放置していても、「取り込んでくれたんだ、ありがとう」と言うことで、夫は自分の“家事”を認めてもらえたと思います。

褒められると、人間は次もそうされたいと思います。仕事で大変な思いをしている男性ならなおのこと、「認めてもらえる」ことは自信を育てる気持ちにつながり、自然と「またやろう」という気になれるのですね。

「それくらいのことでありがとうなんて」と思うかもしれませんが、何も言わなかったら夫は次に手を出すことはなくなります。無反応が一番味気なくつらいことであり、自分のしたことを見てもらえないのは、夫の反発心を養うだけです。

些細なことでも、きちんと認めてあげること。それは夫自身にも妻への感謝を思い出す機会になる、と思いましょう。

【夫に家事を分担させる方法 2】「あなたのため」の家事と思わせる

たとえば、お風呂掃除が大変だなと思うとき。夫に向かって「あなた、腰が痛いって言っていたから、腰痛に効きそうな入浴剤を買ってきたの。せっかくだからお風呂場を綺麗にしたいんだけど、大変だから手伝ってくれない?」と声をかけます。

「あなたのために」と言われると、夫は無視できません。妻が自分のために用意してくれたものがあると知れば、それを楽しむために動こうという気になれます。

同じように、「寝室をあなたが寝やすいように模様替えしたいんだけど、ベッドを動かしてくれる?」など、「あなたのため」と思わせることで夫は家事への抵抗をなくしていきます。実際はたいした模様替えはなくただ掃除しただけで終わっても(それが狙いであっても)、「手伝ってくれて助かったわ」と笑顔で言われれば、夫も悪い気はしないでしょう。

「自分のために考えてくれる」妻の姿は、夫のプライドを前向きに満たします。「俺を応援してくれている」「大事にしてくれている」、この実感が自然と家事をする自分を肯定し、妻への感謝にもつながるのですね。

実際にふたりで家事をやっていれば、「ふたりで進めるほうが効率的だな」と夫は気が付きます。分担することは自分にとってもプラスであり、そのほうが妻の機嫌も良く、健やかな暮らしができるとわかってもらうことで、家事は「手伝う」のではなく「協力してやる」ものだと理解します。

夫婦は対等な関係だからこそ、夫に知ってもらいたいのは「収入の差は家事に関係ない」ということです。夫を褒める、「あなたのため」と行動する姿を見せるのは決して卑屈になることではなく、お互いがストレスなく暮らすための方法なのだと、もう一度考えてみてください。

一方的な負担を妻が我慢する必要はありません。「あなたもやってよ!」と怒りを前面に出すと夫は反発しますが、そうではなく「これはあなたのため」と思わせることで、プライドをポジティブに刺激するやり方を工夫してみてくださいね。

【関連記事】
家事をしたらしたで中途半端…イラッとくる前に対処法を知っておけば安心です
家事分担 中途半端な夫にイライラ… 【夫婦問題お悩み相談室 #11】


「なんで私ばっかりやらなきゃいけないの!」ストレスが爆発する前に
もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】


家事でギクシャクするくらいなら、家事代行サービスを上手に取り入れてみたらどうでしょう?
家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり

http://bramanoli.info/users/88

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

【Bramanoli編集部おススメ!】家事分担のコツ 3選

家事分担のコツ(1)家事の中身と工程を理解してもらう

平日夜遅くまで仕事をして、休日は寝てばかり、なんていう夫だといったい妻がどんな家事をどのくらいしているか、ということがわからないものです。家事と言えば、掃除・洗濯・食事作り、そんなもんでしょう。なんて真剣に思っている夫も多いと思います。ですが、実際には食事を作るという家事の中身は1、献立を考える 2、冷蔵庫の中身を確認 3、足りない食材や調味料を買いに行く 4、帰って来たら買ったものをしまう 5、食事作りをスタート 6、食事ができたらテーブルを整える 7、お皿に盛り付ける 8、子どもが小さければ食べさせる 9、食べ終わったら流しに下げる 10、食器をしまう。と、すべてが完了するまでに10もの工程があるのです。

ですが、夫はこれをまったく分かっていません。男性は女性のように察することができません。「見てればわかるでしょ」ということは通用しないのです。きちんとすべてをわかりやすく論理的に伝えなければ、妻がどれだけの家事量をこなしているのか、ということはわかりません。ですが、家事の大変さ、どれだけ何をしているか、ということを口頭で言っても頭には入りせん。そこで可視化することが大切なのです。

家事分担のコツ(2)伝える時は数字とグラフで可視化

妻が夫を“つかえない”と思っていても、夫は会社では仕事をきちんとこなしているはずです。つまり、伝え方さえ間違えなければ男性も家庭で“つかえる”夫になるはずなのです。そこで、ビジネスライクに紙に家事の頻度や内容を書きだし、整理し、夫が担っている分が全体の家事の何%なのか、グラフなどに可視化して伝えてみてください。

目で見ることでどれだけ自分が何もしていないか、ということを夫が知って初めて同じラインに立つことができます。同じラインに立って初めて“分担”という発想になるのです。

そうすればこっちのもの!「どれならできそう?」と優しく聞いてあげながら夫の家事を増やしていきましょう。そして分担を決めたらもうひとつ大切なことがあります。

家事分担のコツ(3)やり方・方法を工数化 具体的に伝える

家事をこなす方法もきちんと教えてあげましょう。例えば、“食器を洗う”という家事も“食器だけを洗う”と思っている夫は多いです。ですが本当は“調理に使ったすべてのもの”を洗わなければいけません。フライパンやフライ返し、炊飯器が空っぽなら炊飯器も。そして、洗い終わったら流しの周りに飛び散った水もキレイに拭く。ここまでを多くの妻は“食器を洗う”と考えているのではないかと思います。しかし多くの夫はそうではなく、食器だけを洗ったり、フライパンを洗っても炊飯器は洗ってなかったり、飛び散った水はそのまま、ということも多いでしょう。

妻から見たら“中途半端”と思う家事の状態は見ていてイライラすると思います。ですが、夫もせっかく洗ったのに妻がイライラしていては「もうやりたくない!」となってしまうかもしれません。なので最初から“食器を洗う”という家事の内容についてきちんと説明する必要があるのです。これも紙に工程を書いて伝えた方が良いかもしれません。

ほとんどの夫が妻が家でニコニコしていることを望んでいるはずです。お互いがニコニコ気持ち良く生活するために、お互いが努力をする。最初からうまくいくことなんてありません。夫はオトナですが、家事は初心者です。もしくは夫には夫なりの家事のやり方があるかもしれません。それをお互いが納得するカタチに納めるためには、初めて家事をする子どもだと思って辛抱強く温かい目で接してあげることが大切です。ぜひ一度しっかり夫と向き合って家事問題を解決してくださいね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

【夫婦のカタチを考える】他の夫婦や家庭を“羨ましい”と思ってしまうことありませんか?立派な家や車を持っている、夫がイクメン、高給取り、子どもが良い子… ですが、それは本当にあなたの幸せなのでしょうか? 他人にばかり目を向けて羨むのではなく、自分の夫や子どもへ目を向けて幸せを感じてみませんか。


人生100年時代 夫婦で考えておきたい心構え【幸せ夫婦コミュニケーション術 #99】

人生100年時代 夫婦で考えておきたい心構え【幸せ夫婦コミュニケーション術 #99】

【人生100年時代の夫婦の在り方】これからの時代、人生は100年と言われています。子どもが60歳で巣立ったとして、そこからの40年を夫婦ふたりで過ごすとして、どんな心構えでいたらいればいいのでしょう。幸せ夫婦コミュニケーションコラムニストひろたかおりさんに教えていただきました。


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング