【#FocusOn】婚活アプリも毛嫌いしないで使いこなすべし 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】婚活アプリも毛嫌いしないで使いこなすべし 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<最終回>

愛ある厳しさで大人気の恋愛婚活コンサルタント菊乃さん。インタビュー最終回は最近では当たり前になってきた婚活アプリについて。アプリを使った婚活の注意点などについてお伺いしました。


婚活アプリを使うなら大切なのはまず“写真”

前回の記事はこちらから

―さっそくですが、Bramanoliの連載でも教えていただきましたがアプリを使って婚活をする時のポイントについて教えていただけますか?

菊乃さん:ズバリいいますが、写真です。まずは皆さん見かけから入りますよね。だって、中身なんて分からないんですから。何百といる人をバババババッーっと見ていく中で自分だったらどうする? と考えてみてください。好みのタイプに連絡してみようって思いませんか?

―たしかに。

菊乃さん:アラフォーで婚活していらっしゃる方って言っちゃ悪いですが、美意識が低い人が多いんです。「私はお化粧してます。ちゃんと昔からやってるから大丈夫です」って、大丈夫じゃないんですよ! 昔のままじゃいけないんです。あとブランドものなど高いものを使っているからお化粧している気になってる方もいらっしゃいますね。

―耳が痛すぎます…。

菊乃さん:プロフィールに使う写真はきちんとメイクをして髪の毛を整えて、年齢相応の婚活ファッションで自然の中や明るいところで自撮りではなく第三者に写真を撮ってもらうこと。あと、写真は加工しすぎない。写真だけキレイで会ったら別人のオバサンだったって男性からよく聞きます。これは本当に大切です。あとはプロフィール文の書き方です。

―年齢や趣味を書くときの注意点ってあるんですか?

菊乃さん:例えば“映画が趣味”って書かれていてもジャンルがありすぎてどんな映画が好きか分からないですよね? “食べ歩きが好き”もそうです。どんな食べ歩きなのか? スイーツなのかはしご酒なのかカフェなのか、高級レストランなのか。男性が“いいね”しやすいのは当然、デートに誘いやすい、焼き鳥屋巡りだったりします。そういう誘う口実になりやすい趣味を具体的に書くことも大切なポイントです。

―確かに! 勉強になります。

菊乃さん:アラフォーの方って直接会える婚活パーティに行きがちなんです。アプリより安心だからって。でもそもそも婚活パーティなんて数十名しか出会えないし、そういうところで運よく20代30代の男性たちに出会ったとしてもお金目当ての場合が多いんですよ。

―お金目当て…ですか!?

菊乃さん:そうです。カラダ目当てではなくおカネ目当てです。

―きついです…

菊乃さん:それが現実です。アプリを使うのを怖がる方の理由として「事件に巻き込まれたらどうしよう」とか言うんですが、事件に巻き込まれる確率より独身の男性がいる確率の方が高いんですよ。次に男性と手を繋ぐのは介護の時(介護士の男性と…)、なんてならないように、早く行動を起こして欲しいです!

ゲーム感覚で婚活している男性も

―こんな男性には気を付けた方が良いというポイントを教えてください。

菊乃さん:甘い話と軽い男にひっかかるな、ということは絶対です。

―どういうことでしょう?

菊乃さん:甘い話は詐欺にひっかかる可能性もあります。軽い男というのは一回目から飲みに行ってそのままキスされてホテルに行って付き合おうよ、などと言うパターンです。これは遊ばれているだけですよ。終電逃してやることやってってそれは彼氏ですか? 彼氏かどうか分からない状態でズルズルいってしまうことが一番よくないです。時間の無駄です。

―それは本当にそうですね。一見してこれはダメ男だ、と見分けるコツはありますか?

菊乃さん:すぐに結婚をちらつかせる男ですね。ちらつかせれば簡単にセックスできると思っています。あとは、清潔感があってマメな人はゲーム感覚で婚活している場合が多いです。

―ゲーム感覚!? どういうことでしょう?

菊乃さん:何人攻略できるか、ってことです。

―ああ…なるほど…。

まだ何もしていないのに勝手にNGを出すな!

―婚活アプリは様々な条件で相手を検索できるので効率よく会える気がしますが、注意する点やコツなどはありますか?

菊乃さん:過去の失敗に照らし合わせて、まだ何も始まってないのに勝手にNGを出すことです。

―どういうことでしょう?

菊乃さん:この人は住んでいるところが遠い、昔、遠距離恋愛でダメだったから今度もうまくいかないに違いない、と会ってもいないのにお断りする。前の人とは違う人間なんだから今度は上手くいくかもしれないのに。

―そうですね…他には?

菊乃さん:考えすぎて行動しない、完璧主義すぎて動かない、勝手にあれこれ妄想して始まってもないのにやっぱり無理…と壊す、などです。

―どれも起こり得そうです。では実際に会った時、会った後に気を付けることはありますか?

菊乃さん:御礼を言ってくる人には誰もが好感を持ちますよね。感謝の気持ちを伝えられて嫌な気持ちがする人はいない。上手くいかない人って悪いところばっかり見ていることが多いんです。ここがダメだった、ここが気になった、って。相手だって初めてで緊張しているかもしれないんだから、最初から完璧にはいかないですよね。とくに誠実な人であればあるほど。あとは相手のスペックばかり気にして、本人の人柄に興味を示さない人は論外です。そんな方が結婚してもうまくいくわけがない。

―本当にそうですね。最後に…そもそもなのですが、結婚はしたほうがいいのでしょうか?

菊乃さん:自由なのでその辺はご自身で決めてみてはどうでしょうか。もし合わなくて離婚となったとしても、…もちろん安易な離婚を推奨する訳じゃありませんが、アラフォーだとバツイチぐらいなんらデメリットにはなりませんのでオオゴトに考えすぎないようにして欲しいです。私は結婚は第3の進路だと思っています。この進路は恋愛の延長でもなければスペックだけを考えてうまくいくものではありません。その点を心して頑張って欲しいと思います。

―最後まで一貫して菊乃節が冴えわたった恋愛婚活コンサルタント菊乃さんのインタビュー。耳が痛い話もあると思いますが、アラフォーの婚活はこのくらいの覚悟で真剣に挑むからこそ生涯のパートナーに出会えるとのこと。菊乃さん連載にアラフォーおススメ婚活アプリが紹介されているのでぜひご覧ください。

恋愛・婚活コンサルタント 菊乃さん
「出会いがない」という女性向け恋愛・婚活コンサルタント。29歳までは手抜きと個性を取り違えノーメイクで出勤しているくせに「いい男がいない」『出会いがない』が口癖のダメ女。妹が先に結婚し、「このままでは一生独りだ」と気が付き低いレベルからの女磨きの過程をブログでつづったところ「生まれて初めて彼氏ができた」「分かりやすくて、実践的」「私もブスだと気が付きました」と人気になり本を出版。2011年より恋愛婚活相談で独立。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」(すばる舎)他4冊 山形県出身・静岡大学卒業。相談者は大学生からアラフィフまで全国各地から問い合わせがくる。
菊乃さんの記事はこちらから



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

Bramanoli編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

『県庁の星』や『嫌な女』の作者・桂望実さんの新刊『オーディションから逃げられない』。40代女性の四半世紀がそこには綴られています。女性はいつもオーディションに立たされているようなもの。そんな人生を一生懸命ひたむきに生きる主人公に自分を重ね合わせるアラフォー女性も多いと思います。作者の桂望実さんにインタビューした前半です。


育児を手伝う感覚のパパは意識のアップデートを ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

育児を手伝う感覚のパパは意識のアップデートを ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「夫をイクメンにしたい!」と思っている妻は必読。多くのイクメンを育成してきたファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんにインタビューした第二回目。家事育児は“手伝う”ものではなく“手を取り合って共にする”もの。これを読めば“家事育児を手伝う”意識の夫をアップデートさせる方法がわかります。あなたの夫もイクメンに!


アラフォーは未婚よりバツイチの方が婚活有利って本当?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #41】

アラフォーは未婚よりバツイチの方が婚活有利って本当?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #41】

「アラフォーはバツイチの方が婚活が有利!?」と婚活コンサルタント菊乃さんは言います。バツイチには無駄なこだわりがなく、結婚に対しての幻想もない。結婚生活において自分が大切にしたいことの優先順位も分かってるからだそう。さらには驚きの理由も…多くの婚活女性を見てきたからこそ分かる婚活最前線を教えていただきました。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦の究極のコミュニケーションは“セックス”。一体それはなぜなのか?なぜセックスをしていると夫婦関係が良好になるのか。セックスレスではなくセックスがある方がいい理由とは?これまで数万組の夫婦の悩みに答えてきた、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんが解説してくれます。


更年期あるある「動悸・息切れ」の予防や改善、対策方法 【更年期は人生が輝くチャンス #44】

更年期あるある「動悸・息切れ」の予防や改善、対策方法 【更年期は人生が輝くチャンス #44】

その動悸・息切れ更年期かもしれません!最近、階段を上るだけでも息切れがする…そんな症状にお悩みなら更年期を疑うべき?更年期の専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに動悸・息切れが更年期にどう関係があるのか、どうしたら改善するのか対処法も教えていただきました。


家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。4月前半の運勢のポイントを要チェックです。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング