【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


非モテアラサー女子が奮起!

―こんにちは! ご無沙汰しております。今回は2019年こそは結婚するぞ! と頑張るアラフォーの皆さんのお役に立つようなお話をお伺いできればと思っています。いつものようにビシバシとよろしくお願いします(笑)

菊乃さん:ご無沙汰しております。こちらこそよろしくお願いします。

―菊乃さんはなぜ恋愛婚活コンサルタントになられたのでしょうか?

菊乃さん:私自身が非モテのやばい女子だったんです。24歳で友だちに誘われて婚活パーティに行って彼氏ができたんですが、すぐに別れて。その後はずっと彼氏がいなくて20代後半から毎年「来年はクリスマスを彼氏と過ごそう」と思いながら、何も変わることなく日々を過ごしていました。そうこうしていると妹が27歳で結婚したんです。先を越されて真剣に「やばい!」と焦ってまた婚活パーティに行ったんですが、28歳~34歳のアラサー女性が行く婚活パーティって年上のおじさんばっかりなんですよ。現実を突きつけられた気がしました。でも、結婚したいと思っていたので「婚活を頑張る!」と宣言したんです。

―なるほど。当時、菊乃さんはどんなヘアメイクとファッションだったんですか?

菊乃さん:当時は仕事柄、脚立に登ったりもしていたのでスカートやハイヒールは履かないし、そもそも持っていない。車で通勤していたのでほぼスッピン。髪の毛は自然乾燥でボサボサという典型的な非モテ女子でした。ある時、アルバイトで女子大生が入ってきたんです。彼女から「菊乃さんこれ読んだ方がいいですよ。菊乃さんファッションもメイクもぜんぜんダメですよ」と、当時流行っていた蝶々さんの『小悪魔な女になる方法』という本を教えてもらったんです。婚活に必死だったのもあったのか、彼女の言うことを素直に受け取って読んだんですね。そうしたらその内容がおもしろいほど頭に入ってきて。

―その本がきっかけでスイッチが切り替わったんですね。

菊乃さん:はい(笑)まずハイヒールを買う旅をしました(笑)ヒールの前にストッキングも持っていないので買いましたけど。

―素晴らしい(笑)即実行。

菊乃さん:ええ(笑)あとは「小悪魔MTG」という会を女子大生の子と独身アラサーの仲間で結成して日々の自分たちの婚活活動を報告しあったんです。その活動を備忘録としてブログに書き始めました。

―そのブログが多くの人に読まれたんですか?

菊乃さん:そうですね。その当時、“婚活”という言葉が流行語になっていたんですが、ガッツいている猛獣系女子がするもの、というイメージがあって言葉自体の印象はあまり良くありませんでした。でも、私の場合はイケてない非モテ女子が女性らしいファッションやメイクを学ぶところから始めるわけなので、好感をもって受け入れられたんだと思います。

―なるほど! 赤裸々な実体験に共感される要素があったんですね。実際にスカートやヒールを履いたりしたら何か変化がありましたか?

菊乃さん:いやもうビックリするくらいあったんです(笑)それまでは「社内の男なんてありえないわー」と思っていたんですが、女性らしいファッションできちんとメイクをして会社に行くようになったらなんと、同僚の男性から食事に誘われたんです!

結婚相手を見つけるんじゃない。日々の出会いを大切にする

―やりましたね! 他にはどんな活動をしましたか?

菊乃さん:普段は職場以外の人と話すようなこともなかったんですが、積極的に知り合った人と話すようにしたり、美容師さんと話したり、そこから派生した出会いを大切にしたりして。婚活をしている、結婚相手を物色している、というより日々の生活を大切にする、ということを心がけました。そういうことも全部ブログに書いていったんです。そうするうちに今の夫と出会って無事、結婚することになりました(笑)

―素晴らしい! ブログはヒットしたわけですが、どうしてそこからコンサルタントになろうと?

菊乃さん:ブログがヒットしたおかげで本が出版されたんです。おかげでメール相談がたくさん寄せられるようになりました。当時は会社員をしながらその相談に無料で答えていたんですが、こう言ってはなんですが…無料だと失礼な相談内容が割とあって。それで、ここはもう一線を引いて、ちゃんと恋愛婚活コンサルタントとしてお金をいただいて活動しようと思ったんです。

―確かに無料だといろんな人が気軽に相談ができてしまいますもんね。それに答えなかったりすると「感じが悪い」と悪評を立てられてしまったり…。

菊乃さん:そうなんです。恋愛婚活コンサルタントとしてまずターゲットにしたのはかつての私と同じ“出会いがないと思っている非モテ女性”です。当時、蝶々さんの本のように、彼氏がいたり、男性との出会いもあるけど結婚まではこぎつけられない女性向けの本はたくさんあったんですが、そもそも出会いすらないと思っている女性に向けたものはありませんでした。だから彼女たちの役に立ちたいと思ったんです。

―いよいよ恋愛婚活コンサルタントとして活動を始める菊乃さん。菊乃さんのところにやってくる女性たちはいったいどんな悩みを抱えているのでしょうか? 第二回目に続きます。※1月26日(土)12時公開予定です

恋愛・婚活コンサルタント 菊乃さん
「出会いがない」という女性向け恋愛・婚活コンサルタント。29歳までは手抜きと個性を取り違えノーメイクで出勤しているくせに「いい男がいない」『出会いがない』が口癖のダメ女。妹が先に結婚し、「このままでは一生独りだ」と気が付き低いレベルからの女磨きの過程をブログでつづったところ「生まれて初めて彼氏ができた」「分かりやすくて、実践的」「私もブスだと気が付きました」と人気になり本を出版。2011年より恋愛婚活相談で独立。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」(すばる舎)他4冊 山形県出身・静岡大学卒業。相談者は大学生からアラフィフまで全国各地から問い合わせがくる。
菊乃さんの記事はこちらから



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

Bramanoli編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

『県庁の星』や『嫌な女』の作者・桂望実さんの新刊『オーディションから逃げられない』。40代女性の四半世紀がそこには綴られています。女性はいつもオーディションに立たされているようなもの。そんな人生を一生懸命ひたむきに生きる主人公に自分を重ね合わせるアラフォー女性も多いと思います。作者の桂望実さんにインタビューした前半です。


育児を手伝う感覚のパパは意識のアップデートを ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

育児を手伝う感覚のパパは意識のアップデートを ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「夫をイクメンにしたい!」と思っている妻は必読。多くのイクメンを育成してきたファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんにインタビューした第二回目。家事育児は“手伝う”ものではなく“手を取り合って共にする”もの。これを読めば“家事育児を手伝う”意識の夫をアップデートさせる方法がわかります。あなたの夫もイクメンに!


アラフォーは未婚よりバツイチの方が婚活有利って本当?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #41】

アラフォーは未婚よりバツイチの方が婚活有利って本当?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #41】

「アラフォーはバツイチの方が婚活が有利!?」と婚活コンサルタント菊乃さんは言います。バツイチには無駄なこだわりがなく、結婚に対しての幻想もない。結婚生活において自分が大切にしたいことの優先順位も分かってるからだそう。さらには驚きの理由も…多くの婚活女性を見てきたからこそ分かる婚活最前線を教えていただきました。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦の究極のコミュニケーションは“セックス”。一体それはなぜなのか?なぜセックスをしていると夫婦関係が良好になるのか。セックスレスではなくセックスがある方がいい理由とは?これまで数万組の夫婦の悩みに答えてきた、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんが解説してくれます。


更年期あるある「動悸・息切れ」の予防や改善、対策方法 【更年期は人生が輝くチャンス #44】

更年期あるある「動悸・息切れ」の予防や改善、対策方法 【更年期は人生が輝くチャンス #44】

その動悸・息切れ更年期かもしれません!最近、階段を上るだけでも息切れがする…そんな症状にお悩みなら更年期を疑うべき?更年期の専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに動悸・息切れが更年期にどう関係があるのか、どうしたら改善するのか対処法も教えていただきました。


家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。4月前半の運勢のポイントを要チェックです。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング