家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

「この日は○○だから、忘れないでね」と何度言っても覚えない夫。お互いに仕事をしていれば残業で遅くなる日もあるし、色々とスケジュールを調整しなきゃけないこともたくさんあるのに、いつも自分の用事を優先してしま夫。そんな夫に予定を覚えてもらうには、まず案件の重要性を理解してもらうことが大切です。


「妻の予定は後回し」で平気な夫

たとえば、「○○日、お墓参りに行くからね」と夕食のときに話し、夫も「わかった」と答えていたのに、当日になると「今日は出勤する」と仕事に行ってしまう。また、「木曜日は残業で遅くなるから、洗濯物入れておいてくれたら助かる」とあらかじめ伝えておいたのに、いざ帰宅すると何もしていないし「遅くなるなら連絡しろよ」となぜかご立腹。こんな態度に心当たりはありませんか?

「ちゃんと伝えたじゃない!」と言っても、「そんな話したっけ?」「聞いてない」など、妻の予定を後回しにしてしまうのは、その重要性がわかっていないからです。お墓参りも残業で遅くなることも、妻は大切なことだと思うから早めに言うのに、夫にとっては「自分の用事が最優先」「そのときに考えればいい」程度のもの。いざ当日になって妻の怒りを見せられても、「それならもっとわかるように言えよ!」など、「忘れていた=大事なことだと思っていない」自分を正当化します。

確かに、妻や家庭より優先しなければいけない用事もときにはあるかもしれません。ですが、問題なのは「妻の予定を軽く見ている」姿勢です。こんな夫には、まず「口約束で済まさない」ことが大切。

それでは、「あなたも無関係ではない」ことを理解してもらうためには、どう伝えれば良いのでしょうか。

繰り返し言うよりカレンダーなどに大きく書いておく

「ねえ、この間の話だけど、○○日は空けておいてね」と何度も言われてしまうと、夫は「うるさいな」と反発します。「忘れるから言うんじゃない」と思っても、妻から何回も確認されると嫌気がさすのですね。

まず、必ずしなければならない大切な用事は、伝えた後でカレンダーに見やすく書いておくことをおすすめします。キッチンやリビングなどにカレンダーがある家庭は多いと思いますが、「印をつけておいたから」と伝えてしっかり書き込んでおきましょう。これは、「忘れていた」言い訳を防ぐために有効です。誰でも目につくところに書いておけば、夫も嫌味なく覚えていられます。

もしカレンダーがない場合は、紙に書いて貼っておくだけでもOK。要は夫の意識に予定が届けば良いので、「必ず目に入るところ」に文字で残しておくことを忘れずに続けましょう。

今は家族で予定を共有できるスマートフォンのアプリもありますが、忘れないためにはやはりアナログな手段が一番です。カレンダーの書き込みで「見栄えが悪い」などと文句を言われたら、「これが一番わかりやすいでしょ」「私も忘れたくないから」と返しましょう。

言いっぱなしではなく尋ねることで意思を確認する

急に残業が決まって、いちいち書き込んでいられないときもありますよね。「明日は遅くなるから、子どものお迎えよろしくね」と夫に言っても聞いているのかいないのか…すっぽかされたら大変です。

そんな時、夫の意思を確認するには、言いっぱなしにするのではなく「明日は残業で遅くなるんだけど、子どものお迎え行ける?」と尋ねることが肝心です。「行けると思う」なら「お願いね」で良いし、「俺も遅くなりそう」なら何時に行けるか話し合うことができます。

一方的に言われるだけだと意識に残りづらくなります。意思を確認するのは、答えることで夫も覚えやすくなり、また「自分も無関係でない」ことを理解してもらうため。「駐車場が狭いから気をつけてね」「先生から伝言があるかもしれないから、挨拶してね」など、情報を伝えておけば夫もスムーズに動けます。

大事な予定は必ず夫から言葉をもらうこと。言った言わないの水掛け論を避けるには、夫の意思を確かめる姿勢を忘れないことが重要です。

自分も質問することで関心を伝える

逆に夫から「明日は遅くなるから」と言われたら、「夜食はいる?」「お風呂を用意しておくけど、帰りは何時頃になりそう?」など、夫を迎えたい気持ちを伝えましょう。質問することで夫も自分の用事が妻にとって無関係でないことがわかり、コミュニケーションが楽しくなります。

妻の予定を後回しにしてしまうのは、それが自分にとっても大切であるということを気が付かないのが原因である場合がほとんどです。何度も口にすると嫌気がさすので、伝えるときには必ず夫から返事をもらうこと、そしてカレンダーなどに書き込んでおくことを続ければ「自分も参加する」意識を育てることができます。

また、夫の用事もしっかりと把握したいと思っている姿勢を見せましょう。「あなたの実家の帰省だけど、○○日で大丈夫?」と予定を確認すれば、「じゃあ前の日にお土産を買いに行こうか」「持っていくものを書いておくね」と会話が進み、ポジティブに当日を迎えられます。

妻や家庭の用事は、みんなで共有するもの。夫がその意識を持ってくれれば、毎日はもっとスムーズに進みます。夫の受け止めやすさを考え、より楽しくコミュニケーションがとれるやり方で、日々の予定を管理していきましょう。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫婦問題に関する相談で多いのが「家事問題」です。買い物、料理、掃除に洗濯…、家事をこなしていかなければ、たちまち家の中はゴミ屋敷になってしまいますよね。皆さんのお宅はいかがですか。今回は、夫の家事育児に不満を抱いている妻からの相談にお答えします。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

【夫婦のカタチを考える】他の夫婦や家庭を“羨ましい”と思ってしまうことありませんか?立派な家や車を持っている、夫がイクメン、高給取り、子どもが良い子… ですが、それは本当にあなたの幸せなのでしょうか? 他人にばかり目を向けて羨むのではなく、自分の夫や子どもへ目を向けて幸せを感じてみませんか。


人生100年時代 夫婦で考えておきたい心構え【幸せ夫婦コミュニケーション術 #99】

人生100年時代 夫婦で考えておきたい心構え【幸せ夫婦コミュニケーション術 #99】

【人生100年時代の夫婦の在り方】これからの時代、人生は100年と言われています。子どもが60歳で巣立ったとして、そこからの40年を夫婦ふたりで過ごすとして、どんな心構えでいたらいればいいのでしょう。幸せ夫婦コミュニケーションコラムニストひろたかおりさんに教えていただきました。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング