【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


助産師でも自分の外性器を見たことがない人が多い

前回までの記事はこちらから

―先ほど助産師さんでさえ自分の外性器を見たことがある人は少ない、と仰っていましたが、そもそも自分のカラダについて知らない女性たちが多いと感じますか?

やまがたさん:本当にそう思います。例えばセルフプレジャーに関してだって、はしたない、とか、寂しいからするんだ、とかいうじゃないですか。でもセルフプレジャーってリラックスして自分のカラダを緩めて自分で自分を幸せにしてくれる素晴らしいものですよね。大人の女性がセルフプレジャーを否定しているから、自分の子どもがセルフプレジャーをしていると驚いて精神的におかしいんじゃないかとか思うんですよね。でも小さな女の子だってふつうにセルフプレジャーをします。だって気持ちいいんですもん(笑)美味しいものを食べたり楽しく遊ぶのと同じように気持ちが良いことは普通にしたいですよね。でもなんとなく堂々とするものではないということは分かっていてコッソリする。それを親に見つかって酷く怒られたりしたらショックですよね。セルフプレジャーをやめられない自分を否定してしまうかもしれません。

―やまがたさんにBramanoliの連載でもそのお悩みに答えていただきましたよね。ぜひそちらを読んで欲しいと思います。

大貫さん:そうなんですか! 読んでみます。

自尊感情を傷つけられてセックスができますか?

―しかし日本の夫婦のセックスレス問題は根深いですよね。

やまがたさん:男性の働き方の問題も大きいですよね。夫が忙しすぎて疲れていて勃たないということも多いと思います。体力が下がっていますよね。

大貫さん:家にいる時間がそもそも少なそうなイメージです。

やまがたさん:ちゃんと「まぐわい」ができる時間がないんですよね。講演をすると色々と相談を受けるんですが、もう酷いですよテレビを見ながらセックスされるとかあります。

―最低ですね…

やまがたさん:最低ですよ。潜在的なDVですよ。妻もそんなんじゃあ自己価値を高められないですし、セックスをするのが嫌になって当然です。

大貫さん:大事にされていないのにセックスだけすりゃあ良いってもんじゃないですよね。ちゃんとコミュニケーションがあった上でのセックス!

やまがたさん:男性ってそもそもコミュニケーション能力が女性より低いといわれていますよね。得意不得意あると思いますが、女性が愛情を注いでコミュニケーションをとることが大切だと思うんです。そういうことを言うとね「めんどくさい」と仰る方もいらっしゃいますが、でもそもそもそういう夫を選んだのは誰ですか? という話で。お互いさまですよね。生活費を稼いでくれるただのATMじゃないんですよ夫は。共に生活する人として感謝して、立てるところは立ててしっかり妻の側からコミュニケーションをとっていく必要性があると思います。以前、娘に「一番大切な家族は誰?」って聞いたんです。そしたら「パパ。命の種をママにあげて私たちが生まれたから」って答えたんです。

―素晴らしい!!

やまがたさん:性のお話し会などでは、おちんちんのことを“JOYスティック”って呼んで敬っているんです(笑)

(一同爆笑)

“性の話”はユーモアを交えてポジティブに! おちんちんは“JOYスティック”

喜びの棒!(笑)すごいです。

やまがたさん:それでね、先ほど女性器の名称について話をしましたが “おまんこ”って私はズバリ言っています。私はおまんこって悪くないと思うんです。だって万(マン)の子(コ)ですよ。ここには万の子のエネルギーがある。そして子宮はパワースポットって呼んでいるんですが、JOYスティックがお万子に入ってパワースポットでビッグバンが起こって赤ちゃんが宿る。

―なるほど…それはなんかすごく良いですね。

やまがたさん:ええ。「JOYスティックありがとう!」と言ってみんなで拝んだりしてね。

(爆笑)

やまがたさん:ユーモアが大切なんですよね。性について語る時には必ず。

大貫さん:本当にそう思います! 眉間にしわをよせて、怖い事のように話すからネガティブなイメージがついてしまうんですよね。

やまがたさん:本当にそう。子宮がパワースポットっていうのはね、卵を宿しているでしょう。神社をパワースポットって言って婚活女子や受験生が行くじゃないですか。でもね、神社のお宮には何が祀られていますか? 御霊ですよね。魂です。同じです、子宮と。女性はみんな自分のカラダにパワースポットを持っているんです。なので、わざわざ神社に行かなくてもね、自分のデリケートゾーンを愛でるために丁寧なケアをして清浄に保ってあげればいいんです。荒れ果てた神社なんて運気が悪そうで行きたくないですよね。同じですよ。荒れ果てたデリケートゾーンにJOYスティックもやってきたいとは思わない(笑)なので、自分の女性器を見るのが怖いなんて言ってないで、しっかり確認をしてケアをしてキレイな状態を保つ。それからね、この神社は一見さんお断りです。常連さんしかこれません(笑)

―最高ですね(笑)

おじさん世代への性教育

大貫さん:大人の男性もアダルトビデオのせいで間違ったセックス観を持ちすぎていると思います。この前おじさんばかりを集めてセックスの話をしたんですけど、みんな本気でアダルトビデオでしていることで女性が感じて悦んでいると思っています。少し乱暴にした方が良いんだろうとか、潮吹きしたらイッテるんだろう、とか、本気でアダルトビデオを再現しようとする。なので全部否定してきました(笑)でもそういうと心の底から驚いているんですよ。本気で女性が良いと思うセックスを知りたかったら女性向けのアダルトビデオを見てくださいって話をしました。

やまがた:いかに女性がセックスにコミュニケーションを求めているかわかるよね。セックスは強引に始まって射精で終わるものじゃないってことがよくわかる。

大貫さん:本当にそうですよね。あと女性は太くて長いおちんちんを望んでいると本気で思っている男性も多いですね。

やまがたさん:そうそう(笑)実は大きさが合わず痛くて夫とセックスしたくないって相談に来る人もいますよ。まったくねえ…間違った男性のセックス観もどうにかしないと。

―大貫さんがされているおじさんへのセックス講座は本当にセックスレス大国日本に必要なものですね。すべての男性が大貫さんのセックス講座に行って欲しい!

大貫さん:皆さん私が話をすると真剣に話を聞いてくださって、その場でメモをとったりして真摯に受け止めてくださって本当に嬉しいなっていつも思います。

―そういう場に来る時点でもう男性として素晴らしいですね。

大貫さん:本当にそう思います。

やまがたさん:夫婦が安心なコミュニケーションと心地よいセックスができていたら、子どもたちにも良い性教育ができると思います。やっぱり根幹は家庭。家庭から始まるんです。三大欲求の性=セックスやセルフプレジャーは隠すものでも恥ずかしい事でもない。歯磨きと同じことです。

―やまがたさんのJOYスティック話に爆笑し、大貫さんのおじさん達へのセックス講座に感心し…おふたりとの対談はいよいよ次回が最終回。妊活と自己肯定感についてです。お楽しみに。※1月17日(木)12時公開予定

文/和氣恵子、撮影/鈴木志江菜

(写真左)助産師・看護師 大貫詩織さん
助産師/思春期保健相談士 神奈川県立保健福祉大学 看護学科卒業。 総合病院産婦人科にて勤務ののち、現在は精神科児童思春期病棟に勤務し入院患者への性教育プログラム立ち上げに従事。 また学校での性教育に関する出張講座や、若者向けの性と命の語り場イベント『イノチカタルサロン』の主催も務める。
Twitter
公式サイト

(写真右)助産師・バースセラピストやまがたてるえさん
助産師 、看護師、バースセラピスト、JADP上級心理カウンセラー、NPO法人ちぇぶら 更年期ライフデザインアドバイザー
臨床経験をした後、妊娠出産を経験。産後に地域の育児支援活動にかかわりながら、BLOGでのライフワークを発信。BLOGをきっかけに5冊の本を出版。等身大の母から伝える「いのち こころ からだ」をテーマとした講演、保護者向け講演、お話し会や、雑誌などメディアにも取り上げられている。「心が軽くなる」育児のアドバイスが好評。子育て学講座講師、産前産後ケアに携わり、セラピストとしての個別カウンセリングなども行っている。
やまがたさんの記事はこちらから



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

Bramanoli編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】『養生思考を身につける』(ワニブックス)著者、呼吸整体師の森田愛子さん。呼吸の大切さに着目し、呼吸を整えれば健康になれる! と独自のメソッドを開発。カラダを動かしながら呼吸を自然に行う方法を多くの人に伝えています。インタビュー後半はなぜ森田さんが呼吸に着目したのか、自然に呼吸を行うにはどうしたらいいのか、などについてお伺いしました。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


【#FocusOn】子育てはホームステイのホストマザー気分で!『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】子育てはホームステイのホストマザー気分で!『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<最終回>

ご自身の妊娠・出産の経験から「誕生学」を確立、普及させてきた大葉ナナコさん。5人のお子さんを育てた経験と、多くの女性を支えてきた立場から、親の役割、そして子育てしながら自己実現をするための秘訣を教えてもらいました。著書である『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基にしたインタビュー、最終回です。


【#FocusOn】“ゆるむ”ことは“ゆるす”こと『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】“ゆるむ”ことは“ゆるす”こと『女がめざめる暮らし方』著者、大葉ナナコさんインタビュー<第二回>

幸せの秘訣「ゆるむ」ためには、自分と向き合って自分を「ゆるす」ことが大切です。第二回のインタビューではそのためのコツをお話いただきました。数多くの妊娠、出産に関する本を出版され、妊娠前、妊娠中、産後の多くの女性を支えてきた大葉ナナコさんに、著書である『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基にお話を伺いました。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

夫婦仲の専門家 三松真由美さんの連載! 漠然とセックスレスにお悩みの方も多いでしょう。そんな時には、セックスレスの本質を医学書という観点から調べてみてはいかがでしょうか。今回は医学書に学ぶ正しいセックスについて、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにお話しいただきました。


更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期症状で関節痛なることもあるってご存知ですか? 「手や手首がこわばる」「ひざが痛い」など、更年期には関節がこわばったり痛みに悩まされる方も多いのです。今回は、更年期によくある「関節痛」や間違いやすい病気、今すぐできる予防・改善などの対策ケア方法をお伝えします。


【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】『養生思考を身につける』(ワニブックス)著者、呼吸整体師の森田愛子さん。呼吸の大切さに着目し、呼吸を整えれば健康になれる! と独自のメソッドを開発。カラダを動かしながら呼吸を自然に行う方法を多くの人に伝えています。インタビュー後半はなぜ森田さんが呼吸に着目したのか、自然に呼吸を行うにはどうしたらいいのか、などについてお伺いしました。


宮本真知のタロット占い【3月18日(月)~3月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【3月18日(月)~3月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【雨宮なおみの12星座占い】2019年3月 後半編(3/15~3/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年3月 後半編(3/15~3/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング