2019年はコスメジプシーを卒業!遺伝子検査で判明した肌の弱点とケア【あなたの遺伝子知りたくない?遺伝子レベルで美を目指せ#3】

2019年はコスメジプシーを卒業!遺伝子検査で判明した肌の弱点とケア【あなたの遺伝子知りたくない?遺伝子レベルで美を目指せ#3】

シミ、シワ、たるみ…気になるところを挙げたらキリがない鏡の中の肌。スキンケアを強化したくても、数ある化粧品や美容法などの情報から、どれを選べばいいのかわからない! そんな時に口コミで知ったのが、「DHCの遺伝子検査 美肌対策キット」。遺伝的な肌リスクがわかるなんて科学的&画期的で興味津々! どんなコトを行い、どんな結果になったのかをリポートします。


大ショック! いつの間にかハッキリ出ていたほうれい線

20代まで「繊細」「ハリがある」とほめられてきた私の肌。一般的なケアさえしていれば、特別なことをしなくてもこのままでいられるはずとタカをくくってきました。しかし、アラフォーになったある日、4歳の愛娘から告げられたのが「どうしてママの顔には、クマさんの線があるの?」というひとこと。意味が分からず絵本を見ると、クマの顔には鼻の左右から伸びて口を囲むように描かれた線が…。クマの顔の線=ほうれい線のこと!?

改めて鏡を見ると、ほうれい線だけじゃなくて眉間にもシワがクッキリ。頬には小さなシミがいっぱいで、ブルドックのように肉も下に垂れてきている!? 「このままじゃヤバイ!」となかばパニックになってドラッグストアへ直行したものの、ケアしたいポイントが多すぎてすべてを網羅したアイテムがないし、評判のいいアイテムを使い始めても本当にこのケアでいいのか不安なまま。そんなとき、スキンケアマニアの友人に紹介してもらったのが「DHCの遺伝子検査 美肌対策キット」でした。

自分の肌を知らないと適切なケアなんてできないはず!

『美肌対策キット』を教えてくれた友人いわく「アラフォーの肌は、下り坂。あてずっぽうのスキンケアに時間やお金を注ぐ余裕はないよ」とのこと。肌質は人それぞれで、友人や家族に効果があるからって私にも合うわけじゃありません。周囲の評価に合わせたアイテム選びで効果が出ないということを繰り返している間にも肌は衰えていきます。少しでも早く自分の肌質を知ってぴったりのケアにシフトしないと!

その点、『美肌対策キット』は、遺伝子レベルで肌質を調べられるだけでなく、その後のスキンケア法もしっかり教えてくれるのが魅力的。8タイプに分類したシミ・シワ・敏感肌のリスクを検査結果として教えてくれて、タイプ別にスキンケアのアドバイスをしてくれるほか、タイプに合った美容液、サプリメントを購入できます。これなら検査後に改めてアイテム探しに迷う必要がありません。内側と外側の両面から美肌サポートができるのはDHCならでは! 期待が高まります。

しかも、「DHC遺伝子検査相談室」に電話すれば、検査前の質問や検査結果に対する疑問やアイテム使いの相談に専門家が答えてくれるそう。また、遺伝子検査関連商品だけでなくDHC化粧品のすべてを知り尽くした「美容相談室」もあり、そちらではスキンケアをはじめ肌の悩み全般についても相談できるようです。

検査キットにワクワク! 所要時間は30分程度

到着した検査キットを開くと、中に入っていたのは「説明書」「ID番号シール」「同意書」「返信用封筒」「採取棒」の5点。説明書を見ると、検査前1時間は、喫煙や水以外の飲み物は控えるようにとのこと。その点はクリアしていたので、歯磨き粉や食べカスなどが口の中にないよう念のため水で口をすすぎ、いよいよ検査です。

綿棒のような「採取棒」で採取棒をほおの内側に押しあて、左右10回ずつこするだけ。痛みなどはありません。あとは、室温で15分ほど放置してよく乾かします。

当たり前ですが、口の中の粘膜も遺伝子も目に見えません。放置中に、「果たしてきちんと採取できているのだろうか」と不安になった私は、前述の「DHC遺伝子検査相談室」に電話をかけて「きちんと採取できているか心配です」と相談しました。すると「もし失敗していても無料でキットを再送しますよ」と優しく教えてくれてホッとしました。

放置後は、「採取棒」をケースに戻して、ID番号シールを貼り郵送準備。キットに同封されていた返信用封筒に同意書とともに入れて、その日のうちにポストへ投函します(翌日投函になる場合は冷蔵庫で保管)。まるで、自分の分身を検査に送るような不思議な気分。検査結果が楽しみです。

ドキドキの検査結果! 私のための情報が2冊にぎっしり

投函から約2週間後、ついに検査結果が到着。配達スタッフから手渡しで受け取るので郵便ポストでの紛失トラブルや誰かに見られてしまう心配はありません。

中を開くと私の名前が書かれた「肌質関連遺伝子検査結果報告書」「DHCパーソナル・カルテ」という2冊があり、本格的な内容でとっても嬉しい!

そして、ドキドキしながら「肌質関連遺伝子検査結果報告書」を開くと、遺伝子や皮膚のしくみなどが書かれたページがあり、次に待望の検査結果がありました。

一方、「DHCパーソナル・カルテ」を見ると、8種類ある肌タイプのうち、私はタイプ6であることが分かります。

そして、上部には肌タイプの特徴がまとめられていて、それを読むとビックリ! これまでの肌の調子を思い出すと、いろいろなスキンケアを試してみても結果が出にくいのがシワやたるみだし、花粉症の季節は肌あれがひどくてガサガサになっている…すごい、その通りだ!

私は、シワ・敏感肌のリスクが高いタイプ。ショック!! …ですが、気を取り直して読み進めます。検査結果にはタイプだけでなく検査した4種類の肌質関連遺伝子の詳細も書かれていました。例えば、シワのリスクに関連する遺伝子「MMP1遺伝子」を見てみると、この遺伝子結果が「++」と出ている私は、必要以上にコラーゲンを分解してしまうためにハリや弾力がなくなってシワができやすいそう。これを読むと「そうか、それならコラーゲンをしっかり摂ればいいのかな」と自分なりにできることもいろいろ浮かんできます。

また、以降のページには、4種類の遺伝子の説明がそれぞれ分かりやすく書かれているので勉強になります。

結果を知ってからがスタート! 目指せキラキラママ!

「DHCパーソナル・カルテ」には、「シワ、敏感肌のリスクが高い」タイプの私に向けた美容液とサプリが紹介されています。

美容液「DHCジェノケアエッセンスプラス」シリーズは、遺伝子レベルでリスクを把握したうえで適した植物エキスが配合されている美容液。私の場合、シワリスクのための「アーチチョーク葉エキス」「クズ根粒エキス」、敏感肌リスクのための「フカスセラツスエキス」「イナゴマメ種子エキス」が使われています。自分の肌のウイークポイントが分かっているからこそ説明も分かりやすいし、心から使いたいと思えちゃう! 化粧水や乳液、クリームなどは普段使いのまま、いつものスキンケアにプラスするだけなので使いやすいのも嬉しい! サプリメントも、遺伝子検査の結果に合わせて成分が組み合わせてあり、オーダーメイド感覚。1回分ずつ個包装になっているので、持ち歩くのにも便利そう! 相談室に問い合わせてみたら、今すでに続けているサプリと組み合わせも問題はないそうで安心しました。

さらに、「DHCパーソナル・カルテ」には、肌質に合わせて積極的に摂りたい栄養成分も書いてあるので、食事+化粧品でのケア+サプリで、私用のスキンケアプランが完成した気分。あとは、実践するのみ! 娘に自慢のママと言ってもらえるように、2019年の私はキラキラママに向けてスタートを切りました! もう顔にクマさんなんか住まわせないぞー!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

PR情報をご提案いたします。

オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。4月前半の運勢のポイントを要チェックです。


宮本真知のタロット占い【4月15日(月)~4月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【4月15日(月)~4月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


衣類用消臭スプレーだけで丸洗いできる!?【かずのすけ・最強の家事(2)】

衣類用消臭スプレーだけで丸洗いできる!?【かずのすけ・最強の家事(2)】

美容化学者のかずのすけさんですが、実は洗剤のスペシャリスト!大学院では「洗剤」や「洗浄化学」について専門に学んでいたのです。そんなかずのすけさんが生活に使用する洗剤のあらゆる疑問に答えた『秒で分かる!最強の家事』(ワニブックス)が発売されました。その一部をご紹介します。今回は「衣類用消臭スプレー」について。


40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

40代女性の四半世紀を描く『オーディションから逃げられない』著者 桂望実さんインタビュー<前半>【#FocusOn】

『県庁の星』や『嫌な女』の作者・桂望実さんの新刊『オーディションから逃げられない』。40代女性の四半世紀がそこには綴られています。女性はいつもオーディションに立たされているようなもの。そんな人生を一生懸命ひたむきに生きる主人公に自分を重ね合わせるアラフォー女性も多いと思います。作者の桂望実さんにインタビューした前半です。


初めてのことにチャレンジするのは怖い!そう感じた時に読みたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 07】

初めてのことにチャレンジするのは怖い!そう感じた時に読みたい絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 07】

大人になると初めの一歩がなかなか踏み出せない。新しいことにチャレンジするって勇気が必要。どうしたらその勇気が出るのか? 絵本コーディネーターの東條知美さんにそんな大人のための絵本を教えていただきました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング