悔しい!「夫の浮気は私のせい」と言われました【夫婦問題お悩み相談室 #30】

悔しい!「夫の浮気は私のせい」と言われました【夫婦問題お悩み相談室 #30】

夫の浮気、心がざわつきますよね。自分は悪くないのになんでわたしばっかり嫌な思いをしなければいけないの!?ただでさえ辛い思いをしているのに、姑から「そうなったのはあなたのせい」と言われたら、なおさら悔しいですよね。そんなやるせない思いを抱えている妻からのご相談です。


【お悩み】夫の浮気は嫁のせいだと言われました。離婚したほうがいいですか?

夫が浮気しました。不倫が発覚し、いたたまれず、実家に帰りました。すると、姑から実家に電話があり、「夫が浮気するのは妻が原因。あなたがちゃんと夫の世話をしないからだ」と言われました。どうして私がそんなことを言われなければならないのでしょう。夫は謝ってはくれましたが、私を守ろうとはしてくれません。悔しくて仕方ありません。もう離婚したほうがいいでしょうか。(Sさん・40歳)

特に女性は感情的。冷静でいるのは難しい

浮気、不倫、不貞…

芸能界でも一般家庭でも、はるか昔から、消えることのない永遠のテーマです。
当事者にとっては苦しく、悩ましい問題ですよね。

Sさんは、夫の不倫が許せず、実家に帰ったのですね。

浮気の事実を知ったとき、目の前が真っ暗になり、心臓がバクバクして、平常心を失ってしまうでしょう。冷静でいることは難しいと思います。

結婚式で、常に相手を思いやることを誓いあったのに…。
夫のことを心から信じていたのに。

「こんな裏切り行為は許せない!」

そう思ってしまうのも当然です。特に女性は、感情が優先してしまう生き物です。「夫が不倫しました。許せません!!」そう訴える妻はとても多いです。一人で抱えるにはとても苦しく、どのように気持ちを収めたらいいのかわからず、藁をもすがる思いでカウンセリングを受けにやってくることが多いのです。

不倫が発覚したあとに見られる2つのパターン

夫の不倫が発覚したあと、妻がとる行動として、2つのパターンに別れる傾向にあります。

1 夫に言えず一人で抱え込む

2 発覚直後に夫をつかまえ、詰め寄って責める

当然ながらその後の展開は変わっていきます。

1の場合、ずっと誰にも相談せず一人で悶々としているのですが、我慢は長続きせずいつか爆発します。
2の場合、相手を責めて、夫を糾弾します。一時的に収まったようでも、根本解決には至りません。

つまり、どちらもいい方向には進まず、「幸せ」は遠のいてしまうのです。
結局は自分の心と向き合い、本音を探り、「修復」か「離婚」か冷静に判断するしかありません。
冷静に判断できない状態なら、第三者である専門家に相談することをお勧めします。現在の状況と気持ちを傾聴し、本音の想いを引き出すことで心の整理のお手伝いをします。そのうえで、次につながるアクションを決めます。

夫婦の問題。夫の親は関係なし

「夫婦げんか」や「不倫」「浮気」などについて、事の顛末を知った身内や親戚は、あれこれ口出ししたり、アドバイスしたり、忠告したりします。身内は、身びいきしてしまうこともあり、往々にして、中立公平ではありません

また、友人や知り合いも、心配や同情から、いろいろと言ってくるでしょう。中には興味本位で、無責任なことを言う人もいます。

いずれもよかれと思って言っているからこそ、やっかいで、かえって複雑にこじれてしまう可能性も大きいのです。

Sさんのケースも同様です。姑からの心無い言葉を受けて傷ついています。

親子の絆は強いもの。どんな息子でも可愛いのが母親です。たとえば、息子がやんちゃなことをしたとしても、親は子どもの味方をしたくなるものです。中には客観視できる実親もいるかもしれませんが、基本的にわが子のことは誰よりも可愛く、冷静に判断することはできない、と思ったほうがいいと思います。
姑はあくまで夫の母親であり、できれば息子のことは許してあげてほしいと願っているのです。その思いが、嫁を責める言葉として出てくるのでしょう。

離婚の決断をくだす前にすること

Sさんの悔しい気持ちはよくわかりますが、不倫に限らず、結婚生活に起こる出来事は、基本的に夫婦の問題です。

Sさんが「離婚」を考えるのはなぜでしょう?

離婚すると、苦しみから逃れられるからでしょうか。
夫を懲らしめたい、困らせたい。自分のつらさを夫に思い知らせたいからでしょうか。
その気持は理解できます。

では、離婚したとして、その先はどうしましょう。

離婚後の生活もシミュレーションしてみてくださいね。

ご主人は謝罪したとありますが、その時の状況を思い起こしてみてください。
謝罪があったときが大切なタイミングです。
ご主人自身が「結婚」や「家族」とは何かを知り、本当の意味での気づきがない限り、同じことを繰り返してしまいます。Sさんがどんなに悲しいか、寂しいか、苦しい思いをしたか、ご主人にしっかり届きましたか。

Sさんは「妻」という立場にいるキーパーソンです。
今後の結婚生活をどうするか、その決定権を持っているのもSさんです。

冒頭に書いたように、まず自分の心と向き合い、本心を探ってみてください。
そして、Sさんの想いを感情的にならずに、相手に伝わるように伝え、夫婦間で確認し、今後のことについて話し合ってほしいと思います。「離婚」をについて考えるのはそれからです。

今は、将来につながっています。今起きている問題から目をそらさず、夫婦で話し合うことで、これからが変わっていきますよ。
大切なのは自分の想いです。姑からの言葉に振り回されないようにしてくださいね。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫婦問題に関する相談で多いのが「家事問題」です。買い物、料理、掃除に洗濯…、家事をこなしていかなければ、たちまち家の中はゴミ屋敷になってしまいますよね。皆さんのお宅はいかがですか。今回は、夫の家事育児に不満を抱いている妻からの相談にお答えします。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

セックスを再開したいのに夫からの誘いはなし。自分からはどう誘えばいいか分からない。そんなお悩みをお持ちの妻たちも多いことでしょう。そこで多くの夫婦問題を解決してきた、夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんにセックスレス解消法を教えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング