Bramanoli読者がおみせ支援マスターに挑戦! 保田梨江さんのスマイルデイズ【おみせ支援マスターになろう】

Bramanoli読者がおみせ支援マスターに挑戦! 保田梨江さんのスマイルデイズ【おみせ支援マスターになろう】

Bramanoli読者の保田梨江さんが実際におみせ支援マスターに! 登録をして検定に挑戦するところからお店へのアプローチまで密着しました。この記事を読むとおみせ支援マスターになるまでと、なってからがよく分かりますよ。





おみせ支援マスターに挑戦していただくのは
Bramanoli読者 保田梨江さん

二人目の出産を機に会社を辞め専業主婦に。現在、6歳と4歳の姉妹のママ。仕事は辞めたもののなにかのカタチで社会と繋がっていたい、人の役に立ちたいと考えている時にBramanoliでおみせ支援マスターを知り「隙間時間でできる!」と、挑戦することに。金融系の企業で働いていたので、お金にまつわることは大得意! 実際に登録をして検定を受けた感想やお店にマンガを渡した体験について密着してお話を伺いました。

おみせ支援マスターになるためにまずは登録!

おみせ支援マスターの登録はスマホがあれば大丈夫。まずメールアドレスを入力すると登録に必要なメールが届きます。そのメールに掲載されているアカウント登録用URLをクリックし必要な情報を入力したら登録完了。今度はおみせ支援マスター初級の検定試験に挑戦します。検定といっても事前に「おみせ支援マスターとは」を読んでいればすぐに解ける簡単な問題が10問あるだけ。あっという間に終了します。保田さんも数分で初級おみせ支援マスター合格しました。

次に名前、ニックネーム、住所、電話番号を登録すれば、およそ1週間ほどで自宅に“おみせ支援マスター・お仕事スタートキット”が届きます。

「スマホで簡単に登録できました。検定は難しかったらどうしよう…と、ちょっと不安はあったのですが、質問を見ながらおみせ支援マスターについて理解が深められるようになっていたのでとても良かったです。時間も思ったよりもかからず10分ぐらいで終わっちゃいました。子育ての合間に挑戦できる手軽さがいいなと思いました。おみせ支援マスターキットが届くのが楽しみです!」

おみせ支援マスター・お仕事スタートキットが自宅に到着!

待ちに待ったおみせ支援マスター・お仕事スタートキットが到着!

「わー! こんなにコンパクトなんですね! 中に何が入ってるのかな? 何だか懸賞に当たったようなワクワク感です」

箱の中には、おみせ支援マスター認定証、お店に渡すマンガがその1・2・3までそれぞれ5冊づつ、ガイドブック、おみせ支援マスターの活動に行き詰った時にサポートしてくれるおみせ110番の使い方などが書かれた冊子、タブレットを受け取るとどんなサービスが受けられるのか書かれている冊子、マンガに自分のおみせ支援マスターIDを押すためのスタンプとスタンプ台が入っています。

すぐに活動を始めたい保田さんはさっそくマンガに自分の番号のスタンプを押し始めました。

「自分の番号をスタンプすると、なんだか気持ちがこもってきます。このマンガをきっかけにお店の人の役に立てるんだ! と思うと早くいろんなお店に行って、お店の人の反応を見てみたいと思いました。まずどこへ持って行こうかな…楽しみです」

大好きなお店、学芸大学「ごはんとワインento」でおみせ支援マスター活動スタート!

保田さんが活動の最初のお店に選んだのは学芸大学の「ごはんとワインento」。保田さんは幼稚園に子どもたちを預けた後、週に一度ホットヨガへ行くそう。そのあと幼稚園のお迎えまでの時間にパパッとランチを済ませることができる美味しいお店を探していた時に見つけたのが「ごはんとワインento」。オーナーの長谷川利早子さんとは年齢も近く、2人姉妹のママという共通点もあってとても話が合うんだとか。「ごはんとワインento」で過ごすこの時間は自分へのご褒美時間だそう。

お店はカウンターと2名がけのテーブル席が2つ。ひとりの時間を楽しめる空間なのがお気に入り。パパが早く帰ってきた日は子供たちをお願いして夜、ワインを飲みにひとりで来ることも。そんな大好きなお店だからこそお店の力になりたいし、最初におみせ支援マスターとしての活動をしたい! と訪れました。この日もオーナーの利早子さんと小学校入学準備の話で盛り上がります。…でも、保田さんには今回おみせ支援マスターの活動というミッションがあるので、ちょっぴり緊張気味です。

いつものようにランチも食べ終わり、いよいよマンガを手渡します。利早子さんは「なにくれるの!? マンガ? なになにー!」となんだかとっても嬉しそう。その反応を見て、保田さんも一安心。

いよいよマンガの中身について説明します。すっかりいつもの仲良しな二人の雰囲気で話も弾みます。

実は保田さんは将来自分のカフェを開きたいと考えていて、利早子さんからいろいろ話を聞いているんだそう。なので、いつもお世話になりっぱなしの利早子さんに恩返しでお店の応援ができないかなあと日頃から思っていたそうです。

「おみせ支援マスターのことを知った時に、いつも惜しみなくいろんなことを教えてくれる利早子さんのお役に立てるんじゃないかって思ったんです。それに自分のカフェを開きたいっていう夢にも一歩近づいたような気がして…。私がお店をオープンしたら利早子さんと私のような関係のお客さんができたらいいなあって思います。そこを目指します(笑)」

今回の活動を通してすっかり自信をつけた保田さん。「今度は家族でよく行くケーキ屋さんに週末、マンガを渡しに行ってみたいです」と目をキラキラさせて話してくれました。

“おみせ支援マスター”って?

お店は一方的に物を売ったり、サービスを提供するだけではなかなか繁盛しません。やはりいつも利用してくれるお客さんの声がとても大切になります。「そうは言ってもお店に意見なんてできないわ…」と思う人が多いですよね。ですが、実はその“意見”こそ、お店が真に求めていること。常連さんのリクエストで作ったメニューが今やその店の看板メニューになった、なんて話もよく聞きますよね。

“おみせ支援マスター”とは、自分が大好きなお店や商店街を応援する活動をする人のことです。地域のお店を元気にし、その地域に住む人々も活気づくお手伝いに繋がっていきます。具体的にはお店に“ある”タブレットについて書かれているマンガを渡し、どんなものなのか簡単な説明をするだけ。

隙間時間や大好きなお店に行ったついでにお店を応援できて、お小遣いまで稼げちゃうという、お店にも自分にも嬉しいWinWinな活動なのです。

今回、記事の中でも紹介しましたが、おみせ支援マスターには簡単3ステップでなれます。

STEP1:メールアドレス・パスワードを登録
STEP2:クイズ形式の検定を受講(初級)※間違えても何度でもトライできます。
STEP3:登録住所にマンガや認定証、スタンプ、ガイドブックが到着!

たったこれだけ! 今回の保田さんのようにお子さんのお迎え前にちょこっとお店に立ち寄るのも良し、家族で週末お気に入りのお店に行ってマンガを手渡してもいいですね。ぜひトライしてみてください。

【撮影協力】ごはんとワイン ento(学芸大学)

学芸大学にあるごはんとワインが美味しいお店。女性ひとりでも安心して入ることができるアットホームでお洒落な雰囲気が感度の高い女性に大人気! オーナーの長谷川利早子さんの魅力もあってアラフォー女性が多く訪れる。学芸大学の人気店なので席が空いていたら迷わず入るべし!

ごはんとワイン ento
営業時間:12:00〜14:00、18:00〜0:00 ※日曜定休
住所  :目黒区鷹番2-5-17 コーポ丸基105
電話番号:03-6412-8698
Instagram :