世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

「世間の目なんて関係ない」頭ではそう思っていても気になってしまう。こんな服でおかしくないかな、子どもに変なもの食べさせてると思われないかな、夫は会社で馬鹿にされていないかな…など思い当たることはありませんか? 人の目を気にしない自分になるにはどうしたらいいのでしょうか? 脳神経外科医の山下あきこ先生に教えてもらいましょう。


実は、特定の誰かの目が気になっている

世間の目を気にすると言っても、世界中のすべての人によく思われたいと思っているわけではありません。あなたが気にしているのは特定の誰かではありませんか?電車の中でお化粧する人は、電車の乗客の目は気にしていなくても、電車を降りて会う人の目を気にしているのでお化粧をしているはずです。

その人にどう思われるかのために、どのくらいのお金や時間を使っているのか気づいて見ましょう。

ママ友の集まりに持っていくために高級ブランドのバッグを買ったり、会社のランチでの話題についていけるようにテレビやスマホをこまめにチェックしてお店に通ったりするのは、お金や時間の無駄遣いではないでしょうか?
ちょっと高価なものを身につけ、人より情報をたくさん知っていることであなたが幸せを感じるなら、それもいいかもしれません。

しかし「このバッグでは古いと思われるかも」「こんなことも知らないの? って思われるかも」などという悪い評価から逃げたくて何かをしているのなら、それはもったいないことです。

持ち物や情報だけではありません。子供の習い事、通わせる学校、住まい、インテリア、料理、レストラン選び、エクササイズ、趣味、付き合う人・・・。それらはあなたが本当にいいと思って選択しているものなのか、あなたが意識する“誰か”がいいと思いそうなものなのか? そもそもその“誰か”って誰なのでしょうか?

一度立ち止まり、自分の心を見つめてよく考えてみましょう。

あなたも誰かにそう思っている

「こう思われたくない」とあなたが恐れていることは、他の誰かに対して抱いたことがある思いかもしれません。例えば、他人を見て「あんなものを子供に食べさせてるんだ」と思っていると、自分も同じように思われないか心配になるのです。

また脳は、一度経験したことで情報を蓄積して、必要な時に思考となって表れます。聞いたことも見たこともない事は、思考として浮かんでこないはずなのです。ですから、幼いころから繰り返し見聞きした事が自分の思考に影響しています。親が「ジュースは体に毒だ」といつも言っていたら「ジュースを子供に飲ませるべきではない」という思考につながり、「子供にジュースを飲ませている自分を周りはどう思ってるかしら?」と気になってしまうのです。

あなたが恐れている世間の目は、あなたの分身なのかもしれません。

それが正しいかどうかは別として、まずは自分の思考のベースとなっている考え方に気づく事が大切です。気づくポイントは人を批判している時です。心の中で人を批判しているのに気づいたら、「こうあるべき」という自分の思い込みやこだわりへの気づきにつながります。

他人が喜ぶ生き方? 自分が喜ぶ生き方?

子供が親の喜ぶ進路を選ぼうとする事があります。いい学校に入れば喜ばれる、この職業に就けば安心してもらえる。大切な人に喜びや安心を与えたいという気持ちは一見素晴らしく見えますが、自分の意思や希望と一致していなければ目標を達成した後、人生の喜びを見出すのに苦労します。

人生は選択の繰り返しです。進路もネットの記事を「もっと読む」かということも、すべて選択。この選択の積み重ねがあなたの人生になるのです。これら一つ一つの選択を誰かの基準でしていたらあなたらしさはなくなり、人の意見に振り回される人生になってしまいます。どちらを選べば自分が幸福になれるのか? その時の感情や欲求に従うのではなく今もこれから先もハッピーになる方を選びましょう。

自分らしさをきちんと貫ける凜とした美しさを持つ

「8割の凡人に2割の偉人」という言葉を聞いたことがあります。(実際には歴史に残るような偉人は2割もいませんが・・・)

世間の目が気になる人でも、8割の人々に変だと思われないことなら安心感があるのではないでしょうか。その8割の人々とは、いわゆる普通の人、凡人です。大多数の凡人に支持されるような道を選べばあなたも凡人。

8割の人と変わらない考えを持ち、同じような服を着て、同じような暮らしをしたいなら、世間の目を気にしながら毎日暮らせば間違いないでしょう。
一方、自分の意見や好みをしっかりとアピールすると、少数派でもそれに共感する人が近づいてきます。大多数の意見とは違っていても孤独になることはありません。

「世間の目を気にしない」とは、どう思われてもいいというような投げやりな考え方ではなく、自分らしさをきちんと貫ける凜とした美しさだと私は考えます。

これが私!と胸を張って言えるような信念を持ち、ハッピーに毎日を過ごしたいものですね。

株式会社マインドフルヘルス代表山下あきこ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

医学博士、脳神経内科・内科医師。2016年に健康習慣を身につけるサービスを提供したいと考え、株式会社マインドフルヘルスを設立。

関連する投稿


つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

小さい頃から学校や親から植え付けられた“○○すべき”という呪縛。そんなの関係ない、自分は自分、と思うけれどやっぱり逃げられない。本当はそんな枠に縛られたくないのに、つい○○すべきと考えてしまい苦しい。そんな時はどうしたらいい?


他人のことが気になってしょうがない時は…【幸福度を高める ポジティブ心理学#15】

他人のことが気になってしょうがない時は…【幸福度を高める ポジティブ心理学#15】

他の人が気になってしょうがないってことはありませんか? 同僚やママ友がどんなことを考えているのか、どんな生活を送っているのか、知ったところで別にどうということはないけれどワイドショー的に気になっちゃう! けれどそれに疲れる自分もいる…どうしたら気にならなくなるのか、脳神経内科医の山下先生に教えていただきました。


小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

歩いていても電車に乗っていてもちょっと何かあるとイラッとしてしまう…アラフォー女性は忙しいしホルモンバランスも崩れてくる年齢なので、ついイライラしちゃうことありますよね。そんな自分に嫌気がさしてまたストレスを感じてしまったり…。そうならないようにイラッとしてしまう思考を変えるのはどうしたらいいか、脳神経内科医の山下あきこ先生に教えていただきました。


【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

前回は“男女はなぜすれ違ってしまうのか”ということについて医学博士の山下あきこ先生に教えていただきました。今回は“セックスレスは脳科学で解消されるのか”というお話です。インタビュー最終回です。


【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング