外面ばかりいい夫にイライラ… どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #28】

外面ばかりいい夫にイライラ… どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #28】

お付き合いしているときと違って、結婚すると相手を見る目が違って来ることも…。「こうであってほしい」と理想の結婚スタイルがあるがゆえに期待度が増して、浮上する悩みもいろいろ。今回寄せられたご相談もそんな悩みのひとつです。


【お悩み】夫は外面がよく、ママ友からの評判もいいのですが、家ではなんにもしないし、話しかけても返事もしません。そんな態度にイライラします。どうしたらいいですか。

うちの夫は本当に外面がいいんです。保育園のイベントには積極的に参加するし、バーベキューでもお肉を焼いたり片付けしたり、手際もいいです。なので、ママ友からは「家でもいろいろやってくれるでしょう」と羨ましがられるんですが、とんでもない! 家では何もしないし、話しかけても上の空で返事もしません。すごく腹がたちます。どうしたら家でも外と同じようにしてくれるでしょうか。( Mさん・38歳)

家庭は巣の自分でいられる安心できる場所

Mさんのご主人は「外面」がよく、ママ友からの評判もいいんですね。
外では積極的に手際よくこなすのに、家ではまったくその反対でなんにもしない…。
周囲から「いい人ね」と言われている人って、案外そんな側面があるのかもしれませんね。

Mさんの悩みは、ご主人の行動にギャップを感じていること。
外と家で極端に差のある態度や言動が気に入らないのだと思います。

人当たりがよく、愛想もよく、頼まれたことは断らない。でも家では外とは違う別の顔を見せる「外面がよく内弁慶な人」は体裁を気にして「いい人」を演じているともいえます。
演じているので、多少なりとも無理をしています。
無理は長続きしませんから、どこかに自分の居場所を求めます。その場所では無理をしたり疲れるようなことはしません。
つまりご主人にとって、自分の家は素の自分でいられるということです。本当の自分をさらけ出してもいい安心できる場所といえます。

外がご主人の本当の居場所になるよりも、家で素の姿を見せてくれる方がずっといいと思いませんか。
ただ、もう少し外と家でのギャップは少なくしてほしいですよね。

外面が悪い夫は、もっと大変!?

私の相談者さんで、夫の破天荒な態度と言動にほとほと困り果て「夫に振り回されて気が休まる暇がない」とカウンセリングを受けにこられる方がいました。
夫が仏頂面で横柄な態度、暴言を吐くことが多いため、日常生活でもトラブルに巻き込まれることが頻繁にあり、夫のすることなすことに、奥さんが尻拭いをしていたそうです。

このように、マイペースの「外面が悪い人」というのも、また大変です。
社交性がなく、世間との交流を遮断してしまうような人よりも、その場の空気を読み、気を使いながら行動する人のほうがトラブルは少ないといえます。

理想を強要すると、変化は望めない

とはいえ、Mさんの気持ちもよくわかります。

「家では何もしないし、話しかけても上の空で返事もしません」

それはつらいですよね。外と家でのあまりの違いにモヤモヤイライラすることでしょう。

カウンセリングの現場でも、配偶者が「話を聞いていない」「心ここにあらず」「いつも上の空」という妻からの不満の声をよく聞きます。

多くの妻が望んでいるのは、

「夫が話をちゃんと聞いてくれる」
「穏やかに話し合える」
「会話が弾む」

そんな家庭と夫婦像を望んでいるのですが、ここでも男女の違いがあり、たいてい夫側に悪気はなく、リラックスモードに入っているだけなのです。
また、男性は、女性に比べ、見栄やプライドが高いところがあるので、外では家とは違う面を見せてしまう傾向にあるかもしれません。

長所にフォーカスして、認めて褒める

ではどうしたら理想の方向に進むのでしょうか。

「外面がいいよね」「家でもやって」「そんな態度を取らないで」とストレートに伝えたところで、ご主人は嫌な気持ちになるだけです。

ご主人が、「そうだね、これから気をつけるよ」と素直に反省してくれたらいいのですが、そう簡単にはいかないですよね。

Mさんは、家でも外と同じようにしてほしい、と望んでいます。
「家でもそうしてほしい」と夫の行動を認めているのですから、そこはMさんが自覚して伝えてもいいのではないでしょうか。
バーベキューのお肉を手際よく焼いたり、積極的に動いたり、ママ友たちから羨ましがられる行動は、Mさん自身が認めていることです。
いいところにフォーカスすれば、意識が変わりますよ。

「あんなふうにやってくれたら(私は)嬉しい」「(私は)とても助かる」と、私を主語にした「Iメッセージ」で伝えます。
「(あなた)は外面がいい」「(あなた)が家でもやって」というのは、相手(You)を主語にした言い方です。「YOUメッセージ」は、命令されたような抵抗感があるので言い方にも気をつけて。

誰しも、長所短所があり、いいところと悪いところを持ち合わせているので、いいところは見逃さずに認めて褒めてくださいね。
バランスの取れた完璧な人はいません。つい、相手のことばかり気になってしまいますが、じつは自分自身も同じで、外面の良さは多少あるはずです。
人は、自分が満たされていないと人に対して優しくなれません。
心にゆとりがない状態では受け入れるのが難しいのです。

まずは、ねぎらって淡々と明るく接してほしいと思います。そのうえで、Mさんの思いを伝えましょう。
ご主人に気づきがあり、聞く耳を持つようになれたら、そして夫婦で共有できたとき、きっとMさんが望むご主人に変化していますよ。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫の家事にイライラ… もっとちゃんとやってほしい!どうやって伝えたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #40】

夫婦問題に関する相談で多いのが「家事問題」です。買い物、料理、掃除に洗濯…、家事をこなしていかなければ、たちまち家の中はゴミ屋敷になってしまいますよね。皆さんのお宅はいかがですか。今回は、夫の家事育児に不満を抱いている妻からの相談にお答えします。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

セックスを再開したいのに夫からの誘いはなし。自分からはどう誘えばいいか分からない。そんなお悩みをお持ちの妻たちも多いことでしょう。そこで多くの夫婦問題を解決してきた、夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんにセックスレス解消法を教えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
rbt.com.ua

http://rbt.com.ua