40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

「少しづつ生理周期がばらついてきた」「3週間しか経っていないのに生理がきて不安」など40代になると徐々に乱れ始めます。女性にとって、健康状態を把握する1つのバロメーターでもあった生理周期が更年期には乱れてきてしまうのです。ここではよくある閉経までの月経パターンについてや、更年期の月経不順と間違いやすい病気について紹介します。


月経に変化が来るのは何歳ごろから?

日本人は50歳前後で閉経を迎える人が多く、その前後約10年の期間およそ45~55歳を「更年期」と呼びます。この時期、カラダの中では卵巣機能の低下から、女性ホルモンが急低下します。すると、排卵のリズムが乱れ、月経不順や生理の量の変化が起こってくるのです。

私たちは、急に閉経するわけではありません。個人差が大きいのですが、生理周期の乱れは40代半ばから後半に始まること多いようです。
月経の周期や生理の期間が短くなったり、長くなったりというように、変化をしてから月経が停止します。無月経の状態が12ヵ月以上続いた場合が「閉経」のサインです。

正常な生理周期を見極めるポイント

月経がどういう状態であれば心配がないのか、まずは正常な生理について知っていきましょう。

・月経周期について
 正常範囲は、25日~38日。これは月経が始まった日を1日目と数えます。
・経血量について
 目安としては、一番多い日であっても2~3時間に1回程度のナプキン交換で済む程度です。
・月経の期間について
 3~7日です。短すぎる、長すぎるという場合はありませんか?
・月経痛について
 あったとしても軽度のものです。

ただし、健康な女性でも、35才を過ぎたころから、卵巣機能は低下してきます。性ホルモン分泌量が少なくなるので、20代のころとくらべて経血量が減って来るなどの変化をするのはごく自然なことです。

閉経までのよくあるパターン

閉経までの月経の変化は個人差が大きいのですが、ここではよくあるパターンをお届けします。
・30代後半〜40代前半
少しずつ女性ホルモンの分泌が低下していきます。月経周期が短くなったり、量が少なくなったりする人が多いようです。
・40代後半
更年期に入ります。月経不順になり量も不安定になります。だんだん月経回数が減ってきいきます。
・50歳前後
やがて月経回数が2~3ヵ月に1回に減ってきて、閉経(12ヶ月間月経がない状態)します。

40代前半の早期閉経は注意!

最近では、若くても、生理不順になり更年期のような症状を感じる方も増えています。3か月以上月経が起こらないことを「続発無月経」、43才未満で無月経となることを「早発閉経」といいます。

これらは、妊娠・出産ができなくなるだけでなく、将来の健康にも大きく影響してしまいます。骨粗しょう症や生活習慣病のリスクが増えたり、老化が早く進んでしまう心配がありますので、迷わず医療機関へ相談してください。

更年期の妊娠と間違いやすい病気について

40代でも50代でも生理がある限り妊娠の可能性はあります。「妊娠した場合に中絶を選択する割合」は40代の女性が非常に多く、もし妊娠を望まないのであれば、今まで通り避妊が必要です。

経血量が非常に多い「過多月経」は、子宮筋腫や子宮腺筋症などの子宮の病気が隠れている可能性もあります。不正出血は、実は子宮筋腫や子宮がんが原因だったということもありますし、稀に甲状腺の病気で無月経になることもあります。婦人科検診は1年に1度は行かれることがおすすめです。「更年期だから仕方がない」ではなく更年期だからこそカラダと向き合う機会にしていきたいですね。

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ピラティスや産後ケアの指導者として活動する中で、40代の受講者たちの声を受け更年期を迎える女性をサポートする「ちぇぶら」を設立。

関連する投稿


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


その頭痛、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #45】

その頭痛、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #45】

40代になって頭痛に悩まされるようになった、という方、それ更年期かもしれません。ズキンズキンとこめかみ辺りが痛んだり、頭全体がぎゅーっと締め付けられるように痛んだり…。昔から頭痛もちだった、という方も更年期の頭痛はまたちょっと違うよう。更年期頭痛に向き合う方法、対処法について更年期の専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


更年期あるある「動悸・息切れ」の予防や改善、対策方法 【更年期は人生が輝くチャンス #44】

更年期あるある「動悸・息切れ」の予防や改善、対策方法 【更年期は人生が輝くチャンス #44】

その動悸・息切れ更年期かもしれません!最近、階段を上るだけでも息切れがする…そんな症状にお悩みなら更年期を疑うべき?更年期の専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに動悸・息切れが更年期にどう関係があるのか、どうしたら改善するのか対処法も教えていただきました。


更年期は口臭&ドライマウスにも要注意!【更年期は人生が輝くチャンス #43】

更年期は口臭&ドライマウスにも要注意!【更年期は人生が輝くチャンス #43】

ドライマウスや口臭は更年期症状のひとつ。正しい対処をすれば改善します。更年期の専門家NPO法人ちぇぶらの永田京子さんに、ドライマウス&口臭の改善ストレッチ法を画像入りで分かりやすく教えてもらいます。何も使わず今すぐできるのでレッツトライ!


更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期症状で関節痛なることもあるってご存知ですか? 「手や手首がこわばる」「ひざが痛い」など、更年期には関節がこわばったり痛みに悩まされる方も多いのです。今回は、更年期によくある「関節痛」や間違いやすい病気、今すぐできる予防・改善などの対策ケア方法をお伝えします。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【5月27日(月)~6月2日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月27日(月)~6月2日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

昔、酒店の店先に立ちながら酒を飲むことを「角打ち」といい、北九州発祥といわれてます。現在でもこの形式で飲める酒店があり、東神奈川にある昭和9年創業の「三国屋酒店」もその1つ。現在も、店内で販売されている酒や手作り料理を座りながら楽しむことができます。アットホームな雰囲気で、女性客が気軽に飲むことができます。


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング