家族や友人に妊活について話すべき?【幸せな妊活のススメ#5】

家族や友人に妊活について話すべき?【幸せな妊活のススメ#5】

自分たちが妊活をしているという事実をどこまで誰に話すべきか。親や兄弟との関係性においても様々なはずですよね。また、友人にはどの範囲まで伝えるべきか、など、色々悩むと思います。今回はそんな妊活にまつわる人間関係について、助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきました。


ゴールは「幸せな人生」と考えて周りに包んでもらう生き方

11月にはいって、ぐっと気温がさがりましたね。体調など崩されていないでしょうか? 今回は妊活について周りに伝えるかどうか? というところをテーマとしています。この連載そのものが「妊娠をゴールとしない」という、全く新しい切り口かもしれませんが、根本的に大切なことは一つではないかと私は思います。

「あなたにとって幸せな人生」をゴールとして考えたときに、もし授かっても、授からなくても、この妊活ということに取り組んだこと。子どもを迎えたい気持ちと丁寧に向き合いパートナーと語り合った時間こそ大切であって、そこに結果がなかった、あった、というものではないという考え方をしていたら、応援団は多いほうがいいと思います。また、この考え方自体をしっかりと伝えてほしいと思います。ゴールは「子ども」ではないのです。

「幸せな人生を送る」という大テーマのなかで自分自身が主人公として生きていて、子どもとの人生が必要な人もいますし、そうでないケースもあります。自分を通して子どもを授かるのではなく、里親などいろいろなケースで子どもを授かることもあるということを広く考えて自分自身の人生を「自分の足」で歩んでほしいと思います。いつも「〇〇がないから、私はダメ」というのような欠けたものをうめるような考えではなく、そのままの自分をどれだけ大切にできて、その時に周りの人達との人間関係がより円滑なものであることはストレスがなく、心地よいものになっていきます。

悩みの多くが「人間関係」という今の時代に、周りの人たちがあなたを包むあたたかな毛布のようであることが一番心地よく日々を過ごせることにつながるのではないでしょうか?

「妊活してるなんて言えないし、どう思われるかわからない」なんて、思わなくて大丈夫ですよ。安心して丁寧に話せる人に思いを伝え、ぜひ「人生の応援団」として応援してもらえる周囲の人たちに歩み寄っていきましょう。

理解が得られない時は頑張らず力を抜くこと

日本の社会全体がジェンダー指数からいって、まだまだ男尊女卑な考え方があります。女性が地図が読めない、とよく言われますが、これはジェンダー指数が低い社会に多くある傾向なんですって! 驚きですね。気づかないくらい無意識に「女性は結婚して子供を産み育てるコトが幸せ」なんだ」と思っている人がまだまだたくさんいるのが実情です。

ものすごい時代錯誤が起きているんですよね。そこに気づけない人に「今は多様な生き方がある」と何度いってもわからないかもしれません。無理やり人が思っていることを曲げるって、しんどいものです。だからね、理解がなかなか得られないときは無理せずに力を抜いてとにかく「笑顔」で日々を過ごしてください。もし、理解を得られないのが実の両親だとしたら、親が本当に求めているのは「あなたの幸せ」のはずです。なので、あなたが毎日笑顔で笑っていて、「心地よいんだよ」ということを言葉以上に態度や様子などで伝えていけばいいんです。

同居していないケースも多くあると思いますが、不思議なもので思いや祈りって伝わります。祈りの力に関しては科学的なデータがあるくらいなんです! なので、遠方に暮らしていればなおさら、毎日を心地よく過ごしているだけできっと何か変わってくることがあります。焦らなくて大丈夫です。人はすべて理解し合えるわけではないですし、そもそも誰のものでもない「自分の人生」だということを忘れないように。

周りが嫌になる自分が大嫌いになった時

たとえばよく聞くお話しですが、「妊活中に妊婦さんを見ると嫌になる」「うらやましくて、妬ましい自分がいてそんな自分が大嫌い!」と自分との仲も悪くなると周りとだって仲良くできなくなってしまいます。自分の内側の怒りをうっかりパートナーにぶつけちゃったりすることもありますよね(笑)

そういう時は、その「うらやましい、妬ましい」という気持ちをしっかりと感じきって、そういう気持ちなんだな。と受け止めることをお勧めします。日記に書くのでもいいですし、一度自分の感情と向き合うことが必要です。そこで無理して「そんなことを思っていては授からない」とか、自分で自分を責めることがもっともストレスになったりします。

なぜそう思ったかを考えて、「焦る気持ち」だったり、「不安」や「欠けた自分を受け入れられない」ということを受け止めていくと、不思議とネガティブな気持ちに寄り添えるようになっていきます。ぜひ自分自身と仲良くなって、人生を永遠にともにする自分を大切にして自分に優しくして下さいね。

そうすることで、周りとの関係も徐々に変わっていきます。周りを変える前に一番最初に自分の気持ちを丁寧に扱って心地よいものしてから、周りとも楽しく輪になって自分の人生の「幸せな妊活」を彩ってくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連するキーワード


やまがたてるえ 妊活

関連する投稿


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

Bramanoliで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

自分の人生は自分のもの。誰のものでもないし、他の人に強要されるものでもありません。まして、「他の人が○○だから」という理由で何かを決定するのは間違っています。「自分の人生を信頼する」ということについて助産師でありバースセラピストのやまがたさんにお話しいただきました。


まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

夫婦問題カウンセリングのご相談の中で、多くを占めているのが「妊活」に関する悩みです。金銭面、体力面、精神面で負担が大きく、一人で抱えるにはとても重たい妊活問題。今回は、そんなケースに直面している妻からの相談です。


妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

同年代で妊活に励む仲間は時に励まし合い、悩みや愚痴が言えるかけがえのない存在でもあります。しかし、誰かが自分より先に妊娠という希望を叶えた時…どんな気持ちになるでしょうか? 逆に自分が妊娠した時には友人は…? 妊活仲間との距離の取り方やコミュニケーション法について教えていただきます。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング