セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

「セックスレス」と聞くと、どうしても「夫婦の間に溝がある」「夫婦仲が悪い」のようなイメージを持ってしまいがちですが、そもそもセックスが必要ない、という夫婦もいます。お互いが精神的に自立していて、セックスがなくても愛情を確かに確認できているなら、それは「良いセックスレス」ということになるのではないでしょうか。まずは自分たちの状態について考えてみましょう。


「セックスレス」=「悪いこと」?

夫や恋人との間にセックスがなくて悩む女性は大勢います。それは、単に性欲だけの問題ではなく、

「セックスを求められない=愛情がない」
「セックスを求められない=女としての魅力がない」

など、自分の価値が男性の中で下がっているように感じることが、苦しくなる原因のひとつ。

確かに、「付き合っている頃は週に何度も抱き合っていた」「昔は彼のほうから求めてくれていた」ような過去があると、それがなくなった今の状態に不安を覚えるかもしれません。セックスは愛情を確認できる行為と思うからこそ、なくなってしまうと相手からもう好かれていないではないかと感じてしまうのですね。

ですが、セックスをしなくなったとしても、

・ほかの習慣は変わらない
・かけてくれる言葉や態度が変わらない
・安定した関係を築けている

と、コミュニケーションがしっかり取れているのなら、セックスレスについて大きく悩む必要はないと筆者は考えます。

今のふたりの状態は、「セックスがなくても愛のある関係を築けている証拠」でもあるのですね。それは「良いセックスレス」ともいえるのではないでしょうか。

では、「良いセックスレス」にはどんな特徴があるのか考えてみましょう。

セックスに依存しない愛情が「良いセックスレス」

たとえば、結婚前と変わらず自分や家族を大切にしてくれていて、夫自身もゆったりと過ごしている。「いつもありがとう」と笑顔で声をかけてくれて、それだけで自分の心があたたかくなる。

こんな状態でセックスレスである夫婦もいるかもしれません。

普通に仕事をして、家に帰れば笑いながらその日のことを報告しあい、次の予定を立て、週末は家族で過ごす。そこにセックスがないとしても、不満がなく幸せだと思う。

それは、夫婦の愛情をセックスで証明しようとしていないからです。

性のつながりは確かに深い情欲を呼び起こします。その愛情を共有することで心が満たされることもまた事実ですが、ふたりで分かち合えるのはセックスの喜びだけではありません。

毎日健康に日々を送れること。言葉を交わしてお互いの気持ちを知ること。家庭について話し合えること。外食したり旅行したり、楽しい時間を一緒に過ごせること。

そんなすべての機会が、夫婦の絆を強くしてくれます。ふたりが精神的に自立していて、お互いを尊重できるのが一番大切な愛情であると思います。それは時にはセックスより重要なことかもしれません。

「セックスレスだけど、夫への愛情に疑いはない。満たされている」。そんな状態が、「良いセックスレス」だと思うのです。

「良くないセックスレス」はコミュニケーション不足から生まれる

反対に、セックスがないことに強い不満を覚えるのは、ふたりのコミュニケーションが上手く取れていない証拠になります。

「いつも『疲れている』ばかりで相手にしてくれない」「夫から誘われてもその気にならない」など、ふたりの間にすれ違いがあると、そこから溝が生まれ、気持ちが離れていく原因のひとつにもなるのですね。

セックスレスによって感じているストレスを放置すると、浮気や不倫などに発展する可能性が高くなります。夫がダメならほかの男性でいいと浮気に走ったり、自分が相手にしないことで夫が不倫を始めたりと、そうなると夫婦や家族が崩壊してしまうことになるかもしれません。

これが「良くないセックスレス」です。

セックスレスに不満があること自体が悪いのではありません。愛する人と抱き合いたいと思うのは当然の欲求であって、恥ずかしいと思う必要もありません。

問題は、それを夫に伝えていないことです。妻の気持ちは言わないと知ることができません。ストレートに言うことに抵抗があるのなら、まずは夫の関心を性に向けること。プレッシャーなくセックスに向き合ってもらうには、日々の小さなスキンシップや会話を増やすことから始めてみてください。

「いつでも抱き合える」のが理想のセックス

「良いセックスレス」の夫婦には、ふたりの性について開放感があります。「しなくてはいけない」と感じるのではなく、「いつでも抱き合える」と思うからこそ悩みや苦しみがありません。なによりお互いが今の関係に満足して満たされているのです。

対して、「良くないセックスレス」は焦りや怒りがふたりを苦しめます。けれどスムーズに抱き合えないことのストレスは、ふたりで解決していくことでより幸せな愛情へと発展させることができるのです。

「うちはセックスレスだからダメな夫婦なのかな」「セックスがしたいけど、夫には言い出せない」など、夫婦の性にはいろいろな悩みが出てきます。それにはコミュニケーションを諦めないことが一番の解決法。まずは夫に心を開いて接することから始めてみましょう。

ふたりがしっかりと自立した心で向き合っているなら、セックスレスで愛情が失われることはありません。性にとらわれず、夫婦の幸せはふたりのあり方で決まることを忘れないでくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


【#FocusOn】夫がしてくれない? 立ててないのに勃つわけない 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー!<第二回>

【#FocusOn】夫がしてくれない? 立ててないのに勃つわけない 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー!<第二回>

【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情】が大好評連載中の夫婦仲相談所所長 三松まゆみ先生。特に先生のセックスレス解消記事は大人気で多くの方に読まれています。しかしいったいなぜ夫婦はセックスレスになってしまうのか…刺激的なインタビューの第二回目です。


まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

夫婦問題カウンセリングのご相談の中で、多くを占めているのが「妊活」に関する悩みです。金銭面、体力面、精神面で負担が大きく、一人で抱えるにはとても重たい妊活問題。今回は、そんなケースに直面している妻からの相談です。


『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

大手新聞の夕刊に“セックスレス”や“不倫”の文字が並ぶ…性に対してオープンになりつつある今でも少しの驚きをもって読み進める朝日新聞の「オトナの保健室」企画。記者の皆さんは朝日新聞という大手メディアのなかでどんな想いをもって、この企画に取り組んでいるのか伺いました。その後半です。


「家庭内別居」のメリット・デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #90】

「家庭内別居」のメリット・デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #90】

同じ家で暮らしてはいるけど、過ごす部屋は違うしご飯も一緒に食べない。寝室も別だし、もちろんセックスなんてしない。こんな家庭内別居を選ぶことは、夫婦にとってどんな意味があるのでしょうか。もしどちらかが不倫したら、慰謝料を請求することは可能なの? 家庭内別居のメリットやデメリットについて、ご紹介します。


朝日新聞 女子組「オトナの保健室」取材班に突撃インタビュー<前半>

朝日新聞 女子組「オトナの保健室」取材班に突撃インタビュー<前半>

朝日新聞夕刊に月に一回掲載になる「オトナの保健室」という企画をご存知でしょうか? 先日、企画をまとめた一冊の本が発売になりました。そこには2015年4月にスタートしたオトナの保健室に寄せられた読者の赤裸々な想いが詰まっていました。日本を代表する大手新聞の夕刊にこんなことを掲載していいんだ…という衝撃が走り、どうしても記者の方々にお話を伺いたくなり、インタビューを申し込みました。その前半です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

若いときはもりもり食べてもへっちゃらだったのに、この頃は食欲があまりなくなってきた。そんなことはありませんか? 更年期に、食欲が減ってしまったり、胸やけや胃腸の不調で悩む方も少なくありません。今回は、更年期によくある食欲不振や、胃腸の不調のケア方法についてお伝えします!


【#FocusOn】夫がしてくれない? 立ててないのに勃つわけない 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー!<第二回>

【#FocusOn】夫がしてくれない? 立ててないのに勃つわけない 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー!<第二回>

【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情】が大好評連載中の夫婦仲相談所所長 三松まゆみ先生。特に先生のセックスレス解消記事は大人気で多くの方に読まれています。しかしいったいなぜ夫婦はセックスレスになってしまうのか…刺激的なインタビューの第二回目です。


まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

夫婦問題カウンセリングのご相談の中で、多くを占めているのが「妊活」に関する悩みです。金銭面、体力面、精神面で負担が大きく、一人で抱えるにはとても重たい妊活問題。今回は、そんなケースに直面している妻からの相談です。


35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

30~34歳の独身女性を10人集めたら、5年後までにそのうち3人が結婚しているという統計があります。では、35~39歳の独身女性を10人集めたら、5年後にそのうち結婚しているのはどれぐらいいると思いますか? 正解は1人です! アラサー気分で婚活しているなら要注意。アラフォー婚活の心構えをお伝えします。


宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング