アンダーヘアはいる?いらない?アラフォーこそ考えたいこれからのデリケートゾーンケア【デリケートゾーンのケア方法#9】

アンダーヘアはいる?いらない?アラフォーこそ考えたいこれからのデリケートゾーンケア【デリケートゾーンのケア方法#9】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本ケアからスペシャルケアのマッサージ、そして膣トレなどについてお伝えしてきましたが、いよいよ今回で最終回。最後はアンダーヘアのケアについてお伝えします。


ご自分のデリケートゾーン、見たことはありますか?

これまでデリケートゾーンケアがなぜ大切か、そして具体的なケア方法をお伝えしてきましたが、すべてをふまえてまずやってみて頂きたいのがアンダーヘアの脱毛です。幼いころは毛がなくつるつる、皮膚もすべすべだった自分のデリケートゾーンが、今どうなっているのか。きちんとチェックするためには、まずはヘアを処理するのがベストな方法と言えるでしょう。

よく「アンダーヘアのどこまで脱毛すればよいでしょうか。」とご質問を頂くのですが、デリケートゾーンのケアのしやすさを考えると、少なくとも大陰唇のあたりのIライン、Oラインという肛門まわりの2か所を脱毛するのが良いと考えます。もちろんVIOすべてのヘアを一度無くしてみるのが、現状を把握するのには一番です。しかし自身のお好みや、パートナーが驚かないか、などの理由でVラインを残す方もいらっしゃるようですね。

アンダーヘアをケアすれば、今も将来も快適に

脱毛部位の次によくご質問頂くのが、「医療レーザーで永久脱毛すべきか、光脱毛でも良いか」「ワックスでの処理ではどうか」といったアンダーヘアの処理の仕方について。

個人的には「アンダーヘアが白髪にならないうちに、医療レーザーでの処理」がよいと考えています。40代を超えてくると髪の毛に白髪がでてきたりもしますが、実はアンダーヘアもいつかは白髪になります。白髪になるとレーザーは反応しないため、デリケートゾーンをきちんとケアしよう!という方はお早めに脱毛をスタートされると良いでしょう。今後もずっとアンダーヘアをなくすべきかすぐには判断できない、と思われる方は一度ワックスで無くしてみるのも手。古い角質も取り除かれて肌もすべすべになるというメリットがあります。

しかし私が医療用レーザーの方がより良いと考えているのは、40代から脱毛を開始し、しばらくしてまた60代や70代になった頃にアンダーヘアが生えてこないようにするため。「60代や70代になった時、なぜ毛があるといけないの?」と思った方もいるでしょう。これには、私が毎月のように施設で見てきた介護現場の状況が関係しています。

私は長年、植物療法士として、寝たきりで十分に体を動かすことのできない方々のための植物オイルを使った褥瘡(床ずれ)やむくみのケアを介護スタッフに指導してきました。そんな中で気になったのが、入居者の方々のデリケートゾーンの状態と、排泄のケアです。細くなった白髪のアンダーヘアに排泄物がくっついてしまい、これを1人1人丁寧に拭き取るのは至難の業。アンダーヘアに汚れが残れば、ムレやかゆみ、そしてニオイの原因にもなってしまいます。そして長年ケアしていなかった膣まわりは乾燥しやすく、皮膚がきれてしまうことも。今は人生100年と言われる時代。元気で何不自由なく生活ができる私たちも、いつかは「介護をする側」を経験し、そして「介護される側」になるのです。

だからこそ、デリケートゾーンのケアは見た目のためにするのではありません。膣まわりは長い人生を共にする自分の体の大切な一部。今回の連載を通じて少しでもご自身のデリケートゾーンと向き合い、ケアをはじめてくださったらとても嬉しく思います。

植物療法士 森田敦子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

日本における植物療法の第一人者。デリケートゾーンケアの重要性を説いて話題となった『潤うからだ』の著者。

関連する投稿


かずのすけの“しない美容” 足裏やデリケートゾーンは必死に洗うほど臭くなる

かずのすけの“しない美容” 足裏やデリケートゾーンは必死に洗うほど臭くなる

メイクVS最新科学!必要最小限で効率よくキレイになるには? 「しない美容」とはできるだけ手間を省いて必要最小限のスキンケアだけでお手入れしましょうという考え。『大人女子のための美肌図鑑』の著者で美容科学者・かずのすけさんの著書の一部をご紹介です!


「何度でもセックスしたい女」と「彼から誘われなくなってしまう女」の決定的な違いとは?

「何度でもセックスしたい女」と「彼から誘われなくなってしまう女」の決定的な違いとは?

彼の方から積極的にセックスに誘われていますか?どんなに容姿が美しくても、セックステクニックがあっても、それだけでは男性の心を繋ぎとめることはできません。実はセックスにおいて、男性が絶対に外せないと思っているポイントがあります。「何度でもセックスしたい女」と「彼から誘われなくなってしまう女」の決定的な違いとは?!


「粘液力」アップする食べ物でからだの中から“膣”ケア【デリケートゾーンのケア方法#8】

「粘液力」アップする食べ物でからだの中から“膣”ケア【デリケートゾーンのケア方法#8】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージ、そして膣トレについてお伝えしてきましたが、今回は粘液力をアップする食べ物についてご紹介します。


“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーンのケア方法#7】

“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーンのケア方法#7】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージについてお伝えしてきましたが、今回は大切な膣のトレーニング方法についてご紹介します。膣がゆるむと尿漏れするだけでなく、酷い場合は子宮が膣から出てきてしまうのです!ぜひ実践してくださいね。


顔より大事な、デリケートゾーン保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーンのケア方法#5】

顔より大事な、デリケートゾーン保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーンのケア方法#5】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。前回は「洗い方」をお伝えしましたが、今回はデリケートゾーンの基本ステップその2<洗い方>についてです。丁寧に洗った後は、しっかり保湿してハリ・ツヤのある膣を手に入れましょう!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【11月19日(月)~11月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【11月19日(月)~11月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【ユニクロ】ふわっふわで着心地最高♡ #ワイドリブモックネックセーター

【ユニクロ】ふわっふわで着心地最高♡ #ワイドリブモックネックセーター

柔らかくてあたたかみのある糸を使用してリブ編みを表現しているニットです。 首元は顔に当たらない程度の高さがあり、着心地は抜群♪ 肌触りも良いので、何度もコーディネートに取り入れたくなる商品です!


セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

「セックスレス」と聞くと、どうしても「夫婦の間に溝がある」「夫婦仲が悪い」のようなイメージを持ってしまいがちですが、そもそもセックスが必要ない、という夫婦もいます。お互いが精神的に自立していて、セックスがなくても愛情を確かに確認できているなら、それは「良いセックスレス」ということになるのではないでしょうか。まずは自分たちの状態について考えてみましょう。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


「結婚」と「性欲」は別腹 『オンナの天秤』で測るのは無理【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#22】

「結婚」と「性欲」は別腹 『オンナの天秤』で測るのは無理【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#22】

結婚しない=セックスしない、ではもちろんありませんが、それ以上に深い意味がありそうです!夫婦仲相談所所長の三松真由美先生に教えていただきましょう。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング