【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー最終回は夫婦のカタチも人それぞれで良い! というお話です。


夫婦のカタチは人それぞれ。夫婦にだって“べき”なんてない!

前回までの記事はこちらから

―工藤さんは夫婦のセックスレス問題についてどう思われますか?

工藤さん:私は結婚したことはないのですが、実は同棲していた彼とセックスレスが原因でお別れしたんです。その彼はエッチな話は大好きでそういう所では盛り上がるんですが、セックスはあんまりしなくてもいい、というタイプで。私は彼のことがすごく好きだったしあれこれ試してセックスをしようとするんですけどダメで…。ある時、彼から「一緒に住んで家族のようになってしまったからセックスできない」って言われちゃったんです。すごくショックでした。私にとってはセックスは大切な人とのすごく重要なコミュニケーションなので、泣く泣くお別れしました。

西野さん:妻に対してだけEDっていう男性いるものね。

工藤さん:そう。だから同じマンションの違う部屋に住むような別居婚だったらよかったのかな、とかいろいろ考えてしまいました。ふたりで子育てできるんだったらそれだっていいよなあとか。

―それは本当にそうですよね。夫婦はこうあるべき、という思い込みがやっぱりありますよね。

西野さん:そうなんです。それぞれの夫婦のカタチがあっていいと思うんです。だからセックスせずに幸せな夫婦ならそれでOK。家事全般を男性がやったっていいんだし、専業主夫だっていいんだし、別居婚だって週末婚だって事実婚だってそれぞれ幸せだったらそれでいいですよね。

工藤さん:本当にそう。自分で勝手に枠をつくって決めてしまわないことはすごく大切だと思います。“絶対こうしなければならない”なんてことはなくて、お互いが分かり合えて満足していれば周りは関係ないですよね。好き合って結婚したふたりが世間の○○すべきに囚われて不幸になるなんて本当に悲しい…。

―わかります。ですが、そういった考え方が浸透するにはまだまだ時間がかかりそうですね。Bramanoliはアラフォー女性向けのメディアなので、性に関していうと子どもへの性教育問題があります。セックスやセルフプレジャーについてどう子どもに教えたらいいか悩まれている方が多いのですが、ご自身のセルフプレジャーをご両親に否定された工藤さんはあの時、どうしてもらったら良かったな、と思いますか?

工藤さん:そうですね…まず否定はしてほしくなかったです。それはみんながしている普通の行為だけど、先ほど西野が言ったようにトイレ同様に人前ですることではなく、プライベートな空間で清潔な手ですることなんだと教えてあげることが大切だと思います。

西野さん:そうだよね。それにセルフプレジャーをしているのを見つけたら「性教育をするチャンス!」だと思ったらいいのかな、と思います。自分のカラダに興味をもった今だからこそ、性について聞く耳がもてるかもしれないですしね。ちょっと年齢がいっているような子だったら、そっとポップな性教育の本を机の上に置いてあげるとか…(笑)あと、自分のカラダは許可なく人に触らせていいものではない、ということもしっかり教えるべきですね。痴漢などは絶対に許してはいけないものですから。

―本当にそうですね。日本ではまだまだ痴漢や強姦などでも「やられる方が悪い」という風潮がありますね。

西野さん:TENGAでは性教育を行ったり性に関する悩みを解消するために「TENGAヘルスケア」を2016年11月22日の「いい夫婦の日」に立ち上げました。性に関して謝った情報を持ったまま大人になっている人が大勢います。なので、正しい情報をきちんと伝えていくことが大切だと思っています。大人の性教育のために月に1度、3回に渡って泌尿器科の先生などにも出演していただいて生配信の番組も行っています。

―大人でも自分のカラダや性について知らないことがすごく多いですよね。Bramanoliの大人の性教育の連載もとても人気があります。最後に今後TENGAさんではどんな展開を考えていらっしゃいますか?

工藤さん:まず、商品がごくごく普通に百貨店で取り扱ってくれるようになって欲しいと思っています。今年の8月22日に大丸梅田店でirohaのポップアップショップが日本の百貨店では初めてオープンしました。そして、11月22日あたりには「夫婦愛」をテーマに企画展が大丸梅田店で行われるのですが、そこでもirohaの商品を扱ってくださいます。本当に嬉しいです。

西野さん:梅田店の店頭に立たせていただいたのですが、60代のご夫婦もいらっしゃって、おふたりで嬉しそうにアイテムを選んで購入されているのがすごくいいなあと思いました。私もあんな夫婦でいたいなあって。それから障がいをお持ちの方もいらっしゃってすごく楽しそうに色々アイテムについて質問されたのも印象的でした。TENGAヘルスケアでは障がい者の性問題についても取り組んでいこうと思っています。

―介護の現場での高齢者の性については社会問題になりつつありますね。年齢を重ねたら性的欲求がなくなるわけではないですよね。

工藤さん:そうです。それに自分に置き換えて考えたら歳をとって性的欲求がなくなるなんて嫌だ! って思います。高齢者で性に問題があって自信を無くしてしまっている人もいらっしゃるんですよね。そういう方たちがこういったアイテムをつかって楽しむことで自信を取り戻して活き活き生きることができたらすごくいいなあと思います。

西野:性欲をきちんとコントロールできて楽しめることは自信に繋がりますよね。「まだまだ現役!」って。「○○歳になったからこんなことをしてはいけない」「恥ずかしい」などと思わずに自分に正直になって欲しいです。

工藤さん:本当に。自分の欲求に蓋をして見ないことにするのは心の自傷行為だと思います。自分で自分を苦しめなくていいですよね…。ただ、こういう話は本当に温度感も違うし、今までセルフプレジャーアイテムを使ったりセックスの話をしていない方がいきなりできるわけではないです。それが当然だと思います。なので、参考文献として頭の片隅にでも置いといていただいて、何かあった時にお役に立てればいいなあと思います。

―美しく聡明な工藤さんと西野さん。現在は20代のおふたりですが、これから先も年齢を重ねるにつれてまた色々な思いや違った角度からセルフプレジャーアイテムや性について語ってくださるのだと思います。アラフォー女性はまだまだ現役! 今回のインタビューがご自身の性について今一度考えるきっかけになれば良いなと思います。

文/和氣恵子

左/西野芙美さん、右/工藤まおりさん

【プロフィール】
工藤まおりさん

東京都出身。津田塾大学数学科を卒業後、リクルートグループを経て2015年に株式会社TENGAに入社。現在入社3年目で、TENGAと、女性向けセルフプレジャー・アイテムブランドirohaのPRやプロモーションを担当。

西野芙美さん
1989年生まれ。早稲田大学文化構想学部で史学、文学、哲学等を学び、卒業後は人材紹介会社、出版社での勤務を経て株式会社TENGAに入社。2017年12月より広報宣伝部広報チームマネージャー。TENGAブランドのほか、医療・福祉・教育分野の専門家と連携して性の問題解決を目指すグループ会社「TENGAヘルスケア」の広報を担当。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

Bramanoli編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


【#FocusOn】婚活アプリも毛嫌いしないで使いこなすべし 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】婚活アプリも毛嫌いしないで使いこなすべし 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<最終回>

愛ある厳しさで大人気の恋愛婚活コンサルタント菊乃さん。インタビュー最終回は最近では当たり前になってきた婚活アプリについて。アプリを使った婚活の注意点などについてお伺いしました。


【#FocusOn】アラフォー婚活はここに気をつけるべし! 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】アラフォー婚活はここに気をつけるべし! 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第二回>

恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でも、愛あるスパルタ指導が大人気です。今回は菊乃さんの元を訪れる迷える婚活女性たちについてお話を伺いました。第二回目です。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

おみせ支援マスターとして数々のお店を盛り上げているベテラン支援マスターの三浦桜子さん。そんな三浦さんが最近活動しているエリアはおしゃれなカフェやカジュアル居酒屋が駅前に立ち並ぶ “赤羽”。今回は三浦さんと、三浦さんの紹介でサービスを導入された「大衆ビストロ Lit」の店主 高野翔さんのお二人にお話を聞きました。


彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

会ってもセックスだけなんて寂しい…彼の気持ちがわからない、遊ばれてるだけ?アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング