浮気予備軍になっている夫の特徴【幸せ夫婦コミュニケーション術 #85】

浮気予備軍になっている夫の特徴【幸せ夫婦コミュニケーション術 #85】

「うちの夫なんて、イケメンでもないしお金もないし、浮気なんて無理!」と決めつけていませんか? イケメンじゃなくてもお小遣いが少なくても、好かれる可能性がないなんて誰にもわかりません。油断していれば、夫の心は別の女性になびいてしまうこともあります。さて、“浮気予備軍”になっている夫にはどんな特徴があるのでしょうか?ご紹介します。


「浮気なんてどうせ無理でしょ!」の油断が夫の愛情を失わせる

実際に筆者の周りで起こったことですが、「うちの夫が浮気? ないない」と高笑いしていた妻の夫が独身女性と浮気していた、なんて例もあるのが結婚生活。この女性の場合は、普段から夫に対して愛情表現をすることがなく、「別に大事にする必要もないでしょ」と高をくくっていたことが、夫の愛情を別の女性に向かわせる原因になりました。

逆に、自分ではしっかりコミュニケーションが取れているつもりでも、夫にとっては嬉しいものでなかったり重荷に感じていたりする窮屈な愛情も浮気に走る原因になることがあります。「こんなに愛しているんだから、浮気なんてしないだろう」と思うのは妻の事情。夫にはまた別の気持ちがあります。

「うちの夫に限って、浮気なんて無理」という油断は、夫のささいな態度の変化を見逃すことに繋がります。もっと早く気がついていれば、深みにはまる前に引き返せていたのに…、なんて事態は本当に悲しいですよね。

“浮気予備軍”になっている夫の特徴は、「秘密が増える」ことにあります。いつもと違う態度や様子が見えたら、「何か隠している?」と一度は疑ってみるのが本格的な浮気を防ぐことになり、また夫婦のコミュニケーションが増えるきっかけにもなります。

では「こんな態度が見えたら浮気予備軍」には、どんなものがあるのでしょうか。

【浮気予備軍の特徴 ①】急に残業や休日出勤が増える

たとえば、以前から夫がどんな業務に携わっているか知っていて、仕事の流れで残業する日が増えたり休日出勤が出てきたりする。こういうときは本当に仕事だなとわかるので、特に心配することはありません。

ですが、仕事の内容に特に変化があった話もないのに、急に「今日も遅くなる」と一方的な連絡が増えたり、休みの日も「仕事だから」と出かけていくことが多くなったりと「本当に会社にいるの?」と疑うような時間が増えたら、仕事以外の用事で家を空けている可能性を考えてみましょう。

わかりやすいのは給与明細で、残業代や休日出勤の手当がついていないのに「仕事だ」と言い張るようなときは要注意です。そのうち給与明細も渡さなくなったら浮気を疑ってみるべきです。

こんな辻褄の合わない過ごし方を防ぐには、普段から夫の仕事について話を聞いておくことです。詳しい業務の内容まで話したがらない夫もいるかもしれませんが、急な変化を仕事でごまかされないためにも、ある程度夫がどんなことをしているかは知っておくほうが良いですね。

【浮気予備軍の特徴 ②】所持金が少なくなっている

お小遣いについて、「今月は飲み会が重なっちゃったから、少し融通してくれない?」と頼まれるときもありますよね。ですが、それって本当に飲み会で使ったお金なのでしょうか?

歓送迎会や忘年会など、嘘がつけない飲み会もありますが、気をつけたいのは「上司につかまっちゃって」「後輩の悩みを聞くために」など、普段とは違う時間を持ち出したとき。「会社絡みなら」と許してもらえることを夫は期待していますが、その裏で別の女性と食事していたりプレゼントを買っていたりするかもしれません。

使い方が不明なお金については、なるべく普段から確認しましょう。「後輩に居酒屋でおごっちゃって」と言われたら「次から必ずレシートをもらってきてね」と伝え、嫌がられたら「家計簿につけないと」「いくら渡せばいいか把握したい」など、家計の管理に必要であることを言えば文句はつけられません。

また、「何ていうお店?」などさり気なく細かい部分を尋ねてみると、飲み会が嘘である場合は「覚えていない」のような返事が増え、夫に焦りを感じさせることができます。

【浮気予備軍の特徴 ③】突然“新しい趣味”を始める

ダイエットなんてバカにしていたのに、突然「健康のためにジムに通う」「ランニングを始める」などと言い出して、家を空けることが増えた。こんなときも、違う目的に時間を使っている可能性があります。

本当は通っていないけど、ポーズをつけるためにジムに入会している場合などは、何をしているか確認ができませんよね。嘘を見破るコツは、ジムなら「私も通おうかな」、ランニングなら「私も一緒にするわ」、と同行を申し出ることで「自分(妻)が一緒でも大丈夫かどうか」を見ることです。

別の女性と会うための嘘なら、妻が関わってくることを拒否します。「絶対にダメ」などかたくなに嫌がる場合は浮気を疑ってみる必要があり、そんなときは「どこのジム?」「どこを走るの?」など具体的な場所を確認しておきましょう。夫が出かけた後で自分もその場に行ってみると、嘘かどうかがわかります。

「趣味と言えば妻にも邪魔されずに浮気できるだろう」という気の緩みを許さないためには、普段から夫の興味や関心ごとに目を向け、突然の方向転換には自分も関わりたい意思を見せることで、「愛されているんだな」と実感させることが近道です。

浮気を防ぐならやはり普段の愛情表現が大切

夫が浮気に走ってしまうのは、妻から愛されていないと感じる寂しさや、逆に干渉されすぎて窮屈など、普段のふたりの関係性に問題があるとき。

根本から浮気を防ごうと思うなら、夫が居心地がよいと思う妻でいること、愛することにためらいを覚えない妻でいることが肝心です。

「好き」や「愛してる」と口にすることも大事ですが、夫の好物を作ったり休日は夫婦水入らずでデートする時間を作ったりと、愛情を伝える方法はたくさんあります。

「妻以外の女性はいらない」と思わせることが、何より夫が浮気予備軍になることを防ぐもの、と心得たいですね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

「セックスレス」と聞くと、どうしても「夫婦の間に溝がある」「夫婦仲が悪い」のようなイメージを持ってしまいがちですが、そもそもセックスが必要ない、という夫婦もいます。お互いが精神的に自立していて、セックスがなくても愛情を確かに確認できているなら、それは「良いセックスレス」ということになるのではないでしょうか。まずは自分たちの状態について考えてみましょう。


「結婚」と「性欲」は別腹 『オンナの天秤』で測るのは無理【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#22】

「結婚」と「性欲」は別腹 『オンナの天秤』で測るのは無理【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#22】

結婚しない=セックスしない、ではもちろんありませんが、それ以上に深い意味がありそうです!夫婦仲相談所所長の三松真由美先生に教えていただきましょう。


なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

何事も表裏一体。見方によって、よくなったり悪くなったりします。結婚生活でもそんな思考の連続ではないでしょうか。今回は「夫にもっとしっかりしてほしい」。そんな悩みをもつ妻からの相談です。


今の夫で本当に良かった? 結婚生活に疑問を持った時【幸せ夫婦コミュニケーション術 #87】

今の夫で本当に良かった? 結婚生活に疑問を持った時【幸せ夫婦コミュニケーション術 #87】

結婚を決めたときは、「一生この人を支えよう」と思っていた。でも長い年月が過ぎて周りを見ると、いろいろな女性が人生を楽しんでいる。「もしかして、私もああなれたかも……」なんて思い始めると、今の結婚に「これで良かったの?」と思う瞬間があるかもしれませんね。結婚生活に疑問を持ったときはどう向き合えば良いか、お話します。


実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】

実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】

そんなつもりはなかったのに、ふいに訪れた出会いに心が揺れてしまう。夫以外の男性に関心を向ける瞬間も、長い結婚生活ではあるかもしれません。でも、本当に不倫に走ってしまうのはまた別の話。多くの妻が安易に流されずに踏みとどまっています。実際に不倫に走りそうになった瞬間にはどんなものがあるか、エピソードをご紹介します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(13)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(13)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子。ミステリーだった過去からの手紙の理由が明らかになって安心する今日子だった。


宮本真知のタロット占い【11月19日(月)~11月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【11月19日(月)~11月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【ユニクロ】ふわっふわで着心地最高♡ #ワイドリブモックネックセーター

【ユニクロ】ふわっふわで着心地最高♡ #ワイドリブモックネックセーター

柔らかくてあたたかみのある糸を使用してリブ編みを表現しているニットです。 首元は顔に当たらない程度の高さがあり、着心地は抜群♪ 肌触りも良いので、何度もコーディネートに取り入れたくなる商品です!


セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

「セックスレス」と聞くと、どうしても「夫婦の間に溝がある」「夫婦仲が悪い」のようなイメージを持ってしまいがちですが、そもそもセックスが必要ない、という夫婦もいます。お互いが精神的に自立していて、セックスがなくても愛情を確かに確認できているなら、それは「良いセックスレス」ということになるのではないでしょうか。まずは自分たちの状態について考えてみましょう。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング