自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を伝えることで、「相手はどうおもうだろう」「不快感を与えるかもしれない・・・」と相手に気を遣い意見がうまく言えないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。これは、「共感力」の高い女性脳が強く影響しているからです。今回は、上手に自分の意見を伝えるコツをご紹介します。


友人と違う意見をもっていても、うまく言えずにあわせてしまう自分が嫌です・・・

【お悩み】友人と話していて、「私とは意見が違うなぁ」と思うことがあるのですが、そんな時その思いを伝えられず、「うん、わかる~。そうだよね~」と同調してしまう自分がいます。違う意見を言うと嫌われるのではないか、相手が怒るのではないか、と色々と考えてしまうのです。相手と意見が違う時に、どうやって伝えたらいいでしょうか。(Iさん/40歳)

異なる意見を出すと嫌われる?!

どんなに気の許せる友人でも、自分と価値観や意見は異なります。家族でも一人ひとり考え方が違うように、友人となれば、育った環境や過去の経験が違うので相性がよくても異なる考え方があって当然です。しかし、違う意見を伝えることで、相手に嫌われたり、今の関係が崩れるならば、できればそれは避けたいですよね。ですがなぜ異なる意見をだすことで、相手に嫌われると感じるのでしょう。

もしかしたら、Iさんが自分の意見をうまく言いづらいのは、過去、このような体験をしたことがあるのではないでしょうか。

・自分が話している内容を最初からピシャリと否定する人がいた
・「私は○○だと思うけど」と強く主張する人にであい、言い返せなくなった
・反論されることで相手になんとなく苦手意識をもった

などです。

人は、自分と似ている人と一緒にいるほうが安心します。とくに女性は共感力が高く、友人と同じであることを美徳とする感覚があります。
実際に、子どもでも男女の違いがあらわれます。子どもの時は友達が新しいおもちゃを買ったとすると、男の子の場合は「もっとすごいおもちゃを持っている」といってみたり、親に、より他の友達に自慢できるおもちゃが欲しいとせがみます。しかし、女の子は友だちが持っているのと「同じおもちゃ」を欲しがります。大人になっても、男性同士だと自分の意見を熱く語り合ったり優劣をつける傾向にありますが、女性同士は共感することを好むのです。

ですので女性は異なった意見や「どちらが正しい」などの優劣をつけることを嫌います。女性同士でうまく関係を構築するには、共感することがとても重要だからです。ただし、すべてを同感するのではなく、相手を否定せずに共感しながらも、上手に自分の意見を伝えることはできます。

それではそのテクニックをお教えします。

あいづち上手になって、相手の意見を受け入れる

友人でも、仕事でも相手の意見をまず受け入れることが、よりよいコミュニケーションをとる基本です。
自分が興味のある話題や、考えがあると、つい「私はこう思う!」と途中で遮ってでも伝えたくなりますが、まずは相手の話を聞くことがとても大切です。

話をきくときは、多くの方が「あいづち」をうつと思います。相手の話に耳を傾け、うなづいてみたり、時には「うんうん」「そうだよね」「なるほど」と言葉をそえますよね。

「あいづち」とは話を聞く人が話す相手に関心をもち、理解していることを示すことです。ただ、意見を同意していると誤解しがちですが、同意とは違います。ですので、「わたしもそう思う」「わかる」という言葉は「あいづち」ではありませんのでさけてください。あなたの話を聞いているという態度を示すだけでいいのです。

上手なあいづちの仕方として、相手の言葉を「オウム返し」するのもおすすめです。たとえば、「週末に洋服を買ったんだけど」といわれたら「洋服をかったんだ」というだけです。相手の言葉をそのまま繰り返すだけで会話は成り立ちます。

このようにして、相手の話を一度受け入れた後に、自分の意見を伝えると伝えやすくなります。人は話を聞いてもらうと、なにかお返しをしたくなり、今度は相手の話を聞こうという心理が働くのです。最初から否定したり、話を聞かないことが一番相手が嫌がることですので気をつけましょう。

「マイ・フレンド・ジョン」テクニックを使ってみよう!

それでも、相手に言いづらいこともありますよね。相手が主張する意見以外に、他の意見もあるということを伝えたいときには「マイ・フレンド・ジョン」のテクニックをおすすめします。

これは、文字通り「友達のジョンが言ってたんだけど」という意味で、第三者の言葉を借りて伝えることです。相手の警戒心をなくし、伝えたいことを伝えることができるテクニックです。たとえば、相手に伝えづらいことでも

「私の友人の○○さんが言っていたんだけど・・・らしいよ」
「ちょうど昨日、テレビで見たんだけど・・・と言っていたわ」という使い方です。

直接いうと、角が立つことを「マイ・フレンド・ジョン」の口を借りてしまえばいいのです。気をつけるポイントは、共通の友人は誤解をうむので避けましょう。また、最後に「だから、あなたの意見とは違う」などの否定をする必要はありません。あくまで、別の第三者はこんな意見もあるみたいよと伝えるだけです。そして、相手の反応をみながら、「こういう考え方もあるよね。私もそういわれて、わかる気がした!」など意見を伝えてみてはいかがでしょうか。

他の人も言っているという雰囲気から入ると、やんわりと伝えることができます。

否定をせずに会話を楽しむ

いろんな人と会話をするのは、自分の考え方に共感してもらったり、逆に異なる考え方を知ることができて面白いと思うからです。きちんと、相手の話を受け入れて否定しなければ簡単に関係は壊れません。

ナイーブな話題であれば、強く主張するのではなく、こんな考え方もあるよねとか、いろんな考え方があるねと少し客観的にまとめるとよいでしょう。ぜひ、怖がらず上手に自分の意見を伝えて会話を楽しんでくださいね。

ロジかわ会 代表 山本 なつみ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

働く女性のコミュニティ「ロジかわ会」を運営。20代~60代と幅広い層の女性が参加し、多くの働く女性から好評を得ている。

関連する投稿


セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

「セックスレス」と聞くと、どうしても「夫婦の間に溝がある」「夫婦仲が悪い」のようなイメージを持ってしまいがちですが、そもそもセックスが必要ない、という夫婦もいます。お互いが精神的に自立していて、セックスがなくても愛情を確かに確認できているなら、それは「良いセックスレス」ということになるのではないでしょうか。まずは自分たちの状態について考えてみましょう。


本気で人を好きになったことがありません【オトナの幸せ恋愛心理術 #14】

本気で人を好きになったことがありません【オトナの幸せ恋愛心理術 #14】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

自分が気にしていることを平気で人前で言われたり、ストレートに物事を言われると傷つきますよね。無神経だなと思う人と普段どのようにお付き合いしていけばいいのか、その接し方について3つご紹介します。


話がまとまらない人へ ロジカルな話し方・ロジカル思考トレーニング法【“ロジかわ”で世渡り上手に!#18】

話がまとまらない人へ ロジカルな話し方・ロジカル思考トレーニング法【“ロジかわ”で世渡り上手に!#18】

相手に自分の気持ちを伝えたいのに、うまく伝わらない・・・自分でも話が整理できていなかったり、相手の顔が怪訝そうだと、せっかくのコミュニケーションが嫌になりますよね。日々の会話を論理的に工夫をするだけで上手に話すことができます。ロジカルシンキングな「話し方」についてロジかわ流の解決法についてお話します。


私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

家事について文句を言われた、友達夫婦の前で馬鹿にされた、浮気された……など、夫に対して怒りの炎が燃え上がるときも長い夫婦生活のなかではあるでしょう。「復讐したい!」と頭に血が上りますが、やりすぎると修復不可能な傷を負う羽目にもなります。そこで、夫への怒りはどう対処すれば良いのか、お話します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


DHCダイエット遺伝子検査キット座談会 体験者の本音トーク!<前半>

DHCダイエット遺伝子検査キット座談会 体験者の本音トーク!<前半>

「遺伝子検査キットってそもそも何?」「なんだか怖いイメージ」「高そう…」など遺伝子検査キットに関する社会的認識はまだまだ低いのが現状です。そこで! DHCで働くダイエット遺伝子検査キットを体験したアラフォー女性たちにその使用感や活用方法などについて伺いました。日に日に痩せづらさを体感するのがアラフォー…そんな時にどうやらこのキットはとても有効のようなのです。座談会前半をお届けします。


DHCの遺伝子検査はアラフォーダイエットの強い味方!体験者座談会<後半>

DHCの遺伝子検査はアラフォーダイエットの強い味方!体験者座談会<後半>

遺伝子検査と聞いてどんなイメージを持つでしょうか? 知らないことが多いので、「なんだか怖そう」などと思っていませんか。実は遺伝子検査はすごく簡単お手軽で、アラフォー女性であればぜひ実施していただきたいものなんです。今回はDHC遺伝子検査キットに携わる4人女性に集まっていただいて、実際にダイエット遺伝子検査を行った感想などについてお話を伺いました。


内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

毎日のスキンケアだけでは潤いがおいつかないのがアラフォーの肌…なぜそうなってしまうのか、どうしたら内側から潤うのか、内側から潤うとどんな風にいいのか、などについてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

Bramanoliで【更年期は人生が輝くチャンス】を連載中のNPO法人ちぇぶら代表理事の永田京子さん。今回は永田さんに「なぜ更年期をサポートするNPOを立ち上げたのか」、「世界と日本の更年期に関する常識の違い」、などについてお話を伺いしました。インタビュー前半です。


仕事のミスで空回り…焦りや落ち込む気持ちの整え方【幸福度を高める ポジティブ心理学#12】

仕事のミスで空回り…焦りや落ち込む気持ちの整え方【幸福度を高める ポジティブ心理学#12】

昇進したり、転職したり、仕事で新しいことにチャレンジする時、ミスや遅延はつきものです。上手くいかないと焦ってしまって余計にまたミスをする、周囲からも白い目で見られる、落ち込む、またミスる…この連鎖を断ち切ってポジティブ思考になるにはどうしたらいいかお伝えします。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング