SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

幸せそうな友人家族のSNSなんかを見るたびに嫉妬心が止まらない。ついつい自分の家族と他人の家族を比べてしまう。見なければいいと頭では分かっているけれど…SNSを見るたび気持ちの浮き沈みに疲れてしまう。そんな体験ありませんか?人の幸せに嫉妬することなく、素直に喜べる人になるにはどうしたらいいのでしょうか。ポジティブ心理学の側面から教えていただきます。


SNSを止められないのは、タバコやパチンコが止められないのと同じ脳の仕組み

孤独を感じているときや心が疲れているとき、甘い物を口にするとホッとして少し孤独や疲れが和らぎます。何度かそれを経験すると、再び孤独や疲れを感じたときに「お菓子を食べたら気分が良くなるよ」と脳が指令を出します。私たちは脳が指令を出している事に気づかないで近くにあったお菓子に手を伸ばして口に入れるわけです。

ストレスが引き金になって報酬を求めるようになり、ストレス→お菓子→気分が良くなるという仕組みを脳が学習しているのです。これを脳の報酬系システムと呼びます。これはお菓子以外にも、食べ過ぎ、お酒、タバコ、パチンコなどが習慣になるきっかけにもなります。

実はSNSも、甘いお菓子と同じように脳の報酬系システムを働かせて脳に依存を引き起こしています。

例えば、気分がモヤモヤしているとき、SNSに写真を投稿したら「いいね!」をたくさんもらったとします。するといい気分になって、さっきモヤモヤしていたことをしばらく忘れます。そんな経験を何度か繰り返しているうちに、度々SNSを開いて「いいね!」の数やコメントの内容をみて安心しないと落ち着かない気分になってしまうのです。

気分を晴らそうとして、余計に落ち込むSNSの仕組み

実はこの「気分を良くするための脳の報酬系システム」は、結果的には気分の落ち込みにつながることが分かってきました。いつもリアルタイムの画像が出ているわけではなく、他人はいい場面を選んで見せてくるわけですから、それを自分の現状と見比べて、「いいなあ〜。それに比べて私は・・・」となってしまうのは自然な成り行きとも言えます。

ある研究ではSNSを使うほど落ち込みやすくなるという結果が確認されています。しかし一度、脳の報酬系システムにインプットされると、SNSを見ると落ち込んだ気分になることが分かっていても、見ずにはいられなくなります。お酒やタバコも、それほど気が晴れると感じていなくても気分がモヤモヤすると手を伸ばさずにはいられなくなるのと同じ状況です。

SNS疲れに陥りやすい3つの思考パターン

他人の投稿記事を見て落ち込むとき、あなたの頭の中では何らかの思考が生まれているはずです。その思考から落ち込みの感情が生まれます。

知らず知らずのうちに落ち込みやすい思考パターンを繰り返していませんか?よくある思考パターンを見てみましょう。

SNS疲れになる思考パターン(1):オールオアナッシング All or Nothing

これは白か黒かのどちらかに分けて考える思考パターンです。「勝者か、敗者か」「優秀か、無能か」という極端なとらえ方をするため、完全を求めて頑張りすぎ、少し不完全だとやる気をなくすこともあります。そうした極端なとらえ方をすると、友人の素敵な写真を見て、「私はあの人とは違う、みじめな人間だ。」という思考になりやすいのです。

SNS疲れになる思考パターン(2):過剰な一般化 Overgeneralization

1つの事実を取り上げて、「いつも〜だ」「すべて〜だ」と決めつける思考パターンです。例えば、ある日投稿した写真についた「いいね!」の数が普段より少なかったら「みんな私をよく思っていないんだ」と決めつけるようなことです。「みんな」「すべて」「結局」「いつも」と一般化させてしまうのです。

SNS疲れになる思考パターン(3):○○すべき思考 should statements

過剰に「〜は〜すべき」と考えるパターンです。みんなそれぞれ幾つもの役割を持って生きています。「大人の女性ならこうあるべき」「母親なら子供にこんな経験をさせるべき」のような基準を持っていると、それに当てはまっていない自分を責めたりしがちです。誰かが自分の基準から逸脱していると、批判する気持ちで投稿写真を眺めて嫌な感情を引きおこします。

自分の幸せにフォーカスしよう

SNS自体が悪いのではなく、それに依存する習慣と思考パターンに問題があります。まずは、それに気づくところから始めましょう。1日何時間SNSを見ているかiphoneならスクリーン占拠率をチェックできます。そして、どんな時にスマホに手が伸びるのかにも注意してみましょう。スマホをチェックしたい衝動に駆られた時、「どうしても見たい?」「今見る必要がある?」「見ないとどんな気分?」「見たらどんな気持ちになると思う?」など自分の衝動をじっくり観察してみるのもオススメです。できれば、SNSをじっくりチェックしたり投稿する時間は朝や夜、10分ずつなど時間を決めておきましょう。

そして、最後にお伝えしたいのは、誰かと比較するのは悪いことではないということ。

誰かと比較して「いいなあ〜」と思う時は、あなたはどうなりたいのか、どうしたら幸せを感じるのか立ち止まって考えるいいチャンスです。

 ・あなた自身はどうなったら幸せを感じるのでしょうか?
 ・どんな時にワクワクして、やる気が出てきますか?

無意識に壁を作って私にはできないと思い込んでいるなら、障害はさておき目指すゴールを思い描いてワクワクを感じてみましょう。「私ならいつか必ずやれる!」という根拠のない自身を自己効力感といいます。

あなたはそのままの自分でも十分素晴らしい存在です。しかも、あなた次第でこれから人生を切り開いて行くこともできるんだという事を、忘れないで下さい。



株式会社マインドフルヘルス代表山下あきこ

あなたの脳は変えられる 「やめられない! 」の神経ループから抜け出す方法

「マインドフルネス脳科学」の世界的権威が明かす! 「悪癖だらけ脳」を科学的にリセットする方法 雑念・感情ループ、続かないダイエット・禁煙、SNS・スマホ中毒、 恋愛・お酒・快楽への依存……現代人の頭脳は何もしなくても「悪習の罠」にハマる。 プリンストン、イェールで先端脳科学や依存症メカニズムを研究し、 「マインドフルネスの脳科学」の“総本山"で研究責任者を務めた著者が、 初の著書で語る「やめられない! 」の神経ループから抜け出す方法! 26万部突破のベストセラー『最高の休息法』シリーズ著者で 同じイェール大で学んだ久賀谷亮氏による「解説」付き!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

医学博士、脳神経内科・内科医師。2016年に健康習慣を身につけるサービスを提供したいと考え、株式会社マインドフルヘルスを設立。

関連する投稿


つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

小さい頃から学校や親から植え付けられた“○○すべき”という呪縛。そんなの関係ない、自分は自分、と思うけれどやっぱり逃げられない。本当はそんな枠に縛られたくないのに、つい○○すべきと考えてしまい苦しい。そんな時はどうしたらいい?


他人のことが気になってしょうがない時は…【幸福度を高める ポジティブ心理学#15】

他人のことが気になってしょうがない時は…【幸福度を高める ポジティブ心理学#15】

他の人が気になってしょうがないってことはありませんか? 同僚やママ友がどんなことを考えているのか、どんな生活を送っているのか、知ったところで別にどうということはないけれどワイドショー的に気になっちゃう! けれどそれに疲れる自分もいる…どうしたら気にならなくなるのか、脳神経内科医の山下先生に教えていただきました。


小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

歩いていても電車に乗っていてもちょっと何かあるとイラッとしてしまう…アラフォー女性は忙しいしホルモンバランスも崩れてくる年齢なので、ついイライラしちゃうことありますよね。そんな自分に嫌気がさしてまたストレスを感じてしまったり…。そうならないようにイラッとしてしまう思考を変えるのはどうしたらいいか、脳神経内科医の山下あきこ先生に教えていただきました。


【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

前回は“男女はなぜすれ違ってしまうのか”ということについて医学博士の山下あきこ先生に教えていただきました。今回は“セックスレスは脳科学で解消されるのか”というお話です。インタビュー最終回です。


【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
масло aral 5w40

rbt.com.ua